ABABA’s ノート

旅と鉄道、岬と灯台、読書ときどき映画あるいは美術に関するブログです。

新宿線系

f:id:shashosha70:20200919144539j:plain

(写真1 西武新宿駅改札口。なかなか親切な行き先掲示板だ)

西武線全線に乗る②

 新宿線は、池袋線と並ぶ西武線の幹線の一つ。多くの路線とつながっており、ここでは、新宿線系としてくくってみよう。
  新宿線の起点は西武新宿駅。JRや小田急、京王、地下鉄各線の新宿駅からは徒歩10分ほど離れている。西武は、新宿駅への乗り入れが悲願だったが、結局、果たせず仮駅だった西武新宿駅が現在のような新宿線のターミナルとなった。日本最大の歓楽街歌舞伎町に立地している。
 2面3線のホームがあり、主に1番線2番線が特急、急行、3番線が普通列車の発着となっている。
 西武新宿を出ると次が高田馬場。JR山手線との接続駅であり、乗降者数では西武新宿駅を上回る。田無、小平、東村山、所沢などを経て本川越との間47.5キロを結んでいる。

f:id:shashosha70:20200919144649j:plain

(写真2 小川駅拝島線ホーム)

拝島線
 新宿線小平と拝島を結ぶ路線。14.3キロ。8駅。
 小平を出ると、すぐに多摩湖線接続駅の萩山、国分寺線接続駅の小川と続く。玉川上水では多摩都市モノレールと接続している。玉川上水には車両基地があり、小平からここまでは複線だが、この先は単線となる。なお、この拝島線は、小平から玉川上水に延伸した当時は上水線と呼ばれていたようだ。

f:id:shashosha70:20200919144805j:plain

(写真3 玉川上水付近の車両基地)

 玉川上水を出るとその玉川上水と並行しながら拝島へと至る。拝島はJRとの共同使用駅で、大きな駅。2階のコンコースに改札口が並んでおり、ホームもJRからの連番で、拝島線は6番7番。ちなみに、JRは青梅線・五日市線・八高線の3線が乗り入れている。
 西武新宿からの列車が直通運転しており、急行が頻繁に発着している。新宿線としては本線の本川越に次ぐ終端駅ではないか。

f:id:shashosha70:20200919144853j:plain

(写真4 拝島駅。JRとの共同使用駅)

多摩湖線
 国分寺から萩山を経て西武遊園地までを結んでいる。全長9.2キロ、7駅。
 国分寺駅は、JR中央線の改札口を挟んで、多摩湖線と国分寺線が対置している。おそらく多摩湖線と国分寺線は線路はつながっていないのでないか。

f:id:shashosha70:20200919145007j:plain

(写真5 国分寺駅7番線多摩湖線ホーム)

 多摩湖線のホームは、1面1線の7番線。JR駅に突き当たるようになっている。国分寺を出ると一橋学園、青梅街道を経て萩山。拝島線との接続駅で、多摩湖線は左にカーブして萩山に入る。なお、武蔵野線は青梅街道付近では地下になっているからわかりにくいが、新小平駅も近いはずだ。

f:id:shashosha70:20200919145136j:plain

(写真6 西武遊園地多摩湖線ホーム)

 八坂を出ると国分寺線の線路を跨いだ。続いて武蔵大和の次が終点西武遊園地。1面2線のホームがあり、ホーム端に同じレベルで山口線AGT路線のホームがある。西武園ゆうえんちの最寄り駅だが、このあたりの呼称はややこしい。

f:id:shashosha70:20200919145331j:plain

(写真7 国分寺駅。左下が国分寺線、正面奥が多摩湖線。電光掲示板、国分寺線には6両4ドア、多摩湖線には4両3ドアなどの表示がある。背中側がJRの改札)

国分寺線
 もう一度国分寺に戻って次は国分寺線。国分寺線の線路はJR線と並行した位置関係。現在は行き止まりになっているが、かつてはJR線に渡れたらしい。

f:id:shashosha70:20200919145448j:plain

(写真8 国分寺線。線路は突き当たっているが、奥にJR中央線の電車が見える)

 小川で拝島線とクロスし、さっき跨いだ多摩湖線の下をくぐって東村山。
 全長7.8キロ、起終点を含めても5駅と小さい路線ながら、実は西武線でもっとも古い路線。開業は川越鉄道時代の1894年。

f:id:shashosha70:20200919145634j:plain

(写真9 東村山駅ホーム。左が西武園行き電車)

