ABABA’s ノート

旅と鉄道、岬と灯台、読書ときどき映画あるいは美術に関するブログです。

金子三勇士ピアノコンサート

f:id:shashosha70:20191205111847j:plain

(写真1 開演前の会場の様子)

新しい時代をつくるクラシック

 12月2日新宿文化センター大ホールで開催された。
 金子三勇士(かねこみゆじ)は、人気の若手ピアニスト。群馬県高崎市生まれ30歳。父日本人、母ハンガリー人。バルトーク国際ピアノコンクール優勝ほか数々の国際コンクールで優勝の輝かしいキャリアを持つ。東京音大首席卒業。
 この日の演奏会は、住友生命のチャリティコンサートとして開催されたもので、私は初めてだったが、すでに33回、全国縦断1058回の公演を数えるらしい。
 新しい時代をつくるクラシックとタイトルがつけられており、とても親しみやすい曲が選ばれていた。また、演奏スタイルも斬新で、ピアニスト自身がユーモアたっぷりに進行役を兼ねながら曲の解説をしたりしてとても和やかなものだった。
 演目は、初めに革命のエチュード、夜想曲「遺作」、子犬のワルツとショパンの3曲、ドビュッシー「月の光」、ベートーヴェンのピアノソナタ「月光」と続いた。「月光」は新しい解釈によるものなそうで、なるほど、慣れ親しんだ曲想とは異なっていた。
 休憩の後、バルトークのピアノソナタ。バルトークはハンガリーのピアニストであり作曲家。難曲と解説していたが、ピアノが壊れるのではないかと心配になるほどの激しい曲を圧倒的迫力で演奏していた。
 次からリストが3曲。リストもハンガリーのピアニスト、作曲家。シューマン=リスト「献呈」、「愛の夢」と続き最後は「ラ・カンパネラ」。あまりにも有名な曲で、私でも口ずさむことができるほどの美しいメロディで始まり、金子の演奏は聞き惚れるほどのすばらしい演奏だった。
 ところで、前半の演奏では何か落ち着かなさを感じていたが、休憩時間中に調律が行われていたから、あるいは演奏家から注文があったのかもしれない。私自身はコンサートの経験も少ないから何とも言えないが、演奏の途中で調律を行うというのはピアノでは珍しいのではないか。ピアノはスタインウエイだった。

とんかつ「福与志」

f:id:shashosha70:20191127101504j:plain

(写真1 福与志の店舗)

秋葉原の人気店

 秋葉原駅を昭和通り口に出て左折し上野方面に進みりそな銀行の角を右折、ドトールコーヒーが見えたら左すぐ。徒歩数分。中華の生駒軒の隣。神田和泉町一丁目所在。
 かつては「ふくよし」と名乗り秋葉原駅からもっと奥の入り組んだところにあり、テレビで〝路地裏の名店〟と紹介されたこともあった。その評判の通りにちょっとわかりにくいところだったが、新店舗は随分とわかりやすいところに移転してきた。前の店舗は立ち退きにあったらしい。
 この際店舗名を漢字表記にして再開した。規模は旧店舗とさほど変わりなくテーブル席6卓にカウンター3席。しかし、これがいい。よく、新店舗に移って店を大きくし失敗する例があるからだ。
 久しぶりに訪れてうれしかったのは中身がまったく変わっていなかったこと。揚げる親爺と接客する女将に手伝いの若い男。

f:id:shashosha70:20191127101615j:plain

(写真2 とんかつ定食)

 メニューもまったく同じ。とんかつ定食800円、かつカレー900円。ロースかつ定食1200円など。
 とにかく安い。しかもかつは大きい。かさかさっとして熱くうまい。刻んだキャベツに味噌汁と漬け物。いかにも昔ながらのとんかつ定食。店舗に高級感があるわけでも、分厚いブランド肉を使っているわけでもないが、飽きのこない味であり、地元サラリーマンの人気は衰えない。一番人気はかつカレーで、ロースカツ定食はちょっと食べきれないほどのボリューム。
 新店舗に移ってからも、といっても同じ町内だが、旧店舗からの客がそのまま引き継いでいるようで、すぐに行列ができる。営業時間は11時~15時。

f:id:shashosha70:20191127101750j:plain

(写真3 人気の高いかつカレー)

