ABABA’s ノート

旅と鉄道、岬と灯台、読書ときどき映画あるいは美術に関するブログです。

金沢を南へ北へ北陸鉄道

f:id:shashosha70:20171208140556j:plain

(写真1 石川線の起点野町駅)
石川線と浅野川線
 福井からは北陸本線で金沢へ移動した。金沢駅に降り立つと一層賑わいが増しているようだった。外国人観光客の姿も多い。
 金沢はたびたび訪れていて積極的に見物したいところもないし、雨も降っているしということで久しぶりに北陸鉄道に乗った。
 北陸鉄道は、金沢市を中心に二つの路線を運営する中小私鉄。かつては、十幾つもの路線を有し、市内電車も北鉄の運行だった。
石川線
 まずは石川線。やはり変遷の大きい路線で、かつては白菊町-加賀一の宮間を結んでいたが、初め白菊町-野町間が廃線となり、近年鶴来-加賀一の宮間が削られた。つまり、起点側と終点側で短くなったのである。
 11月29日。石川線の起点野町駅。香林坊からなら犀川大橋を渡り、西茶屋街をちょっと過ぎたあたり、奥まったところにある。バスなら5分とかからない。建物はオーバルな外観で、鉄道駅とバスの待合室を兼ねており、駅前はバスのターミナルとなっている。
 ホームは片側1線。もう1本あるのだが、まったく使われていないようだ。
 7時41分発鶴来(つるぎ)行き。2両の電車ワンマン運転。いったん新西金沢へ。発車したときには空いていたが、ここで高校生がどっと乗り込んできた。この駅は北陸本線西金沢駅との接続駅である。
 石川線は金沢平野を南下し、山の端へと向かう路線。全線13.8キロ、駅数は17である。金沢の郊外の住宅地を進んでおり、野々市工大前で高校生の大半が下車した。
 そうこうして鶴来到着。8時10分。現在の石川線終着駅である。私はこの線に乗るのは二度目だが、かつては路線はこの先加賀一の宮駅まで伸びていた。加賀一の宮駅は白山比咩(しらやまひめ)神社への最寄り駅で、なかなか風情ある駅舎だった。もう7年になるか、鶴来駅の先の橋梁が落ちてしまい、復旧には莫大な費用がかかるところから廃線に追い込まれた。

f:id:shashosha70:20171208140702j:plain

(写真2 石川線の終点鶴来駅)
浅野川線
 鶴来から折り返し、新西金沢駅で北陸本線西金沢駅に乗り換えた。西金沢駅は高架になり真新しくなっていた。西金沢からは一駅だけ乗り金沢へ。
 金沢駅は、駅前広場に巨大な木造のアーチが組まれていて独特の景観を見せている。この広場には地下にも広場があって、この地下広場に面して北陸鉄道浅野川線の起点、北鉄金沢駅がある。石川線と浅野川線の二つの路線は同じ北陸鉄道だが、どこでも接続していないのである。
 北鉄金沢駅は、1面2線のホーム。この鉄道会社のやり方なのだろうが、折り返し列車が到着し、乗客が降り終わって発車の準備が整うまで改札は行われなかった。安全上のこともあるのだろうし、こういうやり方の駅はよくある。
 浅野川線は、金沢から北へ日本海へと向かう路線。全線6.8キロ、駅数12の短い路線である。
 9時24分の発車。2両の電車ワンマン運転。下りだし、時間も時間だから高校生の姿もなく列車は空いている。
 列車は浅野川と並行して走っている。終点内灘の手前で川を渡った。河口に近いし大河となっている。多くの漁船が係留されている。もう少し下れば金沢港である。
 そうこうして内灘到着9時41分。駅前には取り立てたようなものもなく、雨も降っているしすぐに折り返した。

f:id:shashosha70:20171208140802j:plain

(写真3 浅野川線の終点内灘駅)

福井を東へ北へ走るえちぜん鉄道

f:id:shashosha70:20171206150504j:plain

(写真1 勝山永平寺線の車窓から九頭竜川とその先に白山の真っ白な頂=小舟渡付近で)
観光資源どう生かす
 えちぜん鉄道には、勝山永平寺線と三国芦原線の二つの路線がある。これらはかつて京福電鉄が福井県下で運営していた路線を継承したもので、えちぜん鉄道は沿線自治体が中心となって出資した第三セクター会社である。
  勝山永平寺線は、福井駅と勝山駅を結ぶ全線27.8キロの路線。駅数23。京福時代には越前本線と呼ばれていた。また、三国芦原線は、福井駅から二つ目の福井口駅で分岐し三国港駅間25.2キロを結ぶ路線で、駅数は22。

