ABABA’s ノート

旅と鉄道、岬と灯台、読書ときどき映画あるいは美術に関するブログです。

<ミサ・ソレムニス>

f:id:shashosha70:20220114112019j:plain

(写真1 <ミサ・ソレムニス>のCDとベートーヴェンTHE COMPLETE WORKSのボックス)

ベートーヴェンの荘厳ミサ曲

 ベートーヴェンの荘厳ミサ曲である。ソレムニスとは荘厳の意。
 ベートーヴェンが作曲した全曲をワーナーのTHE COMPLETE WORKSで毎日聴いてきた。CD80枚のボックスセットになっていて全357曲。これを約100日かけて聴き通した結果、〝どれが良かったか?どれが印象に残ったか?〟という難問を大胆にも自分に問いかけてみたら、これが大好きな交響曲第7番でもあまたのピアノソナタでもなく、何とミサ・ソレムニス(oP.123)となった。ドイツ語はわからないし、日頃、歌曲の類いは積極的には好まないのだが、この曲は印象に残った。自分でも意外だった。音楽に対する格別の造詣があるわけでもないのにちょっと乱暴なことだとは思ったが、どうせ好きか嫌いか程度のレベル、これなら許されるだろうと思った。
 荘厳ソレムニスとは、特別な機会の典礼のためのミサ曲を指すようで、モーツアルトやブルックナーにも作品があるようだが、ベートーヴェンのものが断然有名。特にベートーヴェンの作品は、ただ歌詞に見合った曲をつけたような旧来型のミサ曲ではなく、ミサの言葉の外面的な意味よりも豊かな内容を含む交響曲的なミサ曲であると専門家に評されている。
 ベートーヴェンにミサ曲は壮年期のものと2曲があるが、このミサ・ソレムニスは晩年のもの。1822-1824年の作曲といわれる。つまり、交響曲第九番「合唱付き」とほぼ同時期である。
 このTHE COMPLETE WORKのミサ・ソレムニスは、1966年の発行を2001年にリマスターしたもの。5楽章からなり、トータル79分余と長い。
 編成は、独唱(ソプラノ、アルト、テナー、バス)と混声四部合唱で、ソプラノがエリーサベト・セーデルストレム、コントラルトはマルガ・ヘフゲン、テノールヴァルデマール・クメント、バスマルッティ・タルヴェラ。コーラスはニュー・フィルハーモニア合唱団。演奏はオットー・クレンペラー指揮ニュー・フィルハーモニア管弦楽団といずれも錚々たるメンバー。
 この曲はミサ曲だが、教会で演奏されることは少なかったようで、主に演奏会で演奏されたということである。
 ミサ曲を聴くなどということは滅多になくほとんど初めてのことだったが、まるで壮麗な大聖堂あるいは礼拝堂で演奏されているかのような様子を彷彿とさせて素晴らしいものだった。ウィーンやサンクトペテルブルグなど欧米の教会で聴いたことはあるが、この曲こそ教会で聴いてみたいものだと思った。壮麗でそれこそソレムニスだった。
 歌詞はドイツ語だからよくわからないが、ミサ曲にしては大変力強く、大曲の印象だ。歌詞がわからなくてもきちんと聴いていたくなる魅力があった。第九の〝歓喜の歌〟とはまた違った明るい高揚が感じられた。なお、CDカバーの絵は、キャスパー・デイヴィッド・フリードリッヒの<冬景色>(1811)というらしい。
 わからないことを平気で書くのも生意気なことだが、これが私の持ち味と心得ている。

ベートーヴェン全曲鑑賞

f:id:shashosha70:20220112180037j:plain

(写真1 ボックスセットの内容。奥がボックス)

