ABABA’s ノート

旅と鉄道、岬と灯台、読書ときどき映画あるいは美術に関するブログです。

映画『バーニング』劇場版

f:id:shashosha70:20190219180827j:plain

(写真1 映画館で配布されていたパンフレットから引用)

村上春樹原作の韓国映画

 2018年製作。監督イ・チャンドン。原作は村上春樹の『納屋を焼く』。

 ソウル最大の繁華街南大門とおぼしき街頭でイ・ジョンスは、幼なじみのヘミから声をかけられる。
 ジョンスは、兵役を終え大学も卒業したばかりの青年。小説家志望だ。ヘミはアルバイトで食いつないでいるという様子。
 そのヘミからジョンスは、アフリカに旅行している間、アパートで飼っている猫の世話をしていて欲しいと頼まれる。ヘミのアパートはワンルームで、部屋の窓からは南山タワーが見えている。
 帰国の連絡を受けて空港に出迎えに行くと、ヘミはアフリカで知り合ったという男ベンと連れ立っていた。
 ベンは、ジョンスよりも少し年上。外車の高級スポーツカーを乗り回し、遊んでばかりいるという。ジョンスに言わせると〝ギャツピー〟というタイプで、最近ソウルで増えているらしい。
 ベンの住まいは高級マンションで、時々、女友達数人を呼んでパーティーを開いている。ジョンスも招かれたが、なじめずに先に帰った。
 ある日、ヘミとベンは近所まで来たからとジョンスの実家に立ち寄る。ジョンスの家は、38度線が近い農家。北が南への宣伝工作に鳴らしている大音響のスピーカーの音が聞こえている。
 彼らが持ってきたワインを飲んでいたら、ベンがグラス(大麻のことのようだ)を取り出し回してよこした。ヘミが吸い、ジョンスも口にしたがむせた。やがてヘミが上半身裸になって踊り出す。ジョンスはヘミに娼婦みたいな真似はよせと注意する。
 ベンは、ビニールハウスを焼くのが面白いと語り出す。二ヶ月に一度くらいの頻度で焼いており、次には近々この近所で焼くのだという。ジョンスがそれは犯罪ではないか指摘すると、ベンはどうせ不用になったビニールハウスだから警察も問題にしないと答える。なお、ビニールのことを私にはピニールと聞こえた。どうでもいいことだし、聞き間違いかも知れないが。何事にもおもしろがらず感動を示さないベンにしては珍しいこと。
 二人はやがて帰っていったが、これ以降ヘミの姿が見えなくなる。アパートにも帰っていないようだし、ベンに聞いても知らないという。しかし、ベンのマンションにはヘミの腕時計が引き出しにしまってあった。ジョンスがプレゼントしたものだったが。このヘミの失踪が一つのミステリー。
 暗喩というか、隠喩というか、メタファーというか、これが多い。こじつければ全編そうではないかと思えてくるほどだ。これはこの監督の手法なのかどうか。
 ただ、そうすると、くどいし、あまりにもテーマが広がりすぎて観ていて疲れる。全編がミステリー風だから伏線と捉えることもできるが、それでは欲張りすぎて学生の作った映画みたいになってしまう。しかし、観ている者をいらいらさせる緊張感はあって、飽きさせない。
 映画が原作と同じである必要はないというのが私の持論だが、それにしてもこの映画は原作とは随分と違っていた。大胆な脚色と言うべきか。
 原作にあったものは、パントマイムとビニールハウス(原作では納屋)くらいか。どぎついセックスシーンが何度か出てきたが、これは原作にはなかったもので、村上はあんな性描写をしているのかと思われかねず、原作者は苦笑いしているのではないか。
 ラストシーンは、原作にはないものだったが、宣伝惹句通りに有り体に言えば〝衝撃的〟ということだろうが、私には自分で想像していた通りのラストだったし、この程度では衝撃的とは言えないと思ったし、多用した暗喩にも深みがなかった。
 結局、この映画は評価が分かれるのかも知れない。私自身は、好感は持たないが、韓国の現代の若者を描こうとしていたことはわかった。

早い季節の訪れ

f:id:shashosha70:20190219142909j:plain

(写真1 近所の公園で咲き始めた乙女椿の花)

