ABABA’s ノート

旅と鉄道、岬と灯台、読書ときどき映画あるいは美術に関するブログです。

原田マハ『常設展示室』

絵画と人生が交差する6つの物語

 『楽園のカンヴァス』『暗幕のゲルニカ』『デトロイト美術館の奇跡』の系譜につながる、著者得意の絵画をモチーフにした短編集。
 6編が収められており、ピカソ<盲人の食事>の「群青」、フェルメール<デルフトの眺望>の「デルフトの眺望」、ラファエロ<大公の聖母>の「マドンナ」、ゴッホ<ばら>の「薔薇色の人生」、マティス<豪奢>の「豪奢」など。
 どれも素晴らしい物語ばかりで、よくぞ一枚の絵からこうも豊穣な物語を紡げるものだと感心した。作家とは、誤解を恐れずに書けば、夢想の大家なのではないかと思ってしまう。もっとも、夢想は誰しも思い浮かべることができるが、それを物語にすることは作家にしかできないが。
 6編の中では特に「道」が印象深かった。
 美術評論家の貴田翠。子供の頃からパリやミラノで暮らし、オックスフォード大学院で博士号を取得、帰国して日本芸術大学教授となり、テレビや雑誌への露出も多く、時代の寵児となりつつあった。
 新人芸術家の登竜門とされる新表現芸術大賞の審査会では、翠が気に入った作品は100号ほどの水彩画で、どこにでもある田舎の風景だったが、エントリーナンバー29番のその作品には翠には既視感があり、幼い頃別れた兄の思い出につながっていた。
 翠は、無名のその29番の画家を探して訪ねていくと、そこには感動の結末が待っていた。この作者の物語はいつでもそうだが、涙を流さずには本を閉じられない。
(新潮文庫)

清水浩史『楽園図鑑』

日本の絶景無人島

 楽園は、島にこそあるのではないか。とりわけ日本にあまた存在する無人島は、楽園そのものではないか。
 こうして、著者は37の島に渡っている。そこはどういう島だったのか。果たして楽園だったのか。これらの島々は、人口0人はもとより、公共交通機関などのアクセスがないところばかり。しかも、大潮の干潮時にしか現れない砂浜などというものもある。この島々について、著者はご丁寧にも★5つに段階づけて楽園度を示している。
 一つ拾ってみよう。
 百合ヶ浜(鹿児島県大島郡与論町)楽園度:★★★★★、面積:-(約0.7㎢)、周囲:-(約5.0㎞)人口:0人、アクセス:あり(与論島の海岸から渡船が随時運航)=与論島東部大金久海岸の約1.6キロ沖に浮かぶ。春から夏にかけて中潮から大潮の干潮時だけ姿を現す真っ白な砂浜。
 紹介されている島々は楽園ばかりだから当然だろうが、行ってみたくなるし、真っ白い砂浜の写真など見ると思わずうなってしまう。写真はすべて著者自身というのも素晴らしい。
 また、文章も紀行文として魅力あるし、よほどの読書家と見えて文中に引用されている書物も深淵に思えてくる。
 著者は冒険家だし、ロマンティストであろう。これまでの著作『秘島図鑑』や『深夜航路』なども好んで読んできたが、旅に独創性があって、しかも実行力がある。旅好きとしてはうらやましくなるほどだ。
 ただ、楽園というからには、そこに住んでみないと〝楽園度〟は実感できないのではないかと思ったりもした。
(河出書房新社刊)

梅雨空の花

(写真1 梅雨時を代表する花アジサイ)

タイサンボクもタチアオイも

 梅雨の季節の花といえばアジサイ(紫陽花)。それこそ我が家の庭にも咲いているほどで至るところで見かける。様々な色があるが、ラピスラズリのようなブルーが好きだ。なお、色は土質の酸性度にもよるそうである。

(写真2 タイサンボクの花。高いところに咲くので見にくい)

 いつもの公園にタイサンボク(泰山木)が咲いていた。肉厚の白い花弁が特徴で、開けば菓子鉢のようだ。とても香りのいい花なのだが、タイサンボクの花は高木の上の方についているから嗅ぐことはなかなかできない。

(写真3 タチアオイの花がもう咲いていた)

 タチアオイ(立葵)の花も咲いていた。本来、真夏の花のはずだが、もう咲いていた。私は、このタチアオイとノウゼンカズラが咲けば真夏と思っているのだが、少しずつ季節の遷いが変わってきているのであろう。
 いつもの公園では、花壇にいっせいにサフィニアを咲かせていた。昨年までは別の花だったと記憶していて、サフィニハは初めてではないか。なお、サフィニアはペチュニアの園芸品種である。
 これから先は花が少なくなっていくから、梅雨空の花々は貴重な彩りだ。

(写真4 サフィニアの花)

銀座で坂本務展

(写真1 会場で作品を背景に坂本務さん)