ブレディみかこ『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』

f:id:shashosha70:20191125204812j:plain

現代英国社会を活写

 著者は、福岡県出身で英国在住。アイルランド人の配偶者と息子と三人で英国南端のブライトンという地方都市に住んでいる。
 息子は、小学校は、カトリックの名門校に通った。裕福な家庭の子が多く通っている学校だったが、中学校は、大半の子がそのままカトリックの中学校に進学するのに、この親子は近所の中学校を選んだ。
 学校見学会までして選んだこの学校は、「元底辺中学校」で、近年は、音楽や演劇に力を入れるなどして、市の学校ランキングで中位くらいまで上昇しているものの、白人労働者階級の子どもが多いところ。
 シティで銀行員をしていながら、リストラされると子どもの頃にやりたいと思っていた仕事だからと言って大型ダンプの運転手になった父親は、実は息子が元底辺中学校に行くのは反対で、どうしてかと訊く息子に「まず第一に、あの学校は白人だらけだからだ。お前はそうじゃない。ひょっとするとお前の頭の中ではお前は白人かもしれないが、見た目は違う。第二に、カトリック校は普通の学校より成績がいいから、わざわざ家族で改宗して子ども入学させる人たちもいるほどだ。うちはたまたまカトリックで、ラッキーだったんだ。それなのに、その俺らのような労働者階級では滅多にお目にかかれない特権をそんなに簡単に捨てるなんて、階級を上昇しようとするんじゃなくて、わざわざ自分から下っていくようで俺らは嫌だ」と語るのだった。
 本書は、こうした息子の成長と家族の生活が描かれており、現在の英国社会を活写したエッセイである。
 とにかく筆者である母親が明るく行動的。保育士の資格を取って保育所で働いたこともあり、視座に揺るぎがない。
 息子も小学校では生徒会長をやったというほどにいい子。親子がしっかりと目を見つめながら向き合う関係には感心した。
 それにしても、英国社会は複雑で大変だ。およそ日本では聞くことのないような言葉がぽんぽんと出てくる。
  幾つか列挙してみよう。レイシスト、レイヤー、レイシズム、フリー・ミール制度、国籍や民族性とは違う軸の多様性、イングリッシュ・ヴァリュー、ブリティッシュ・ヴァリュー、アイデンティティ・ポリティクス、階級の固定化、マルチカルチュラル、LGBTQ等々。
 また、短節を拾ってみても、僕はイングリッシュで、ブリティッシュで、ヨーロピアンです。複数のアイデンティティを持っています。親の所得格差が、そのまま子どものスポーツ能力格差になっている、英国の公立小チュ学校は保護者のボランティア活動によって成り立っている、この国の緊縮財政は教育者をソーシャルワーカーにしてしまった、等々。
 とても面白い。ユーモアたっぷりだし、文章が生き生きとしている。ただ、言葉が若若しすぎて年寄りにはついて行けないこともしばしば。それで、著者は何歳くらいの人なのか奥付の著者紹介を見たら50数歳らしい。30台かと思っていたからこれには驚いた。しかし、それも苦笑いしながら読み進めればいいだけのこと。
(新潮社刊)

コッド岬

f:id:shashosha70:20191124144804j:plain

(写真1 コッド岬のしおり)

しおりに岬の灯台

 友人がアメリカ旅行の土産にコッド岬を描いたしおりをくれた。もとより、私が灯台好きと知ってのこと。
 しおり(タテ18センチ×ヨコ5センチ)には、3基の灯台が描かれているほか、裏面にはコッド岬と灯台を紹介する簡単な文が載っている。
 コッド岬とは、アメリカ東北部マサチューセッツ州にある大西洋に面した半島。右上腕を曲げて力強く掲げたような独特の地形で知られる。ケープコッド湾を囲んでおり、対岸にはプリマスがある。半島の先端にあるプロヴィンスタウンまでボストンからバスで約3時間であり、温暖な気候から観光地として人気がある。
 コッド岬周辺は浅瀬のため危険な海域とされ、このため付近の諸島まで含めると20基もの灯台があるようで、半島内だけでもハイランド灯台、ノーセット灯台、チャタム灯台、レースポイント灯台、ノブスカ灯台があるようだ。
 これらのうちしおりに載っている3基の灯台はいずれもケープコッド国立海浜公園にあり、上から順に、まずハイランド灯台。1797年に建設されたコッド岬最古の灯台で、現役の灯台であり、春から秋までのハイ・シーズンには内部が公開されているという。白い塔形で付属舎がある。
 2段目がノーセット灯台。上部が赤、下部は白に塗色された塔形の灯台のようで、初代のものは1887年に建設されたとしおりにある。鋳鉄と煉瓦造らしい。
 下段はレースポイント灯台。プロヴィンスタウンにあり、初代のものは1816年に建設された。白い塔形をしており、付属舎には宿泊もできるようだ。灯台は現役のようだから、日本では想像もできないことでなかなか面白い。
  ところで、コッド岬については、私はかねてソローの『コッド岬』(工作社)を読んで知っていた。もとより名作『森の生活』で知られるヘンリー・デイヴィッド・ソローによる1850年前後にコッド岬を訪ねた旅行記だった。
 もう25年ほども前になるか、私は飯島実訳で読んだのだが、ソローらしいといえばそうも言えるが、コッド岬の自然や人々の生活が実に詳細に記されていて、これが旅行記かと驚いた記憶がある。
 あらためて書棚から本書を引っ張り出してみると、表紙カバーには、岬の突端に立つ灯台が描かれている。今にしてみれば、この灯台はレースポイント灯台であろうか。また、本文では、ハイランド灯台について、「鉄の冠に似た屋根を戴く、白塗りの、見るからに堅固なレンガ造りの建物だった」と表現している。
 コッド岬は、アメリカでは、岬好き灯台ファンにとってはフロリダ半島の先端キーウエストと並んで是非にも訪れてみたいと思うところ。しおりを手にしながら一度は訪れる機会はあるものかと夢想している。