西武園線
 東村山から枝分かれして一駅西武園を結んでいる。2.4キロ。東村山を出ると左に分岐。2面3線のホームがある。大半が線内折り返し列車。西武園競輪場がある。

f:id:shashosha70:20200919145740j:plain

(写真10 西武園駅前。正面奥が競輪場)

 ここまで西武線に乗って気づいたこと。
 幹線を除けば発展過程に任せたような小さな路線が多いが、どの路線も運転本数は多く、平日の日中にもかかわらず乗客の乗降が多い。各路線間のダイヤの組み方は緊密で、乗り換えはすこぶる便利。沿線にはどこまで行っても住宅が広がっている。
 この日は、「西武線1日乗り降り自由」(武蔵横手-西武秩父間および多摩川線各駅を除く)という乗車券を利用した。千円。(2020年9月10日取材)

f:id:shashosha70:20200919145842p:plain

(写真11 西武線路線図=西武鉄道ホームページから引用)

池袋線系

f:id:shashosha70:20200918141118j:plain

(写真1 狭山線の終点西武球場前駅のホーム。柱には所属選手の名前・背番号・写真)

西武線全線に乗る①

 西武鉄道は、大手私鉄。旅客営業距離は176.6キロ、東京都北西部と埼玉県南西部に12路線を有する。営業距離では、1位の近鉄501.1キロ、2位の東武463.3キロ、3位の名鉄444.2キロには遠く及ばないが日本の大手私鉄で5番目。
 池袋線と新宿線が幹線で、12の路線はほぼこの二つの幹線の系統に大別できる。ただし、幹線を除けば大半の路線が10キロ未満と短い。なお、この線系は便宜上私が勝手に分類したものであり、一般に通用するものかどうか、いわんや西武が区分しているものではないから念のため。また、多摩川線だけは、他の西武線と一切接続しないところから独立した系統とみることができる。同様に、AGT路線である山口線も他の線系にくくることは難しいようだ。なお、駅でも車内でも路線にかかわらず案内では単に西武線とくくって呼んでいる。利用者も同様のようだ。ここでは小路線を中心に乗ってみよう。
狭山線
 まず狭山線(4.2キロ)。池袋線の西所沢から枝分かれしている路線で、西武球場前との間を結んでいる。池袋線は線区上は池袋-吾野間だが、そのまま延伸して西武秩父線の西武秩父まで運転されている。途中、所沢で新宿線とクロスしている。
 所沢の次の西所沢を出ると下山口を経てすぐに終点西武球場前。駅数は3。所要わずかに6分。この辺まで来ると、一帯は狭山丘陵であり、住宅は続いているものの緑が多くなったようだ。
 狭山線は単線で、大半は線内折り返し列車だが、一部に池袋からの直通列車もあり、特に埼玉西武ライオンズの試合に合わせて増発もされるようだ。

f:id:shashosha70:20200918141223j:plain

(写真2 西武球場。メットライフドームの愛称がある)

 西武球場前駅は、野球開催日を想定して幅の広いホームで、その名の通り、改札を出ると目の前がドーム。

豊島線
 豊島線は、池袋線の練馬から豊島園の間を結んでいる。営業距離はわずかに1キロ。大半が池袋からの直通列車。普通のみ。もとより遊園地である豊島園へのアクセス線だったが、遊園地は2020年8月31日をもって閉園となった。

f:id:shashosha70:20200918141330j:plain

(写真3 豊島園駅ホーム。「としまえんは閉園しました」の看板が寂しい)

 単線で、沿線は住宅地。8両編成。終点豊島園の駅前はその名の通り豊島園。なお、余計なお世話と言われるかもしれないが、全線練馬区内にあり、豊島区ではないので念のため。武蔵野鉄道といっていた1927年の開業当初は北豊島郡に所属していた。また、都営大江戸線の豊島園駅は5分ほど離れている。都営側はなぜ西武と同じ駅名にしたものか。隣接しているものと誤解されやすい。

f:id:shashosha70:20200918141418j:plain

(写真4 豊島園駅外観)

西武有楽町線
 豊島園で折り返しの池袋行き列車に乗ると、わずか2分で練馬。3番線到着で、反対側4番線で西武有楽町線列車が待っている。同じホームだから問題ないが、到着から発車までわずか1分。良すぎるくらいにとても連絡がいい。
 列車は有楽町線直通新木場行きで、発車するとすぐに地下に潜り新桜台を経て小竹向原。ここまでが西武線。この先に有楽町線としての池袋駅があるが、都心へ向かう者にとっては、大ターミナル池袋駅の混雑を避ける上でも利用者が多い。(2020年9月10日取材)

f:id:shashosha70:20200918141546j:plain

(写真5 2020年8月31日をもって閉園となった豊島園入り口)