乙女椿咲く

 今年は春の訪れが早いようだ。三寒四温と言っていいのだろうが、暖かい日が続くようになってきた。私は寒いのがことのほか嫌いだから、暖かくなるのは大歓迎。
 暦の上では、立春から数えて十五日目頃、つまり昨日あたりは二十四節気の「雨水」と呼ばれているようだ。雪に代わって雨の日が多くなり、農耕の準備を始める目安というほどの意味らしい。
 つい立春の頃には、朝のウォーキングに飛び出す6時頃にはまだ薄暗かったものが、この頃ではすっかり夜が明けるようになってきたし、寒さも和らいできていて、歩いていると汗ばむようになってきた。
 ウォーキングコースにあるいつもの公園では、乙女椿が咲き始めていた。まだ数輪のことだがこれは早い。私はこの花が好きで、この花を見つけると春だと感じる。
 マンサクも咲いていたが、沈丁花にはまだ早いようだ。
 立春の頃にはほんの一輪二輪程度だった梅の花も、すっかり満開になっていた。これも例年よりも季節の運びは早い。
 桜は、早咲きの河津桜もまだ咲いていなかった。

f:id:shashosha70:20190219143018j:plain

(写真2 満開になった梅の花)

清和ゆめの丘牧場のヨ8597

f:id:shashosha70:20190209144747j:plain

(写真1 清和ゆめの丘牧場に展示されているヨ8597車掌車)

車掌車を訪ねて

 千葉県君津市東日笠191-1所在。房総半島を南下し、館山自動車道を君津インターで降り、県道92号線を清和県民の森方面へ15分ほど進むと、右手道路沿いに車掌車が見えてくる。隣が清和中学校だから迷うことはない。
 清和ゆめの丘牧場で、ポニーと遊べることなど施設そのものは子供向けの小さな牧場といった様子。この日は休園中だったが、マザー牧場と同じソフトクリームが食べられると評判。

f:id:shashosha70:20190209144834j:plain

(写真2 「日本車輌昭和53年」とある製造銘板)

 車掌車は、施設の前庭に展示してあって見学容易。ヨ8000形のヨ8597である。製造銘板には「日本車輌昭和53年」(1978年)とある。また、かすれて読みにくいが、車体には「59-2 56-11 郡山工」と三段に白ペイントで表示されており、最終検修はどうやら郡山工場で行われたらしい。
 この房総半島には久留里線沿いなどところどころに車掌車が保存されていて、探して歩くのも楽しい。ただ、鉄道やバスの便はとても悪く自動車がないと難儀する。

f:id:shashosha70:20190209144923j:plain

(写真3 道路沿いから見た清和ゆめのか牧場の表示と車掌車)

入場料1500円の書店「文喫」

f:id:shashosha70:20190210150332j:plain

(写真1 店内の書棚の様子。通路が狭い)

従来のコンセプトが合致しない書店

 入場料が1500円もする書店ができたというのでのこのこ出掛けてみた。場所は地下鉄六本木駅のすぐそば。昔、青山ブックセンターだったところ。
 店内に入ると、左に雑誌の棚。右はレセプションカウンター。ここで入場料を払ってバッジをもらう仕組み。外税だから1620円が必要。入場料を取る書店自体が珍しいが、料金も結構なもの。単行本が1冊買える。
 正面の7段ほどの階段を登るとすぐに書棚、右に喫茶室。時間帯にもよるのだろうが、平日の午後だから空いていた。まずは自分の席を確保。
 書棚を一通り見て回る。90センチ幅6段の高さの棚が8本。これが背中合わせにあって3列。ほかにも短い列がある。
 食、ライフスタイル、日本文学、海外文学、歴史、宗教や自然科学からアート、ファッションなどと一通りの分野が並んでいる。
 日本文学の棚を見たら、大江健三郎全小説3があった。この巻には「政治少年死す」が含まれているからかねて欲しいと思っていたが、5000円もするから手が出ないでいた。ほかにも髙橋和巳の著作もあったりして品揃えの傾向がわかるようだった。
 また、浅沼圭司『映画美学入門』(水声社)があった。1963年に美術出版社から刊行された本で、当時映画青年だった私はバイブルのようにして読んでいたものだった。どうやら復刊されたものらしい。
 棚の造り(本の配列)がランダムになっていたが、これがこの店のコンセプトなのだろうと思われた。これはこれで思わぬ発見があったりするから面白い。

f:id:shashosha70:20190210150430j:plain

(写真2 絶対的に棚の数が少ないようだ)

 このように興味深い本棚なのだが、いかんせん、並べられている本の絶対数が圧倒的に少ない。パンフレットには3万冊と謳われていたが、私がざっと目分量で計算して見たところ、およそその半分ほどではないかと思われた。これなら、郊外の駅前商店街にある小さな書店ほどにもならない。これでは思いがけない出会いも生まれにくいのではないか。
 テーブルは、コンセントやライトなども備え付けられた閲覧室に椅子が12席。ほかに大きなテーブルなども用意された喫茶室があり、全て合わせると60席ほどか。
 閲覧室に陣取っている人たちは、パソコンを持ち込んでいる者も多かったし、喫茶室でもスマートフォンなどを見ている人たちが多くて、本を読んでいるような人は2割にも満たないようだった。開店したばかりだし、見学に来たという様子の人が圧倒的に多かった。
 私は3冊の本を選んで席に着いていたが、コーヒーと煎茶は飲み放題。しかし、どちらもおかわりしたくなるような代物ではなかった。
 この店のいいところは、何時間粘っても、回りが気にならないこと。1500円も出しているのだから滞在時間を長くしたくなる。それで、思わぬ本が見つけられるのであればこれはうれしいこと。

f:id:shashosha70:20190210150539j:plain

(写真3 エントランスの様子。左は雑誌のボックス。右がレセプションのカウンター)

