ABABA’s ノート

旅と鉄道、岬と灯台、読書ときどき映画あるいは美術に関するブログです。

01-08 車掌車

秩父鉄道車両公園

(写真1 三峰口駅構内。転車台の右が貨車が並ぶ秩父鉄道車両公園)シリーズ車掌車を訪ねて 秩父鉄道三峰口駅構内に隣接してある。埼玉県秩父市所在。 秩父鉄道は、埼玉県の北央部から南西部に向け羽生駅から三峰口駅を結ぶ路線(秩父本線)。途中、熊谷や長…

那珂川清流鉄道保存会

(写真1 ヨ6000形のヨ6786)シリーズ車掌車を訪ねて 那珂川清流鉄道保存会は、栃木県那須烏山市所在。烏山線烏山駅からバスで15分ほど。那珂川の畔にある。この川は鮭がここまで遡上してくることで知られる清流である。 保存会の車両基地を訪れて…

SLキューロク館

(写真1 蒸気機関車を模したSLキューロク館と左奥は真岡駅駅舎)シリーズ車掌車を訪ねて SLキューロク館は、真岡鐵道真岡駅に併設されている鉄道博物館。埼玉県真岡市所在。真岡市SLの走るまち拠点施設として位置づけられている。 蒸気機関車4両が静…

宗谷本線勇知駅

(写真1 宗谷本線勇知駅)鉄道のある風景 選 宗谷本線勇知駅。北海道稚内市。宗谷本線で終着駅稚内の三つ手前の駅である。なお、駅舎は車掌車の転用である。2009年10月13日の撮影で、この時は駅舎の塗装が剝げかかっていたが、2016年3月に再訪…

住宅街の車掌車

(写真1 住宅街の庭先に鎮座している緩急車)シリーズ車掌車を訪ねて 大田区東雪谷三丁目所在。 緩急車である。緩急車とは、貨物も積めるようになっている車掌車のこと。ともに事業用貨車で、車掌室と貨物室で構成され、ブレーキが付いている。なお、ブレー…

内牧公園の東武鉄道貨車

(写真1 内牧公園で管理事務所として使われている車掌車と有蓋貨車)シリーズ車掌車を訪ねて 春日部市内牧3090番地所在。東武鉄道春日部駅西口から朝日バス春日部エミナース行き乗車約15分、共栄大学入り口下車徒歩7分ほど。歩くなら北春日部駅から…

長戸路児童公園の東武鉄道車両

(写真1 連結されて展示してあるED5020とヨ126)シリーズ車掌車を訪ねて 埼玉県北葛飾郡杉戸町高野台東一丁目所在。最寄り駅は東武鉄道日光線杉戸高野台駅。春日部から4駅目、西口すぐ。児童公園になっていて、この日も近所の保育園の子どもたちが…

世田谷公園の鉄道車輌展示

(写真1 世田谷公園に連結して展示してあるD51形蒸気機関車とヨ5000形車掌車)シリーズ車掌車を訪ねて 世田谷公園は世田谷区池尻一丁目所在の区立公園。最寄り駅は田園都市線池尻大橋駅だが、歩くと20分近くもかかり、渋谷駅からのバスが便利。東…

昭和の杜博物館

(写真1 昭和の杜博物館に展示されている車掌車ヨ13712車両)車掌車ヨ13712車両 千葉県松戸市にある。足の便は必ずしもよくはないが、北総鉄道北総線秋山駅あるいは武蔵野線・北総線東松戸駅から徒歩15分ほどか。なお、千葉市にある昭和の森公園…

東武鉄道ヨ101形

(写真1 東武鉄道ヨ111車掌車模型)私鉄車掌車の代表格 友人が贈ってくれた。私の車掌車好きを知ってのことらしい。添えられた手紙には「貨物列車の末尾にポッッと赤いランプが点る風情は失いたくないもの」と記してあって、「もはや絶滅危惧種であり(…

笹田昌宏『車掌車』

車掌車へのほとばしる愛情 車掌車の全容が概説されている。いやあ、それにしても素晴らしい。車掌車に関してこれほどまとまった本の刊行はわが国では初めてではないか。それも、オールカラーの写真がふんだんに載っているムックだから読み進むに楽しい。車掌…

京都鉄道博物館

(写真1 20両ものSLが格納されて壮観の扇形車庫と手前は転車台)日本最大の鉄道博物館 いやあ楽しい。この日は平日だったのだが折からの鉄道ブームも手伝って大変な賑わい。蒸気機関車から新幹線まで53両もが様々な工夫を凝らして展示されている。 今…

あこがれの車掌車

(写真1=真岡鐵道真岡駅に併設された鉄道博物館SLキューロク館に展示されている車掌車ヨ8000形) 究極の移動する書斎 車掌車とは、貨物列車の最後尾に連結されている車掌が乗務するための業務用車両のこと。なお、貨物は積載しないこととなっていて…

ブログ開設の挨拶

(写真は北海道恵山岬。大海原を前に両手を広げて余る240度もの眺望だ) 旅と鉄道、岬と灯台、読書ときどき映画あるいは美術に関するブログです。 出版社勤務をリタイアし今日も旅枕に夢を見る古希男が勤務時代のブログ「秋葉原日記」、「AKIBAノー…