秋の果実

f:id:shashosha70:20200916102837j:plain

(写真1 たわわに実をつけた柿)

実がなって初めてわかる

 暑さ寒さも彼岸までとはよく言ったものだ。朝晩が涼しくなったし、日中の暑さも峠は越したようだ。
 朝のウォーキングでは、半袖のTシャツ1枚ではちょっと肌寒いくらいだ。もちろん、歩いているうちに汗ばんではくるが。
 木に咲く花はほんとうに少ない。1年で最も少ない時期かもしれない。目立つのは、サルスベリが頑張っているくらいか。この花は花期が長い。
 花は少ないが、実がなり始めた。柿が色づき始めた。ただし食べごろになるにはまだ随分と時間がかかる。

f:id:shashosha70:20200916102932j:plain

(写真2 みかん)

 みかんの実も大きくなってきている。まだ色づいてはいないが。栗には殻が割れ始めているものもある。
 それにしても我ながら勝手なもので、ほんの数ヶ月前に咲いていた花がもうあやふやだ。みかんやりんごくらいは思い出せるが。逆に、実がなって初めて何の花だったか気がつくということもある。
 果物は総じて好きで、梨、ぶどう、りんごはもう食卓に上っている。柿やみかんも早く熟してほしいものだ。
 ただし、果物とはいえ果糖があるから血糖値を気にしている者としては食べ過ぎに注意しなければいけないし、好物を前にして我慢するのはつらい。

f:id:shashosha70:20200916103024j:plain

(写真3 殻が割れ始めたものもある栗)

『使える!用字用語辞典』

f:id:shashosha70:20200902100847j:plain

マスコミ用語担当者がつくった

 国語辞典ほどの頻度はないが、用字用語辞典も座右に置いて日常的に使っている。もちろん言葉の意味を調べるためではなく、送り仮名や常用漢字などの、もっぱら確認のためである。
 私が書く文章は、小説や詩などの創作ではなくてあくまでもブログの記事。難しい言い回しや普段遣われることの少ない漢字などは極力避けている。だから、用字用語辞典も新聞社発行のものを使っている。
 このたび刊行された用字用語辞典は、全国紙の校閲担当者ら日本新聞協会新聞用語懇談会のメンバーが執筆したもの。
 つまり、用字用語の基本は、新聞社発行の用字用語辞典と同じなのだが、構成が随分とユニーク。私が使っている新聞社発行の用字用語辞典では、用字用語を中心に漢字表や外来語で構成され、それぞれが独立して載っている。他に資料として、誤りやすい用字などが収録されている。
 これに対し、本書は、同じマスコミ系の用字用語辞典ながら、用字用語も、カタカナ語も、あるいは芸能人の人名や会社名、国内に限らず世界の地名までもが、すべて五十音順に配列されている。しかも、それぞれの用語の簡単な意味までもが付されている。
 言わば、用字用語辞典に現代用語事典、簡単な国語事典までもが一冊にまとめられている。収録されている見出し総数は1万4524にのぼっている。このため、総ページ数は約900にも及んだ。
 しかし、これが便利かというと、ひとくくりにはできなくてそれぞれの使い方によるのだろうと思われる。オールインワンがいいという人には向いているのだろうが、私のように、用字用語常用漢字だけを確認したいだけの者にとっては、見出し語の数が多すぎてはなはだ使い勝手が良くない。どだい、例えば、四国銀行頭取の名前なんて確認を必要とする人はどれほどいるのであろうか。山元という名字例として出したのだろうが、ここまで含めると便利さよりも煩瑣さが先に立つ。

 なお、この「煩瑣」は本書では「煩雑」に置き換えろと用例を指摘している。しかし、私は新聞記事を書いているわけでもなし、適当なボキャブラリの広がりは文章の味わいにもなることだし、大目に見てもいいのではないかと思っている。

 まあ、辞書はそれぞれに良さがあるもの。もう少し使ってみよう。
(三省堂刊)

高山羽根子『首里の馬』

f:id:shashosha70:20200913114304j:plain

(写真1 受賞作所収の「文藝春秋」9月号)