CD80枚を聴き通す

 ベートーヴェンが作曲した楽曲すべてを集めたTHE COMPLETE WORKS(作品全集)。CD80枚のボックスセットになっていて、レーベルはワーナークラシックス。
 これを毎日1枚ずつ聴いてきて、このたびやっと完結した。朝食後、コーヒーを淹れて、書斎にこもり、まずはCDをかける。これがここのところの日課だった。同じ日に2枚かけることはしなかった。CD1枚の演奏時間は約60分。この時間が至福だった。もちろん、この間には、旅行もあったし、外出などもあって、結局、80枚を聴き通すには約100日を要した。
 ボックスセットの内容は、作曲した年代順ではなくて、カテゴリー別になっている。
 初めに9曲のシンフォニーが5枚のCDに収められている。演奏はCDE(ヨーロッパ室内管弦楽団)で、指揮はニコラウス・アーノンクール。CDEはロンドンに拠点を持つ比較的新しいオーケストラで、アーノンクールはオーストリアの貴族の出身。9曲のシンフォニーはすべてこの演奏者による。すべて同一の演奏者によるというところが素晴らしい。1990年-91年の録音。つまり、寄せ集めではないということ。
 続いてピアノコンチェルト。ピアノ演奏はアンドラーシュ・シフ。ハンガリー出身のピアニストで、夫人はヴァイオリニストの塩川悠子。指揮者でもあり、弾き振りもおこなう。オーケストラはシュターツカペレ・ドレスデン(ドレスデン国立管弦楽団)。
 べートーヴェンにピアノコンチェルトは第1番から第5番までの5曲かと思っていたが、ほかにナンバリングされていない曲が2曲あった。このあたりがCOMPLETE WORKSの貴重なところ。
 ピアノ・ヴァイオリン・チェロの三重奏曲、ヴァイオリンコンチェルト、序曲などと続く。
 次がピアノソナタ。全32曲がスティーヴン・コヴァセヴィチの演奏。コヴァセヴィチはイギリスのピアニスト。ここでも、全32曲が同一演奏家によるところが素晴らしい。
 ピアノソナタは、CD17からCD25に収められており、ベートーヴェンの最も得意とする分野であり、1番から32番まで続けて聴いていると、いずれの曲も完成度が高く名曲揃いであることがわかる。なお、ナンバーが打たれていないものが4曲含まれている。
 ピアノバガテル(小品)というカテゴリーには17曲が収録されているほか、ピアノヴァリエーションという項目には、25もの作品が4枚のCDに収録されている。
 このあたりの作品には、Op.(オーパス=作品番号)の付されていないものが多く、代わりにWoO(ヴェーオーオー)という記号が付けられているものを見かける。WoOはドイツ語で〝作品番号なしの作品〟の略語で、作品番号がつけられていない楽曲の整理のためにつけられる認識番号を示しているとのこと。
 続いて、その他のピアノ曲、その他のキーボード曲というくくりの作品が収められている。
 ピアノソナタには、そもそもヴァイオリンソナタとして作曲したものをピアノソナタに模様替えしたものまである。
 また、この先は様々なデュオが登場してきている。フルート二重奏曲、フルート・ピアノ、クラリネット・バスーン、ホルン・ピアノ、マンドリン・ハープシコードとあり、ヴァイオリン・ピアノのデュオにはヴァイオリンソナタが1番から10番まで入っている。ヴィオラ・チェロ、ヴィオラ・ピアノ、チェロ・ピアノなどと続いている。
 このあたり、ヴェートーベンは、ピアノはもちろん様々な楽器を研究していたことが知られるような作品構成だ。特にピアノについては、ピアノメーカーに様々な要望を出し、その結果、今日のようなピアノが誕生したとのことである。
 ヴェートーヴェン自身がピアニストだったからであろうが、それにしてもピアノ曲が多い。ピアノトリオも13曲もある。演奏は、ピンカス・ズーカーマンのヴァイオリン、ジャクリーヌ・デュ・プレのチェロにピアノはダニエル・バレンボイム。彼はピアノソナタ全32曲を5回も録音したという記録の持ち主。
 ピアノトリオの次には弦楽三重奏曲、弦楽四重奏曲と続く。演奏はアルテミス四重奏団。16曲も続く。
 ベートーヴェンの楽曲全曲を聴いて感じたこと。一つにはとにかくレパートリーが広いとうこと。ベートヴェントいうと<英雄>や<運命>のような重厚な曲が印象深いが、<エリーゼのために>のようなやさしい曲もあって、ピアノソナタやピアノの小品に名曲が多いのも魅力。いろいろな形容詞があるのだろうが、やはり〝楽聖〟と呼ぶにふさわしい。
 私は格別の好事家というわけでもないし、音楽に造詣があるわけでも、すぐれた耳を持っているわけでもないが、好きで毎日聴いているくらいだから決して嫌いではないだろう。
 ボックスセットに入っていた解説書のインデックスを丹念に数えてみたら、総数357曲(あるいは数え方で407曲)にもなった。この中には、〝第九〟のように66分を超すような長い曲もあれば、バガレットには1分に満たない曲もあって実に様々。なお、ウィキペディアによれば、Op.とWoO.がついているものは343曲となっている。
 このボックスセットは、演奏家が一流ばかりだし、録音もいいようだ。レーベルはワーナーで、2019年の上梓。
 しばらくベートーヴェンが耳から離れないのではないか。まあ、心配するほどのことでもないが。

