ABABA’s ノート

旅と鉄道、岬と灯台、読書ときどき映画あるいは美術に関するブログです。

02-01 旅は岬へ

熊野灘と遠州灘を分かつ大王埼灯台

(写真1 大王崎に建つ大王埼灯台) 志摩半島の灯台②大王埼灯台 安乗埼灯台からはいったん鵜方駅まで戻り、続いて御座港行きバスに乗り換えた。ここからは志摩スペイン村行きバスなども出ていてちょっとした拠点になっている。乗車約15分で大王埼灯台下車…

的矢湾の入口安乗埼灯台

(写真1 断崖絶壁に建つ安乗埼灯台の景観) 志摩半島の灯台①安乗埼灯台 本州最南端串本からは紀勢本線を乗り継ぎいったん松阪へ。翌7月23日は鳥羽を起点に志摩半島の二つの灯台を巡った。 志摩半島は、紀伊半島東側に付属する半島で、リアス式海岸なども…

紀伊大島に建つ樫野埼灯台

(写真1 太くずんぐりした樫野埼灯台。回廊に登る外階段が付いている) 紀伊半島岬と灯台巡り③樫野埼灯台 潮岬灯台からは樫野埼灯台に回った。潮岬(しおのみさき)は串本から地続きなっているが、樫野埼(かしのさき)は対岸の紀伊大島にあり、かつては、♪…

本州最南端潮岬と潮岬灯台

(写真1 潮岬観光タワーから見た潮岬と潮岬灯台) 紀伊半島岬と灯台巡り②潮岬と潮岬灯台 紀伊日の御埼灯台を訪ねた後は、紀州鉄道を乗りつぶしたりして、その日はそのまま御坊に泊まった。 翌7月22日、紀勢本線の1番列車で南下し串本へ。途中、紀伊田辺…

紀伊水道を照らす紀伊日ノ御埼灯台

(写真1 姿の美しい紀伊日の御埼灯台) 紀伊半島岬と灯台巡り①紀伊日ノ御埼灯台 先週は紀伊半島一周の旅を行った。紀伊半島は日本最大の半島。和歌山側から入り、南海本線やJR紀勢本線などと海沿いをひた走り、岬を巡り灯台を訪ねた。また、この間の小さ…

勝浦湾を抱く八幡岬

(写真1 勝浦灯台から望んだ八幡岬全景) 外房の岬と灯台を訪ねて③八幡岬 太東埼灯台から勝浦灯台と巡った帰途、八幡岬(はちまんみさき=千葉県勝浦市))を訪ねた。勝浦灯台から眺めた八幡岬が断然魅力的に見えたからで、岬好きとしては寄らないわけにはい…

外房の中心勝浦灯台

(写真1 八角形の灯塔が美しい勝浦灯台) 外房の岬と灯台を訪ねて②勝浦灯台 いっこうに雨もあがらず霧も晴れようとしない太東埼灯台を離れて次の目的地勝浦灯台へ。私は途中寄り道したから正確ではないが、勝浦へは太東埼から国道128号線を一直線に南下…

雨と霧の太東埼灯台

(写真1 日中なのに明かりを灯している太東埼灯台の頂部)外房の岬と灯台を訪ねて①太東埼灯台 週間予報を見ていると日曜日は晴れとあった。前日の朝になっても予報は、土曜日からの雨は明け方にはあがるとあったから決行を決めていた。然るに、当日の朝にな…

美しさ第1等の日立灯台

(写真1 古房地公園に建つ日立灯台)常磐の岬を訪ねて②常陸の灯台 磐城の塩屋埼灯台を訪ねた帰途は途中下車して常陸の日立灯台に寄った。磐城も常陸も旧国名だが、ひっくるめて常磐と遣う方が多いかもしれない。 いわきから上り列車に乗ると、ほどなくして…