f:id:shashosha70:20191124144924j:plain

(参考=ソロー著『コッド岬』)

展覧会『ゴッホ展』

f:id:shashosha70:20191123121908j:plain

(写真1 会場の上野の森美術館外壁に掲げられた巨大な看板)

ゴッホの画業を辿る

 ゴッホの画業の全体像がわかるような展覧会だった。
 リアリズムの色彩が強いようなハーグ時代から、弟テオを頼ってパリに出てきて印象派と出会ったパリ時代、明るい陽光を求めて南仏に赴いたアルル時代などとゴッホの半生を辿るように作品が展示されている。
 また、各時代においてゴッホが影響を受けた、ピサロ、セザンヌ、シスレー、モネ、ルノワールなどの印象派の画家たちに加えてゴーギャンの作品などが並んでいた。
 注目はやはりアルル以後。私の絵画鑑賞はレベルの低いもので、美しいか否かぐらいしか判断がないくらいだから、ゴッホの作品の中では色彩が豊かなアルル以後が断然好きだ。

f:id:shashosha70:20191123122007j:plain

(写真2 「パイプと麦藁帽子の自画像」=会場で販売されていた絵はがきから引用)

 アルル時代のものとしては「タンギー爺さんの肖像」(1987)、「麦畑」(1988)などとあって、サン=レミに移ってからのものでは、「サン=レミの療養院の庭」(1889)、「糸杉」(1889)などとあった。
 ゴッホは37年の短い生涯。それも作品の推移から判断すると、画家としての人生はせいぜい10年ほどか。それにしてもこの間に凝縮されたエネルギーが一挙にほとばしったわけで、いかにも炎の人にふさわしい。
 ただ、展覧会はゴッホ展と謳いながら、「夜のカフェテラス」「黄色い家」「ファンゴッホの寝室」「ひまわり」「子守女」「糸杉と星の見える道」「星月夜」「カラスのいる麦畑」などとゴッホを代表する作品が出品されていなかったのは残念で、はなはだ不満だった。それでも、私自身としては好きな分野ではないが、日頃注目されることの少ないハーグ時代に光が当てられたのは貴重だったのかも知れない。
 このところ、海外の美術館から借りてきた作品で企画展が組まれることが多いが、今回のゴッホ展は私のような上滑りの大雑把なゴッホファンにとっては難しい企画だったように思われた。主催産経新聞社。
 ところで、この日は、上野広小路の映画館で映画「永遠の門-ゴッホが見た未来」を観たその足で上野の山に登り上野の森美術館に訪れてゴッホ展を見たのだが、ゴッホの半生がよくわかって面白かった。

f:id:shashosha70:20191123122052j:plain

(写真3 「麦畑」=会場で販売されていた絵はがきから引用)

映画『永遠の門』

f:id:shashosha70:20191121191558j:plain

(写真1 映画館で配布されていたチラシから引用)