 面白いと思ったのは雑誌の棚。1冊1冊の雑誌の棚がボックスになっていて、例えばミステリーの雑誌のボックスを開けると、中には関連した書籍が入っているという案配。
 ここの本は売っているわけだが、ざっと見ただけだが、2時間滞在していて、本を購入している人の姿は一人も見かけなかった。どれほどの頻度で棚卸しをするものなのか、補充はどうするのか、この店は取り次ぎ大手日販の関連会社だから、そういうことはお手の物だろうが、半年後1年後の様子が知りたいものだと思った。まあ、何しろ滅多に本屋に足を運ばない人向けの本屋のようだった。

f:id:shashosha70:20190210150627j:plain

(写真4 喫茶室の様子)

展覧会『顔真卿』

f:id:shashosha70:20190214160623j:plain

(写真1 「祭姪文稿」の書き出しの部分=会場で販売されていたカタログから引用)

王羲之を超えた名筆

 東京国立博物館で開催されている話題の展覧会。書に関する展覧会としては破格の規模と内容ではなかったか。入場者数も驚異的で、入場に40分、注目の「祭姪文稿」を見るにはさらに70分並ばなければならなかった。書の展覧会でこの人気は異常と言えるほどで、中国の歴史上の至宝を見る滅多にない機会だから中国から来た人たちの姿が多かったのも特徴だった。
 とにかく名だたる書家、名筆が揃っていて感心した。書聖とあがめられる王羲之から唐の三大家である虞世南、欧陽詢、褚遂良が並び、日本からも空海、嵯峨天皇、橘逸勢の三筆に加え、小野道風、藤原佐理、藤原行成の三跡が揃っていてまことに豪華。とにかく国宝が18,重要文化財が15点も出品されていた。
 圧巻はやはり顔真卿で、顔真卿の生涯の業績の全容がわかるようなボリュームだった。後世に多大な影響を与えたという楷書などには独特の風合いが感じられた。
 特に注目は「祭姪文稿」(さいてつぶんこう)の展示。台北の故宮博物院から来日したもので、門外不出といわれた肉筆が目の当たりにできたことは画期的なこと。
 顔真卿は、そもそも唐の官吏だが、書家として名だたるばかりか、安史の乱においては願家を束ねて義兵をあげ、忠臣として知られる。
 「祭姪文稿」は、安史の乱で非業の死を遂げた甥(古い中国で姪は男子の宗族にも用いる)に対する追悼文の草稿。行書体で書かれた長文で、日本語訳によると、悲痛に満ちており、顔真卿の義憤がうかがえる。
 この書が日本で展示されることに対し、中国では汚れや破損を心配する非難の声が上がったと言われていて、それはまた中国ですら見られないことに対する怨嗟の声でもあったのだろうし、それほどの至宝でもあるということなのだろう。会場では中国語が飛び交っていて中国の人たちの関心の高さもうかがわせた。
 何しろ中国の文物が日本でこれほど注目されたのは「清明上河図」以来ではないか。あの時もここ同じ東博で長蛇の列だった。
 展示を見ていて一つ感じたことは、墨と筆の持つ力。墨跡でなかったら2千年も超えて現代に伝わらなかっただろうし、美しさにも昇華できなかったのではないか。
 もう一つは拓本の意義。展示品の少なくないところが拓本によるものだったが、印刷技術のなかった時代において、拓本こそが字の普及と書体の流行に大きな役割を果たしてきたと感じたものだった。

f:id:shashosha70:20190214160719j:plain

(写真2 「紀泰山銘」の巨大な拓本。高さが13メートルもあるという)

東葉高速鉄道

f:id:shashosha70:20190209101002j:plain

(写真1 東葉勝田台駅2番線ホームで発車を待つ東葉高速鉄道地下鉄東西線直通快速中野行き電車)

