ABABA’s ノート

旅と鉄道、岬と灯台、読書ときどき映画あるいは美術に関するブログです。

04 身辺雑記

ビワの実

(写真1 黄色に熟したビワの実) 隣家からお裾分け お隣からビワの実をいただいた。これも季節の果物。 実は、このビワの木は我が家との垣根越しにあって、庭に面した私の部屋から毎日眺めていた。 一月ほども前になろうか、青い実が成ってきて、隣家のこと…

遅い梅雨入り

(写真1 我が家の庭に咲いているアジサイの花) 季節の花そのままに 梅雨入りした。例年より3、4日遅いそうである。 少しずつ生活が平常に戻りつつある。とはいっても、まだ旅行はしていないし、電車に乗ること自体も、4月以降では先日が初めてだったし、…

第17回灯台フォーラム

(写真1 ウエブ会議システムで行われた灯台フォーラムの模様) 今年はウエブ会議システムで開催 例年、横浜で開催されてきた灯台フォーラムが、今年は昨日5月30日インターネットで参加者間を結びオンラインで開催された。 灯台フォーラムとは、灯台ファ…

バラ真っ盛り

(写真1 まるでバラ園のよう。数えてみるとざっと色とりどりに20数種類ものバラがあるようだ) まるでバラ園のような庭も 近所の公園にあるにバラ園は閉ざされたまま。垣根越しに眺めている。 しかし、近所を2時間も散策すると、数多くのバラを見つける…

テレビ電話とネット書店

(写真1 我が家のテレビ電話の様子=相手がスマートフォンだから画面がやや小さい) LINEとAmazon 折から続く外出自粛。車でわずか30分ほどの距離に住んでいるのだが、孫の顔も見られないとぼやくのはおばあちゃん。そこで活躍しているのは我が家ではテレ…

一輪挿し

(写真1 このバラはとても香りがいい。摘んだときにはまだつぼみ程度だったのに挿していたら1日で大きく花が開いた) 手軽な彩りに楽しさ せっかく満開になるまで育てたチューリップの花を全部摘み取ってしまったという悲しいニュースが報じられていたが、…

コロナ籠城陣中見舞い

(写真1 送られてきた本) 外出自粛貫徹 緊急事態宣言が発出され外出自粛で、〝コロナ籠城中の陣中見舞い〟にと友人から本がどっさりと送られてきた。 私の読書傾向を知っているから、すぐにでも手に取りたい本ばかりでこれはありがたい。 文庫本が23冊。…

ハナミズキが咲く

(写真1 咲き始めたハナミズキ) 季節がわかりにくい タケノコ(筍)が出てきた。大好物である。煮物にしていいし、タケノコご飯もいい。味噌汁の具にもいいし、焼いてもうまいらしい。 それにしても、筍は夏の季語。ちょっと早くはないか。もっとも、季語…

緊急事態宣言下の旅

(写真1 必須アイテム3冊=左から理科年表、時刻表、地図帳) カントの趣 緊急事態宣言が出され、外出にも強い自粛要請。旅行はおろか、映画館も、図書館も、本屋までもが休みとあって実際出かける先もないから家でゴロゴロしているが、これではいかにもつ…

春なのに

(写真1 見事に花のトンネルを作っているのに人影は少ない) 人影もまばら 不要不急の外出はするなとのお達し。もとより年寄りに要も急もないわけで、家の中でゴロゴロしている。旅に出たいと思いつつ家族から強い禁足令が出ていてままならない。今のところ…

長崎次郎書店

(写真1 電車通りに面した長崎次郎書店) 熊本のレトロな書店と喫茶室 長崎次郎書店は、熊本にある老舗書店。創業明治7年(1874年)とあり、熊本で最も古い本屋らしい。いくつか変遷はあったらしいが、140年を経て今に至るも続けられているというの…

早い春の訪れ

(写真1 春を告げるクロッカスの花) 桜も咲いた 暖かい日寒い日があっていかにも春らしい日々だが、一昨日14日には雪も降ったほどだが、やっぱり今年の春の訪れは早い。3月の半ばにして汗ばむ日があるほどだ。 花には詳しくはないが、花によって季節を…

無観客の春場所

(写真1 がらんとした館内=NHKのテレビ中継から引用) 大相撲の醍醐味に集中 大阪で開催されている大相撲春場所が、観客を入れない、いわゆる〝無観客〟で行われている。 春の選抜高校野球ですら中止に追い込まれるなど、新型コロナウイルス感染拡大に伴…

栗原小巻の「愛の讃歌―ピアフ」

(写真1 開催案内のパンフレットから引用) ピアフの半生を一人芝居 舞台はとても簡素である。右にベッド、中央にティーテーブルと2脚の椅子。左にマイクスタンド。そしてその左に隠れるようにピアノとドラム。 芝居は、ベッドに座って自らの人生を回想す…

南国の暖かさ宮崎

(写真1 宮崎駅からまっすぐに伸びる高千穂通り。突き当たりが宮崎駅) 人気のキャンプ地 飼い猫が亡くなって夫婦そろって旅行することができるようになった。それまでは二人そろって家を空けることは避けてきていた。 このたびは家内が宮崎へ行ってみたい…