4度目の塩屋埼灯台

(写真1 薄磯海岸から見た塩屋埼灯台)常磐の岬を訪ねて①磐城の灯台 気象情報を睨みながら梅雨の晴れ間を縫って常磐の岬巡りに出かけた。 6月14日。初めに磐城の灯台塩屋埼灯台へ。 常磐線の特急ひたち3号を終点いわきで下車。10時23分の到着。始発…

陸中黒埼灯台

(写真1 朝日に染まる陸中黒埼灯台の美しいシルエット)日本の灯台50選 陸中黒埼灯台を訪ねた。岩手県下閉伊郡普代村所在。陸中海岸の北東部に位置し、三陸復興国立公園に属し、太平洋に面する。 黒崎へは、宮古から三陸鉄道北リアス線で北上した。4月1…

丹後半島最北端経ヶ岬灯台

(写真1 展望台から遠望した経ヶ岬灯台)白堊の第1等大型灯台 このたびの丹後半島の旅では、丹後半島最北端の経ヶ岬を踏破した。京丹後市所在。旧町名なら丹後町である。もとより京都府すなわち近畿地方の北端に位置する。 経ヶ岬へは丹海バスに半島を海沿…

黒潮の表玄関 足摺岬

(写真1 展望台から見た足摺岬とその灯台)四国最南端の美しい灯台 足摺岬。何と詩的な響きであろうか。 1月12日、高知からは足摺岬を目指した。JR土讃線から土佐くろしお鉄道中村・宿毛線に直通する特急しまんと1号中村行き。高知8時20分発。 窪川…

強風の渥美半島突端伊良湖岬へ

(写真1 波打ち際に建つ伊良湖岬灯台)欠航で三河湾渡れず 豊橋鉄道渥美線で伊良湖岬を目指した。ただ、鉄道は長さ50キロある渥美半島の中間あたり三河田原駅が終点で、その先はバスとなった。ここでバスを待つ間昼食を取ろうとしたが、駅前に食堂もコン…

雄大な越前岬灯台

(写真1 越前岬灯台全景)大きなこぶが日本海に張り出した岬 立石岬からの帰途は、越前岬へ向かった。敦賀半島を南下していったん湾奥の敦賀港まで戻り、敦賀湾を回り込むように北上した。途中、敦賀半島が対岸に見えたが、立石岬灯台ははっきりとは視認で…

敦賀半島最北端の立石岬灯台

(写真1 敦賀半島最北端に建つ立石岬灯台)若狭湾西側に突き出た半島 このたびの北陸旅行では、まず初めに立石岬を訪ねた。 立石岬は、福井県敦賀市所在。大きくは若狭湾の西側に小さく突き出た敦賀半島にあり、その突端で立石岬灯台が敦賀湾を守っている。…

境線で行く地蔵崎と美保関灯台

(写真1 美保関灯台。手前の建物が現在はビュッフェになっているかつての吏員退息所)島根半島 岬と灯台巡り② 島根半島の西端にある出雲日御碕灯台を見学した翌日は半島東端に位置する地蔵崎の美保関灯台を訪ねた。 岬への起点は米子駅。山陰本線の主要駅で…

日本一背の高い出雲日御碕灯台

(写真1 すらりと日本一背の高い白亜の出雲日御碕灯台)島根半島 岬と灯台巡り① 先週は出雲に旅行した。島根半島の岬と灯台巡りが楽しみ。 島根半島とは、日本海に面し東西に長く横たわる半島で、南側は宍道湖であり中海である。東西に65キロ、南北はとこ…

東京湾の玄関観音崎灯台

(写真1 東京湾を照らす観音埼灯台)三浦半島 岬と灯台巡り② 剱埼灯台に続いて観音埼灯台を訪ねた。 京浜急行を三浦海岸駅から堀ノ内駅まで戻り、乗り換えて浦賀駅で降り立った。なお、品川方面から来て堀ノ内-浦賀間はわずかに3.2キロ、間に二駅があるだ…