中田ぷう『素晴らしきお菓子缶の世界』

f:id:shashosha70:20211226124850j:plain

菓子缶に魅入られたコレクション

 世の中には様々な趣味があるものだ。これは菓子缶に魅入られた世界。
 しかし、本書を読むと理解できる。とにかく様々な形があるものだし、美しいものが多いのである。
 菓子缶とは、本来、しけては困るものや形が崩れてはいけないようなお菓子を入れておくようなものだろうし、クッキーの缶として身の回りに多い。
 私でも知っているようなものもある。ヨックモックは実際缶入りだし、細長い缶は筆箱として再利用している。なるほど、鳩サブレも缶入りだったし、泉屋のクッキーの缶は郵便入れとして重宝している。それにしてもこの泉屋は随分と数多くの種類の缶を出しているものだと感心するし、銀座ウエストの缶は美しい図柄のものがあって、中身のリーフパイが思わず食べたくなる。
 イギリス、フランッス、イタリア、アメリカの缶も紹介されているが、総じて図柄の豊かさやユニークな形のものが多いようだ。
 本書では菓子缶ということでくくられているが、私が思い浮かべると、お茶や紅茶、コーヒー、せんべいんも缶入りは多い。
 珍しいところでは、タバコのショートピース50本入りは缶入りで、〝ピー缶〟と呼んで親しんでいた。また、龍角散や榮太郎ののど飴も缶入りではなかったか。
  ドロップも缶入りだった。ドロップは総称するとキャンディだろうが、なぜかドロップというと缶入りと連想する。
 私の手元にあるドロップ缶は、東京大学宇宙線研究所が、オープンキャンパスで頒布していたもの。ノーベル賞受賞者梶田隆章教授が所長を務めており、缶の図柄はニュートリノを観測するスーパーカミオカンデの内部を図案化してる。それで、スーパーカミオキャンディと謳っている。科学者にもユーモアがあって楽しい。(光文社刊)

f:id:shashosha70:20211226124950j:plain

(写真2 東大宇宙線研のドロップ缶)

 

SANAA『環境と建築』展

f:id:shashosha70:20220106184115j:plain

(写真1 展示室の様子=3階)

妹島和世+西沢立衛の建築家ユニット

 乃木坂のTOTOギャラリー・間で開催されている。
 SANAAとは、共に世界的な建築家である妹島と西沢による建築家ユニット。2004年ヴェネチアビエンナーレ国際建築展金獅子賞、2010年建築界のノーベル賞といわれるブリツカー賞など受賞。主な作品に「金沢21世紀美術館」、「ルーブルランス」などがある。
 会場は3階と4階にまたがっていて、手がけている建築設計の模型が多数展示してある。
 ボッコーニ大学新キャンパス(ミラノ)、セレスタの住宅(フランス)、新香川県立体育館、深圳海洋博物館(中国)、シドニーモダーンプロジェクト(オーストラリア)、アントワープタワー(ベルギー)などと建築物の種類は多彩で、建築地も世界各地。

f:id:shashosha70:20220106184241j:plain

(写真2 新香川県立体育館三つの競技場模型。下は全体を覆う大屋根)

f:id:shashosha70:20220106184301j:plain

 新香川県立体育館について、会場の展示説明には、新しい県立体育館のスタディ模型だとし、敷地は、高松駅、高松港に近い親水公園となっており、多目的広場がある。この既存の広場を囲むように瀬戸内海に浮かぶ小島のような屋根をかけ、高松駅、広場、体育館、親水公園、港、そして瀬戸内海まで緩やかにつながってひとつの大きな公共公園になることを目指した、とあった。
 工事にはこれから着工されるようだが、完成したら一度見てみたいと思わせられる魅力があった。
 会場入口の案内には、私たちは「建築と環境」ということを常に考え続けてきた。建築をつくることで境界をつくり出すのではなく、私たちの行為と環境が繋がったものとなるような場所をつくっていきたいとメッセージが掲示されていた。
 妹島であれ西沢であれ、SANAAであれ、これまでずっと注目してきた。そのためわざわざヴェニチアまで足を運んだし、金沢もランスも見てきた。作品のある十和田にも行った。直島にも出掛けた。そこで感じたことは、町に開かれた建築を目指しているのだなと素人ながらにとらえてきたが、そうか、「建築をつくることで境界をつくり出すのではない」ということだったのだなとこのたび初めて合点がいったものだった。

2022年の正月

f:id:shashosha70:20220104125047j:plain

(写真1 参拝客が少ない浅草寺)