千葉の鉄道④

 東葉高速鉄道線は、西船橋駅を起点に東葉勝田台駅に至る全線16.2キロの路線。駅数は9。東京メトロの地下鉄東西線と直通運転を行っており、首都圏のベッドタウンとして伸びてきた船橋市から八千代市を抜けている。
 この日は起点側からではなく終点の東葉勝田台から乗った。12月29日。東葉勝田台駅は、高架を走る京成本線勝田台駅に隣接しホームは地下に位置している。
 1996年の開業で、このあたりは東京への通勤需要が高かったものであろう。京成への乗り入れは考慮されなかった模様だが、これは京成とは競合の位置関係にあることのほか、ゲージが京成は標準軌であり、西船橋で直通している東西線が狭軌だから、東葉高速鉄道線としても狭軌とせざるを得なかったものであろう。
 そのことはともかく、1面2線のホーム、2番線から14時02分の発車。快速中野行き。この列車に限らず大半が西船橋で東西線に直通する列車ばかりで、線内運転の列車はは稀。
 発車するとすぐに地上に出て村上。快速列車だが、この列車に限らず全列車が西船橋までは各駅に停車する。ここは国道16号と交差している。
 八千代中央、八千代緑が丘と続く。八千代緑が丘には車庫がある。沿線は住宅地だが、アパートが多いようだ。
 次が船橋日大前。日大のキャンパスが近い。ここから地下になり北習志野。新京成線とクロスしている。日大の理工学部へ行くにはかつてはこの北習志野が最寄り駅だったが、現在は船橋日大前が最短か。利用したことはないが。
 再び地上に出ると飯山満(はさま)。ルビを振らないと読めない難読駅であろう。しばらく地上を走っていたが船橋が近づくと地下に潜り、東海神に続き西船橋到着。14時22分。東葉勝田台からわずか20分。列車はそのまま東西線に乗り入れ中野へと向かう。
 8番線到着だが、ホームが狭く乗降客で非常に混雑している。写真を1枚撮りたいと思ったが人混みに押されてままならなかった。西船橋は大きな駅で、3社5路線が乗り入れており地上ホームと高架ホーム合わせ12番線まである。慣れていないと人混みでホームを探すのも一苦労だ。

千葉都市モノレール1号線・2号線

f:id:shashosha70:20190206144620j:plain

(写真1 車両先頭運転席後方から見た路線の様子。懸垂式の特徴で見晴らしがいい)

千葉の鉄道③

 千葉都市モノレールは、千葉駅を中心に千葉市内の主要な箇所を結んで1号線と2号線の二つの路線がある。
 1号線は、千葉みなと駅から県庁前駅を結ぶ3.2キロの路線。千葉みなと駅はJR京葉線に接続し、中間にJRや京成線と接する千葉駅がある。2号線は、千葉駅から千城台駅間を結ぶ12.0キロの路線。台地上の郊外住宅地を東南に目指していて、途中、都賀駅でJR総武線と接している。
 2018年12月29日。JR千葉駅に降り立つと、眼前に千葉都市モノレールの千葉駅が迫ってくる。大変ごつい印象。懸垂式モノレールの特徴でもあろうか。

f:id:shashosha70:20190206144752j:plain

(写真2 1号線2号線が発着する千葉みなと駅。ホーム段差の低いことがわかる)

 まずは初めに1号線で千葉みなとへ。2両のワンマン運転。10時41分発。休日なのに混んでいる。市役所前を経てすぐに終点千葉みなと。京葉線と接しているし、周辺には公的機関やホテルも多く、ポートタワーや県立美術館などもある。
 また、2面4線のホームがあり、2号線は線区上は千葉駅起点だが、運転上はこの千葉みなと発着が大半となっているようだ。
 1号線は、千葉みなとを出ると千葉を経て繁華街の栄町、葭川公園と続き終点県庁前。目の前が県庁で官庁街の様子。まことに短い路線だが、延伸する計画もあるようだ。
 千葉まで戻って2号線へ。千葉は1号線2号線の分岐点で、2面4線のホームがある。ホームの段差はわずか50センチと低くて、お年寄りなどにうっかりして落ちる人もいるようで、このため係員が2名も配置されていた。
 県庁前から戻ると千城台行きに乗り換え。発車してすぐに1号線とクロスした。先頭車両で運転席のすぐ後ろに陣取っていると、進行方向が良く展望できて気持ちがいい。子どもたちが数人かぶりついていた。懸垂式のいいところだ。
 途中にスポーツセンターや動物園前などとあって、このモノレールは市内の主要な施設を結んでいるようだ。終点の千城台は郊外の住宅地という様子だった
 ところで、このモノレールは懸垂式と呼ばれる方式。1999年の全線開業だが、跨座式が多い日本のモノレールの中では珍しい存在で、カーブに強いという特徴がある。千葉駅付近などカーブの多い路線だったのでこの方式を採用したものであろう。
 なお、千葉都市モノレールの総営業距離15.2キロは懸垂式モノレールとしては世界最長になるのだとか。

f:id:shashosha70:20190206144856j:plain

(写真3 カーブの多い路線にも対応できる懸垂式モノレールの軌道)