今年も文旦

(写真1 大きな文旦の果実) 南国高知から春が届く 今年も文旦が届いた。文旦が届くと、我が家は本格的な春を迎えることとなる。 紹介してくれる人があって毎年高知の生産農家から直接送ってもらっている。 箱を開けると、かぐわしい香りがいっぱいに広がる…

世界らん展2020

(写真1 東京ドームいっぱいの世界らん展会場) 好事家の多い花 東京ドームで開催されていた世界らん展を見た。 東京ドームのグランド面いっぱいの展示で、200ほどもの出展があったようだ。 個別の出品があったり、ディスプレイの展示があったほか、展示…

小さな音楽会「はく・あ・ぽこ」

(写真1 音楽会 の様子) ソプラノ大津佐知子&ピアノ森知英 大津佐知子さんのソプラノと森知英さんのピアノによるコンサート。昨年に続いての開催で今年はこのたび恵比寿のサウンドゾーン・イーフラットで開催された。 お二人は高校時代の同期で、しかも1…

及川昭伍さんを偲ぶ

(写真1 ありし日の及川昭伍さん=山田武秋氏提供) 偉大な白堊人 及川昭伍さんが2月14日亡くなられた。89歳だった。 年末にお葉書を頂戴し盛岡に住居を移し療養生活を送ることとしましたとあって、新年になってからは寒中見舞いをいただいていて、治療…

チョコレート届く

(写真1 孫らから届いたチョコレート) 今年もバレンタインデー 今年もバレンタインデーにちなんだチョコレートが届いた。孫らが贈ってくれたものだが、いくつになってもこれはうれしいこと。 2月14日の聖ヴァレンタインズ・デイにチョコレートをプレゼン…

ポンチ軒浅草

(写真1 特ロースカツ) とんかつ友の会例会 先週、現役の連中と北千住でいっぱいやったばかりだが、今週はOB仲間でとんかつ友の会。今年初めての開催で、酒を全くたしなまない者もいて開催はいつでも昼食時。 今回は、小川町で評判のポンチ軒が浅草に出…

有明の月

(写真1 高いところにのぼった月=1月21日午前6時22分) 一月の二十六夜 早朝のウォーキング。毎朝6時に家を出るのだが誠に寒い。しかし、身は引き締まるから気持ちはいい。歩いているうちに温まってくるし。 歩いていると、6時10分過ぎ頃から東の…

今年も千住友の会

(写真1 千住友の会の面々) 良き仲間良き酒 千住友の会が今年も開催された。 千住友の会とは、北千住駅を通って通勤している者たちの会。もちろん会場は北千住。 北千住駅は、常磐線、地下鉄千代田線、地下鉄日比谷線、東武伊勢崎線、つくばエクスプレス線…

2020年の正月

(写真1 大勢の初詣客で賑わっていた浅草寺) 令和最初の正月 まずまず晴天に恵まれた今年の正月三が日。ことさらに断るほどのことでもないが、令和最初の正月ではある。 元旦には例年通り浅草寺に初詣。今年の浅草寺は、ことのほか賑わっていた。昼頃だっ…

44年ぶりの「築地明石町」

(写真1 鏑木清方「築地明石町」=会場で販売されていた絵はがきから引用) 近美の鏑木清方コレクション 東京国立近代美術館で開かれている所蔵作品展の一環として特別公開されていた。 美しい。日頃日本画を見る機会は少なくて、そもそも私の絵画鑑賞は美し…

八戸というところ

(写真1 八戸ブックセンターの店内) ユニークな八戸ブックセンター このたびの北東北の旅では八戸に泊まった。 八戸市は、青森市、弘前市と並んで青森県主要3市の一つで、太平洋に面し、名だたる漁港で知られるほか、工業都市でもある。県庁所在地である…

黄金﨑不老ふ死温泉

(写真1 不老ふ死温泉の名物海辺の露天風呂=2011年7月17日撮影=現在は撮影禁止になっている) 海辺の露天風呂が人気 このたびの五能線の旅では、途中下車し黄金﨑不老ふ死温泉に泊まった。 五能線を東能代から海沿いに北上していくと快速列車で約1…

及川昭伍作『マグカップ』

(写真1 及川昭伍作『マグカップ』) 端正で上品な作品 及川昭伍作の染付である。鳥獣戯画が絵付けされている。 及川さんは、経済企画庁総合計画局長から国民生活センター理事長などを歴任された。早くから陶芸にいそしんでいたようで、日本陶芸倶楽部正会…

12回目の白堊芸術祭

(写真1 会場の様子) 多彩な出品分野とイベント 12回目を迎えた白堊芸術祭(主催在京白堊会)が2日から7日まで6日間にわたり神田神保町の文房堂ギャラリーで開催された。 主催の在京白堊会は、高校時代の同窓会の在京組織。毎年師走のこの時期に開催…

金子三勇士ピアノコンサート

(写真1 開演前の会場の様子) 新しい時代をつくるクラシック 12月2日新宿文化センター大ホールで開催された。 金子三勇士(かねこみゆじ)は、人気の若手ピアニスト。群馬県高崎市生まれ30歳。父日本人、母ハンガリー人。バルトーク国際ピアノコンクー…