芥川賞受賞作
 面白い。ただし、エピソードは奇抜。あまり考えすぎると難解になってしまう。しかし、話題はさらりと出てくるが、よくよく考えると意味は深長だ。読みやすいからどんどんと進むと陥穽にはまる。
 未名子は、順さんという老婦人が個人的にやっている『沖縄及島嶼資料館』で資料整理の手伝いを行っている。中学生のころからで、もう十数年にもなる。資料館には「未名子の暮らす場所の周辺にあった、現在に至るまでのあらゆる記録がつまっている」し、未名子は資料をスマートフォンで撮影し、データをマイクロSDカードにファイルしていった。
 資料館でのボランティア活動とは別に未名子の仕事は一風変わったもの。市の中心にあるスタジオで、パソコンに向かい、定められた時間、遠方にいる登録者にクイズを読み、答えさせること。スタジオには未名子ひとり。東京にいるカンベ主任から必要な材料が宅配便で送られてくる。怪しげな仕事ではある。
 問題はカンベ主任から送られてくるマイクロSDカードに入っており、問題を読む未名子と、答える相手は常に一対一で、相手はいつも同じではなかった。未名子と相手はたいてい一回の通信で、二十五問の出題と解答を行う。
 仕事の正式な名称は『孤独な業務従事者への定期的な通信による精神的ケアと知性の共有』といい、略称は問読者(トイヨミ)。
 問題は、「小さな男の子、太った男。――そしてイワンは何に?」といったもので、問題はひねってあり、深読みしないと正解は難しい。この場合の正解は「皇帝(ツアーリ)」。
 答える相手は、遠い異国の人のようで、コーカソイド系の男性だったり、極地の付近に暮らしているような女性だったり、中央アジア系の青年だったり。日本語を母語とはしていないが、日本語は話せる人たち。
 ある朝、未名子の家の庭に小さな馬が迷い込んでいた。どうやら宮古馬(ナークー)という沖縄在来の馬のようで、小さいし、速く走ることもできないらしい。
 馬を手なずけた未名子はヒコーキと名づけ、やがてヒコーキにまたがりゆらゆらと歩くようになった。ヒコーキと自分にはカメラを装着し、目に入るものすべてを記録に取ろうとした。
 やがて未名子は仕事を辞めることにし、マイクロSDカードに貯め込んでいたデータを、問読者に送って保存しておいて貰うことにした。ファイルは「私の住んでいる島のアーカイブ」だった。
 読み飛ばせないフレーズが多い。
 かつての外国人住宅――といったって、それができた当時、ここは日本にとって外国だったから、厳密にはその呼称はまちがっている気がするけれども――
 この地域には、先祖代々、ずうっと長いこと絶えることなく続いている家というものがほぼなかった。英祖による王統で中心の都だったとされるこの地の歴史は、現在までとぎれとぎれの歯抜けになっていた。かつて廃藩置県、つまり琉球処分で区画が引かれなおして、そのうえ太平洋戦争では日本軍が那覇・首里に沖縄戦の要衝を置き、その前哨地として、ひどい激戦が続いた。ここらあたりの建物はほぼ全壊、どころか跡形もなく消え去った。
 この島にはずっと昔から今に至るまで、ほんとうにたくさんの困難が集まってき続けた。
 ふと未名子は自分自身にはそういう肖像写真がなかったんじゃないだろうかと気づく。未名子が生まれすぐに命を落とした母親とはもちろんのこと、父といっしょの写真もおそらくほとんど残っていない。肖像のない家族。証明として記録されていない自分自身の血族。
 結局、未名子の願いは、「この島の、できる限りの全部の情報が、いつか全世界の真実と接続するように。」ということ。
 このため、未名子は、「未名子が貯めて保存したデータはすべて、宇宙空間と戦争のど真ん中にある危険地帯のシェルター、南極の深海、そうして自分のリュックに入ったぎっしりのマイクロSDカードにカーボンコピーとして入っていて、いつだれが読んでもいい、鍵のないオープンなものにしてある」のだった。

 ここから先、鹿爪らしく解説を試みれば、いかようにも述べられるだろうが、そのどれもが正鵠を射るようには思われない。
(「文藝春秋」9月号所収)

優雅にコウノトリ

f:id:shashosha70:20200908171145j:plain

(写真1 飼育中のコウノトリ)