パステル画の鮮やかさ

 銀座の新井画廊で開かれている。
 会場に入ると、明るい色彩が目に飛び込んできた。実に鮮やか。30点ほど展示されていたが、すべてアクリル画。キラキラと輝いている。
 坂本さんは、1950年生まれ。大学卒業後電機メーカーに就職したが、安定した生活をなげうって画家に転身したという。大胆な決断だったのでは?と話しを向けると「絵が好きだったので」とやさしく強く振り返ってくれた。
 当初からアクリル画に取り組んできたのだそうで、アクリルの色彩に魅せられたのかも知れない。
 色が鮮やかだから、そのことにばかりに目が向くが、じっくりと鑑賞すると、緻密さに感心する。配色もそうだし、枝葉の隅々に至るまできめ細かく描き込まれていることがわかる。

(写真2 「もう一度。夏」=開催案内の絵はがきから引用)

 好き嫌いだけで選ぶと、「もう一度。夏」という作品が良かった。真夏の一瞬を切り取ったような作品だが、大胆な構図にも惹かれる。

(写真3 「ノーゼンカズラ」=会場で撮影)

 また、「ノーゼンカズラ」も気に入った。私の好きな花ということもあるが、夏の青空に向かって強く咲く橙色の花が鮮やかだった。
 坂本さんにお話を伺うと、パステルは考えていた色を出すのが難しいのだそうで、ときには6回などというふうに何層にも塗り重ねていくのだという。とくに、パステルは30分ほどで乾いてしまうから、そのことも難しくしているのだとも。
 独立美術協会会友。日本美術家連盟会員。

金沢の国立工芸館

(写真1 金沢にある国立工芸館の美しい外観。左・旧陸軍第九師団司令部庁舎、右・旧陸軍金沢偕行社)

未来へつなぐ陶芸展

 このたびの金沢滞在中見学した。
 兼六園に隣接してあり、真弓坂口の脇から広坂をゆっくり登っていくと県立美術館の隣りだった。
 大変美しい建物が迎えてくれて、2棟並んでいて、左が旧陸軍第九師団司令部庁舎、右が旧陸軍金沢偕行社で、移築復元したものだとのこと。
 そもそも、国立工芸館は、北の丸公園にあった東京国立近代美術館の分館だった工芸館を1年半前に金沢に移転させたもの。近美分館だった当時も旧近衛師団司令部庁舎だったから、伝統を引き継ぐようなうまい建物があったものだ。国立の美術館としては北陸で初めてのもの。

(写真2 展示室の様子)

 この日は、企画展として、「未来へつなぐ陶芸-伝統工芸のチカラ」展が開催中だった。人間国宝など137名139点が展示され、近現代の陶芸の技と美が一堂に展開されていて圧巻だった。
 門外漢の私ですら聞いたことのある錚々たる顔ぶれが並んでいて、人間国宝では荒川豊蔵、石黒宗麿、富本憲吉、濱田庄司の作品が展示されていた。

(写真3 松井康成『練上嘨裂文大壺』)

 ずぶの素人が生意気だが好き嫌いだけで挙げれば、松井康成の『練上嘨裂文大壺』(1979)が素晴らしいように思われた。どのようにしてつくったものか見当もつかないが、とても精微なものだった。

(写真4 田島正仁『彩柚器』)

 もう一つ拾えば、田島正仁の『彩柚器』(2016)が造型が見事でグラデーションが素晴らしかった。

 地方へ行けば、その地の美術館へ寄るのを楽しみにしている。美術館にはそこでしか見られない作品があるのである。なお、県美は、この日は日展をやっていたが、これはすでに東京で見ていたからパスした。

梅雨入り直前の金沢

(写真1 土塀が建ち並ぶ長町武家屋敷)