ゴッホの見た未来

 ゴッホの半生を描いている。
 弟テオを頼ってパリに出てきたゴッホ。まったく絵の売れない日々が続き、カフェで行った個展では店主に「客が来なくなる。すべての絵を運び出せ」とまで言われ惨憺たる結果。
 そのような折、テオに紹介されて会ったゴーギャンに「南へ行け」というサジェスチョンを受け、南仏アルルに赴く。
 アルルでは、画材道具を背負って、野や畑を歩きまわり、ひたすら描き続ける。大平原がゴッホの心情を写しているようだ。
 しばらくしてゴッホは黄色い家を借りて、ゴーギャンをパリから呼んで共同生活を始める。ゴーギャンとはディスカッションを繰り広げる。
 ゴッホが「絵は(見た自然を)一捌けで、すばやく描くものだ」と語るのに対し、ゴーギャンは「速すぎる。(もっと内面を描かねば)」と主張する。また、ゴッホは「ぼくの絵はぼく自身だ」と語るのだった。
 やがてゴーギャンが、絵が売れたと行ってパリに帰っていくと、ゴーギャンを呼び戻すために自分の耳を切り落としてしまう。
 ゴーギャンとの別離が強いショックとなって、このあたりから精神に変調を来し、アルルにほど近いサンーレミの療養院に移る。
 その後、精神病院に入ることにもなったが、ここでの牧師との対話が重要な位置を占めていた。すなわち、「神は私を画家にした」「未来の人のために描いている」「狂気は最高の友だ」などと。
 映画は、手持ちカメラを使ったりしてゴッホを水平に捉えようとしていたし、ゴッホが見た初めての印象を忠実に描こうとしているなど独特のカメラワークがあった。
 真っ黄色に染まった畑など映画の描く自然はまことに美しいものだったが、時に、ゴッホの内面を描こうとしたのか暗喩も多くて、枯れたヒマワリが出てきたり、夕陽に向かって歩くゴッホには苦悩が感じられた。
 ゴッホに関しては、弟テオとの膨大な手紙が残っているし、たびたび映画化もされていてそれなりにその半生は知られているのだが、映画では、あちこちで新しい解釈が試みられていた。
 すなわち、その一つに、ゴッホは自画像で右耳を切り落とした絵を描いているが、映画のゴッホは左耳に包帯を巻いていた。ゴッホは鏡を見て描いたので左右取り違えたということなのだろうか。あるいはそれほどに精神が病んでいたことを示したかったのだろうか。
 また、ゴッホは37歳の時にピストル自殺したと伝えられているが、映画では少年に腹部を撃たれたことになっていた。実際、ゴッホの最後については諸説あるらしいが、新しい解釈を示していた。
 それにしてもゴッホを演じた主演のウィレム・デフォーが良かった。何しろ三十代のゴッホを六十代の俳優が演じたのだが、まったく違和感がなかったし、それよりも、デフォーなくしてこの映画の成功はなかったのではないかとさえ思われた。デフォーはこの映画でベネチア国際映画祭で最優秀男優賞を受賞しているし、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされている。三十代のゴッホを六十代の俳優に演じさせようという監督の采配もすごいものだ。監督ジュリアン・シュナーベル。2018年アメリカ・イギリス・フランス合作。

森知英ピアノリサイタル

f:id:shashosha70:20191121181323j:plain

(写真1 演奏終了後ロビーに出てきた森知英さん)

ベートーヴェンピアノソナタ力強く

 11月20日東京オペラシティ・リサイタルホールで行われた。
  森さんのファンである私としては毎年楽しみにしている演奏会。
 今年は、シューマン、メンデルスゾーン、ベートーヴェン三人の作品が取り上げられた。
 演奏順に、シューマンの「アラベスク」は小曲ながら豊かな表情が感じられたし、「幻想曲」は激しい第1第2楽章から第3楽章では一転して穏やかな曲想となり、うちに秘められたクララへの愛情を彷彿とさせた。シューマンのピアノ曲としては難曲だろうが、森さんはきっちりと演奏されていた。
 メンデルスゾーンの「厳格なる変奏曲」はいかにも変奏曲らしく起伏に富んだ曲で、森さんの演奏も表情が豊かだった。
 最後に演奏されたベートーヴェンのピアノソナタ第23番「熱情」は、その曲名の通り激しいものだったが、森さんの演奏は真骨頂とも言えるすばらしいものだった。
 森さんは、ベートーヴェン国際ピアノコンクール(ウィーンで4年に一度開催)で十代で第4席入賞という輝かしい実績があり、これまでにベートーヴェンのピアノソナタ全32曲演奏会なども行っていて、言わばベートーヴェンのピアノソナタは掌中のもの。しかも、森さんのピアノは、あの華奢な森さんのどこから出てくるのかと思われるほどのエネルギッシュなもので、すばらしい演奏だった。
 ベートーヴェンは来年2020年が生誕250年。すでに世界各地ではベートーヴェンイヤーに向けて盛り上がっているようだが、森さんの演奏はベートーヴェンイヤーを祝福する記念碑的と言えるもので感動した。

f:id:shashosha70:20191121181417j:plain

(写真2 リサイタル打ち上げの席上森さんと筆者.。厚かましくも並んで写させていただいた)