千葉県野田市こうのとりの里

 小学生の孫に無類の鳥好きがいて、コウノトリが見たいというので一緒に出かけた。
 千葉県野田市にあるこうのとりの里。利根川の流域にあり、江戸川と結ぶ運河にも近いところだった。広大な畑地や森の広がる自然環境にあった。
 コウノトリの繁殖や育った鳥の放鳥も行っている。試験放鳥では本格的な野生復帰に移行するかどうかの検証も行っているという。

f:id:shashosha70:20200908171233j:plain

(写真2 ガラス越しに見学もできる観察棟の様子)

 観察棟では、飼育されている親鳥2羽が観察できた。この2羽はつがいなそうである。この2羽の幼鳥2羽は別の場所で飼育されていた。

f:id:shashosha70:20200908171320j:plain

(写真3 羽を広げたコウノトリ)

 コウノトリはとても大きくて、全長が100~115センチ、翼を広げた長さが160~200センチにもなる。体重は5キロほどというからなるほど鳥にしては大きい。全体が白く、尾の部分が黒い。くちばしが黒く大きくて、目の周りだけが赤い。とても美しく、羽を広げると優雅である。

f:id:shashosha70:20200908171426j:plain

(写真4 大きなくちばしと鋭い目)

 ドジョウやカエル、ヘビ、バッタ、トンボなど田んぼや水路、河川、湿地などの水辺にいる生き物たちを食べているといい、肉食だということである。
 面白いのは、大人のコウノトリは鳴かないのだそうで、警戒したときなどにくちばしをカタカタとたたき合わせる「クラッタリング」をするということである。
 ロシア、中国、韓国、日本など東アジアに分布しているが、日本では一時野生下では絶滅したが、その後放鳥もできるようになり、現在では全国で80羽ほどが生育しているという。なお、世界でも2,000~3,000羽しかいなく、絶滅の危機にあるそうだ。
 この施設では2012年から多摩動物公園から譲り受けた2羽を手始めに飼育していて、関東では初めての放鳥も実施している。
 この日は、大空に舞う姿は見られなかったが、コウノトリは縁起のいい鳥でもあり、自然との共生ということでも、是非個体数を増やしてほしいものだと思った。(2020年9月5日取材)

f:id:shashosha70:20200908171514j:plain

写真5 こうのとりの里の観察棟)

日暮里・舎人ライナー

f:id:shashosha70:20200906160305j:plain

(写真1 上り列車とすれ違う見沼代親水公園行き下り列車)

都営のAGT路線

 山手線・京浜東北線・常磐線・京成線が接続する日暮里(荒川区)と見沼代親水公園(足立区)を結んでいる。都心からほぼ一直線に北へ伸びる路線で、全長9.7キロ、駅数は13。公営交通のAGT(新交通システム)としては唯一の路線。いわゆる案内軌条式鉄道である。ちなみに、日暮里は常磐線の起点駅である。

f:id:shashosha70:20200906160352j:plain

(写真2 日暮里駅ホーム)

 日暮里を出ると隣の西日暮里までは山手線・京浜東北線と並行し、そこからはまっすぐ都心北東部を抜けている。全線に渡って尾久橋通りを高架で走っている。西日暮里は、千代田線との乗換駅。
 三つ目の熊野前は、都電荒川線(東京さくらトラム)との乗換駅。改札口を出ると目の前に都電の停留所がある。

 頻繁に上り列車と行き違う。列車の運転本数が多いようで、駅間距離も短いし、まるで都電のようだ。だからだろうが、平日の日中ながら乗る人、降りる人が続いている。これも都電の様子だ。

f:id:shashosha70:20200906160501j:plain

(写真3 荒川を渡る。左が首都高の高架。右は隅田川)

 次に隅田川を渡り、中之島のような足立小台を間に挟んで荒川を渡る。このあたりでは二つの川が並行している。隅田川と荒川がこれほど接近しているところもないのではないか。また、首都高中央環状線の高架をくぐると扇大橋。

 高野、江北を経て西新井大師西では右窓遠く西新井大師本堂の大屋根が見えた。しかし、ここを西新井大師への最寄り駅とするには少々遠いかもしれない。
 舎人公園駅には車両基地があるらしいが、地下になっているようでそれらしい様子はうかがえなかった。

f:id:shashosha70:20200906160544j:plain

写真4 尾久橋通り上にある見沼代親水公園駅)

 舎人を経て終点の見沼代親水公園。やはり尾久橋通り上にある橋上駅。駅前に駅名になっている親水公園があった。小川のほとりが遊歩道になっている。そもそもは見沼代用水の一部を引き込んだものらしい。(2020年9月3日取材)

f:id:shashosha70:20200906160631j:plain

(写真5 駅前にある親水公園)