初詣は浅草寺

 冬らしい寒い日が続いたが、少なくとも三が日は快晴だった。日当たりのいい部屋にいると日中は暖房が要らないほどだった。
 今年の初詣は2日に浅草寺に出掛けた。例年なら参拝客の列が雷門をはみ出して一般道にまで伸びているのだが、今年はいきなり雷門から入れた。仲見世も途中から入れないように柵でふさいでるのだがそれもなかった。これほど空いている浅草寺は初めてだった。警備に当たっていた警察官に尋ねても「本部のまとめでも今年は少ないようだ」との話しだった。コロナ下のこと、敬遠する人が多かったのであろうか。あるいは元旦ではなくて2日だったからかも知れない。それでも例年よりは少ない。
 寒気ということでは、三が日よりも大晦日の早朝が最も強かった。家を出た6時ではまだ夜が明けきれていなくて、歩いているとほどなくうっすらと東の空が朱く染まってくる。この瞬間が好きだ。南の空に、二十六夜月というのか明けの三日月というのか、美しく見えた。ところどころに薄氷が張っていた。
 元旦は、前夜が遅かったので早朝のウォーキングは控えた。そうでなくとも、心筋梗塞などを心配する家族の規制が厳しくてこのごろは早朝ウォーキングもやりにくい。気持ちがわかるだけに無視もできない。

f:id:shashosha70:20220104125259j:plain

(写真2 南の空に明けの三日月)

お知らせ:このブログABABA'sノートの投稿は昨年までは毎週土日月の週3日としてきましたが、本年1月からは毎週火水木の週3日投稿に変更させていただきました。引き続きご愛読のほどお願い申し上げます。

シクラメンの花

f:id:shashosha70:20211222102959j:plain

(写真1 淡いピンクが美しいシクラメンの花)

季節を伝える豊かな花

 シクラメンは季節感豊かな花。この花を見ると師走だと感じる。この時期木に咲く花は少ないから鉢植えながら貴重な彩りだ。
 人気のある花で、何でも鉢植え植物としては生産量は日本で最も多いらしい。ただし、死と苦の語呂合わせが嫌われて見舞いには適さないようである。

お断り:今年の投稿は本日が最終です。ご愛読ありがとうございました。どうぞ良い年をお迎えください。新年は1月11日から再開します。
お知らせ:このブログABABA'sノートの投稿はこれまで毎週土日月の週3日としてきましたが、来年1月からは毎週火水木の週3日投稿に変更させていただきます。引く続きご愛読のほどお願い申し上げます。

福井県立図書館編著『100万回死んだねこ』

f:id:shashosha70:20211217114507j:plain

覚え違いタイトル集

 図書館の司書が、カウンターで利用者から問いかけられた問答集である。利用者はうろ覚えの記憶で本を探そうとするからこれが抱腹絶倒の面白さになっている。
 そもそもは、館員同士の情報共有のために行っているものをウエブサイトで公開していて、本書はその覚え違いタイトル集を単行本化したものだが、問答の面白さばかりか、図書館利用の絶妙の案内ともなっていて楽しめる。
 いくつか引いてみよう。
 ・『うんちデルマン』ってありますか。
   『うんこダスマン』ですね。
  「うんち」と「うんこ」、「でる」と「だす」、2カ所も覚え違いポイントが! 全部ひらがなやカタカナであっても見つけるのは案外難しいのが児童書です。
 ・村上春樹『とんでもなくクリスタル』はどこですか?
  村上龍『限りなく透明に近いブルー』のことでしょうか。
  ものすごく光り輝いていそうですね。村上春樹と村上龍の覚え違いは、意外と今でもよく発生します。そしてこの場合、『限りなく~』をご案内しましたが、実は田中康夫の『なんとなくクリスタル』をお探しだった可能性も?
 ・『国士舘殺人事件』ってあります?
    『黒死館殺人事件』ですね。
  大学でいったい何が⁉ でも、「こくしかん」で変換するとこっちが出ますよね。正解のタイトルは推理小説における「日本三大希書」に数えられる作品です。本書を含め、小栗虫太郎は書庫に保有してある本が今でも借りられる、長く愛され続けている作家です。
 いろんな問い合わせがあるものだが、まるで謎かけのような相談にもきちんと対応している図書館司書はすばらしい。本書でも書かれているが、レファレンスの充実は図書館サービスの基本なのであろう。
 問答集ばかりではなく、本書で参考になったのは検索の要領だ。
 ・「てにをは」が間違っていると図書館の検索では弾かれてしまうので危なかったです。ご自身で検索する際も、不安なときは助詞を抜いてキーワードで検索することをおすすめします。
 ・「ぼく」を漢字変換してしまうと検索では見つからなくなります。図書館で検索する際は全文ひらがなにするのがコツです。
 私も週に一度くらいの頻度で図書館を利用しているが、司書の方々はとても親切だ。私が利用している図書館は町の中にある市立の図書館で、県立の図書館とは比べものにならないほどの規模だが、蔵書数が約50万冊。近隣の市立図書館とも連携しているし、蔵書数ということでは100万を超すのではないか。歩いて行ける範囲に図書館があるというのは、とてもありがたいし大切なことだ。
(講談社刊)