浦賀水道の入口剱埼灯台

(写真1 三浦半島の東南端に立つ剱埼灯台)三浦半島 岬と灯台巡り 先日のこと、三浦半島の岬と灯台巡りを楽しんだ。何度も行っているしわざわざ出かけるほどの距離でもないが久しぶりではあった。 三浦半島は東を東京湾、西を相模湾に面し、東京から電車で…

龍飛崎 鋭く津軽海峡に突き出る

(写真1 龍飛崎の突端から津軽海峡を望む)演歌の似合う岬と灯台 このたびの津軽海峡旅行では、本州側では下北半島大間崎に続いて津軽半島龍飛崎を目指した。この間に、北海道側では函館湾をにらむ葛登支岬灯台を訪ねていたから、津軽海峡を挟んで本州、北…

本州最北端下北半島大間崎

(写真1 大間崎の沖合600メートルの小島弁天島に建つ大間埼灯台)本州-北海道最短距離 田名部にあるむつバスターミナルから下北交通バスで下北半島を北上していくと約1時間30分で目指す大間崎に到着した。9月3日。 バスを降りると、土産物屋などが…

葛登支岬灯台をついに踏破

(写真1 灯火を灯し始めたばかりの葛登支岬灯台)函館湾の入口を照らす 函館で大間からのフェリーを下りてちょっと強行軍だったがその足で葛登支岬へ向かった。函館のフェリーターミナルは幸い五稜郭駅が最寄り駅で、フェリーが遅れたこともあって函館駅ま…

霧多布岬は今日も霧

(写真1 今日も霧が立ちこめた霧多布岬)深い情感の岬 道東の岬めぐり。納沙布岬からは花咲岬を訪ねた。ところが、いくら探しても灯台が見当たらない。カーナビにも出てこない。かつて一度訪れたことがあったのだが、情けないことに道順を忘れてしまったら…

納沙布岬霧にむせぶ

(写真1 霧にむせぶような納沙布岬灯台)日本最東端の岬 岬好きにとって難敵は、雨でも風でもなく雪でもない。それは霧で、それも薄くかかる分には幻想的でさえあって風情があるのだが、深い霧になってしまうとすべてを閉ざしてしまってはなはだ困る。何日…

知床半島と羅臼

(写真1 峠を越えていったら羅臼の街が雲海に沈んでいた。遠く横たわる黒い島影が国後島であろうか)望郷の思いも雲海に沈む 念願の知床岬を探訪したあとは峠を越えて羅臼に泊まった。 知床岬航路が発着するウトロ港に向けて、岬の付け根にあたる斜里からオ…

知床岬へついに

(写真1 知床岬の突端。平坦な台地上になっており、後背の高台に灯台がのぞいている)海路訪ねる ついに知床岬をこの目で見た。船上から眺めただけだが圧倒的感動だった。岬好きとしてはどうしても訪ねたい岬なのである。 踏破したとはいかないところがやや…

銚子電鉄で行く犬吠埼灯台

(写真1 波浪が岩礁に砕け散る犬吠埼灯台。南側から見た風景)魅力満点第一等の灯台 犬吠埼-何と詩的な響きであろうか。 犬吠埼には銚子電鉄で向かった。6月5日。銚子駅から18分、犬吠駅下車。しゃれた駅舎。銚子電鉄の名物ぬれ煎餅のほのかな香りが漂…

旅情誘う足摺岬

(写真1 台風に直撃され激浪に洗われる足摺岬)岬と灯台のある風景 選 数多い日本の岬の中でも旅情の強い足摺岬。言葉の響きからしてロマンティックだ。 高知県南西部土佐清水市にあり、四国最南端に位置する。土佐くろしお鉄道中村駅からバスで約1時間4…

ペシ岬のカフェの窓辺

(写真1 ペシ岬のカフェの窓辺)岬と灯台のある風景 選 激しく旅情を感じさせるシーンというものがある。 ペシ岬のカフェの窓辺がそうで、どうしようもない寂寥感と、そして矛盾するようだが幸福感に包まれた。 ペシ岬とは、船で利尻島に入ってくると出迎え…