戻った観光客

 先週は金沢へ旅行した。金沢は1年半ぶり。梅雨入り直前で天気予報では3日間とも雨のようだったが、晴れ男の面目躍如、降ったりやんだりながら、結局、滞在中には傘はささずに済んだ。
 金沢はとてもにぎわっていた。外国人観光客の姿は見られなかったが、若い女性や、特に修学旅行中の中学生が多かった。中学生は6人ほどのグループで行動しているようで、市内あちこち何度も出くわす学校もあった。
 金沢は何度も訪れていて、特に見たいところもないのだが、同行者が久しぶりというので、定番の観光スポットを一通り巡った。
 兼六園や金沢城公園は、さすがに美しいものだといって感嘆していたが、近江町市場やひがし茶屋街などにはあまり強い関心を持たなかったようだった。同行者が関心を示していた金沢21世紀美術館も事前予約が必要だとのことで、もともと常設のコレクションに見るべきものはプール一つぐらいしかないようなところだから作品は見ずじまいだった。
 それにしても、兼六園や金沢城址はともかく、市場や茶屋街が名所というのでは中学生にはいかがなものか。
 同行者はのんびりした旅が好みなので、とにかくゆっくりと巡った。いつもはまるで時刻表があるようにきちきちと歩く自分だから、このような旅もいいものだなと思った。とにかく、見物よりも、日常から非日常への脱出が旅の大きな目的だから、急ぐ必要はまったくないのだった。
 同行者が喜んだのは長町武家屋敷跡。かつての武家屋敷が建ち並んでいてとても風情がある。黄色い土塀に特徴があるが、これが冬なら、土塀を菰で囲っていて、これも独特の景観となっている。
 旅の楽しみは食事だが、このことでも満足は少なかった。寿司に人気があるのだが、やはり観光地なのか、値段の割にうまいものに当たらなかった。とにかく寿司が好きで全国で食べているが、観光客が出入りするような店では概して当たらない。東京の方がよっぽどうまい寿司を食べさせてくれる。
 歩いていて良さそうな店を見つけては入ったのはカフェ。その中で気に入ったのは一つ。橋場町にあり、佇まいはまるでビルの内外装をいじったような店で、内装は高い天井が剥き出しで、店内のイスやテーブルの配置も無造作なくらいゆったりしていてとても落ち着けた。コーヒーとチーズケーキをいただいたが、このチーズケーキは濃厚で感動したほどのうまさだった。

まるで川のような狭水道音戸の瀬戸

日本海峡紀行

(写真1 音戸の瀬戸。手前が音戸大橋で、奥が第二音戸大橋)

呉港と安芸灘を最短で結ぶ

 瀬戸とは、狭い水道のこと。つまり、瀬戸も水道も海峡である。
 音戸の瀬戸は、広島県呉市の本州側と対岸の倉橋島との間の水道。平清盛が開削したという言い伝えもあり古くから海上交通路として使われてきた。
 音戸の瀬戸は、長さ約650メートル、最狭幅は90メートルとまことに小さな水道だが、呉港から安芸灘へ抜ける最短の主航路であって、船舶交通量は1日あたり700隻ともいわれている。
 特に、呉に鎮守府のあった海軍は、かつてこの瀬戸を抜けクダコ水道、釣島海峡を通り伊予灘から豊後水道を経て外洋に出ていく航路を利用していたとされ、重要な位置づけをになっていた。

(写真2 いかにも呉らしく海自の潜水艦桟橋)

 音戸の瀬戸には、JR呉駅からバスが出ている。呉の町は現在も海自の拠点だから、沿道には海自の施設が多く、中には潜水艦の桟橋まであって、5隻もの潜水艦が係留されていた。潜水艦を間近に見るなどということは、滅多にない機会だったのでびっくりした。

(写真3 清盛塚。背景は音戸大橋)

 実は、呉駅前のバス停で一緒になったおばあさんに音戸の瀬戸へ向かう路線を尋ねたところ、路線名と同時に清盛塚で下りるとよいと教えられていて、その通りにまずは清盛塚に向かったのだった。塚は音戸の瀬戸をまたぐ音戸大橋を倉橋島側に渡ったたもとにあった。音戸の瀬戸を開削したという清盛を祀ったもので、塚の緑の松の木と、赤い橋桁と、碧い瀬戸の流れが一枚の絵のように見えて大変風光明媚なところだった。

(写真4 複雑な音戸の瀬戸の潮流)

 このあたりは、音戸の瀬戸の南の口に近いところで、瀬戸の幅が最も狭いところ。北に向けて音戸大橋と新音戸大橋二つの赤い橋が並列している。海面を見ると、複雑な潮流の様子がうかがえて、なるほど海の難所だったことがわかる。瀬戸は、潮の干満によって複雑に流れを変えるということである。幅はわずかに100メートル未満だが、潮流が速く泳いでわたることはできなかったそうである。
 ところで、瀬戸内海は東西に広がる内海だから、海峡も水道も東西に伸びるところが多いが、この音戸の瀬戸のように南北の水道というのも珍しくはないかと思っていた。

(写真5 音戸の瀬戸を抜ける船舶)

 貨物船だろうか、あるいは中型のタンカーかも知れないが、すぐ目の前を大きな船が高速で抜けていくと新鮮に思えた。

(写真6 音戸渡船の渡し場)

 帰途のバスで音戸渡船の渡し場だったところに寄った。2021年10月31日に残念ながら廃止されてしまったのだが、航路幅わずかに90メートル、渡航時間約2分は日本一短い海上定期航路といわれていた。

(写真7 音戸渡船待合所跡)

 本州側の待合所は残されていて、両岸の船着場もそのままあった。海峡は船で渡りたいものだが、今やそれも適わず大変残念なことだった。
 なお、音戸の瀬戸を第二大橋の方に目を向けると、瀬戸の幅はやや広くなっているようで、北の口のあたりでは約200メートルほどにもなっているようだ。その奥には製鉄所が見えた。(2022年5月26日)

(写真8 音戸の瀬戸北口付近。第二音戸大橋の向こうに見えるのは製鉄所か)