f:id:shashosha70:20171206150759j:plain

(写真2 三国芦原線の終着駅三国港駅前は大河九頭竜川の河口)
三国芦原線
 11月28日。初めに三国芦原線に乗った。福井鉄道福武線で田原町駅まで行き、三国芦原線に乗り継いだ。
 田原町(たわらまち)駅は、軌道線の福武線と鉄道線の三国芦原線のホームが並んでおり、平面で乗換ができるから便利。出札窓口は別々にあるが一体の駅のように受け止められる。もっとも、三国芦原線と福武線との直通相互乗り入れ運転も行っているほどだから当然か。なお、福武線側では新しい商業施設の建設工事が行われていた。
 福井駅から来た三国港行きに乗車。9時48分の発車。1両の電車。ボックスシートである。若い女性の車掌が乗務している。美人で、すらりと背が高くスタイルがいい。少しして気がついたが、ドア扱いなどは行っていなくて、乗車券の取り扱いや乗降サービスなどを行っていた。車掌ではなくて、アテンダントと呼ぶようだ。
 列車は、福井平野をひたすら北上している。しばらくしてあわら湯のまち駅到着。芦原温泉への最寄り駅だが、乗車、降車ともに乗客は少なかった。三国芦原線に平行して北陸本線が走り、そちらにも芦原温泉駅があるが、温泉街には三国芦原線の方が断然近いのだが、いずれにしても電車の利用者は少ないようだ。
 あわら湯のまちを出ると、ほどなくして終点の三国港(みくにみなと)駅到着。片側1線のホーム。ここでも降車客はほんの数人と少なかった。駅前からはバスが出ていて東尋坊まで10分ほどなのだが、ここでも旅行者は観光バスを利用しているようで、芦原温泉、東尋坊と名だたる観光地を擁しているにしてはちょっとさびしかった。たまたま時間帯が悪かったのかも知れないが。
 三国港は古くから開けた港町。ちょうど九頭竜川が日本海に注ぎ込む河口に位置しているが、どこからが海なのか判然としないほどのいかにも大河。魚市場の岸壁は九頭竜川に沿っているようだった。
勝山永平寺線
 東尋坊を見物して再び三国芦原線で福井口まで戻り、勝山永平寺線に乗り換えた。乗り換え時間が1分しかなかったのだが、同じホームの対面同士だからこういう設定にしたものであろう。
 やはり1両の電車のワンマン運転。同じようにアテンダントが乗務している。若い女性でやはり美人。さっきもそうだったが、アテンダントはとても親切。お年寄りの乗降などをサポートしている。
 勝山永平寺線は、福井から東へ向かう路線。地図で見ると、JRの越美北線と山を挟んで並行している。
 途中に永平寺口駅。永平寺への最寄り駅だが、下車したのはほんの数人。バスの連絡が悪いせいだろうが、そもそも電車とバスを乗り継いでくる人を想定していないような設定だ。かつては、ここから永平寺まで永平寺線があったが随分昔に廃線になった。
 三国芦原線もそうだったが、勝山永平寺線も含めてどうもえちぜん鉄道は、観光客を鉄道に引き込もうという積極的な運用には見えてこなかった。折角の観光資源がもったいないように思えた。
 小舟渡あたりからか、九頭竜川が左窓に寄り添い、その先に純白の山が遠望できた。白山である。富士山、立山と並んで日本三名山と呼ばれるが、霊峰と呼ばれるだけにいかにも神々しくこのあたり絶景である。
 そうこうして勝山14時19分の到着。なかなか風情のある駅舎で、テキ6という古い電気機関車が展示してあった。かつては、ここからさらにに先へ大野まで路線は伸びていたらしい。私は勝山駅に降り立ったのは3度目だが、勝山から先への路線にはすでに廃線になっていて乗ったこがない。
 駅周辺をふらふらしていたら、九頭竜川が流れていた。勝山橋といった。駅前にはそば屋があったが、すでに昼の営業時間は過ぎていたせいか、やっていなかった。越前のおろしそばは辛いことで知られるが、越美北線の越前大野で食べたときには火が出るようで、女将にそのように感想を述べたら、「うちらのあたりはこれがあたりまえ」と軽くあしらわれたものだった。大根の辛さでこれほどのものは滅多にないものであろう。

f:id:shashosha70:20171206150908j:plain

(写真3 勝山永平寺線の終着勝山駅)

武生と福井を結ぶ福井鉄道福武線

f:id:shashosha70:20171205180153j:plain

(写真1 福武線福井駅。3線のホームがありちょっとしたターミナル的存在だ)
鉄道線と軌道線が連続する路線
 このたびの北陸旅行では、随分と鉄道にも乗った。乗りつぶしたといってよいほどだった。
 まずは武生と福井を結ぶ福武線。福井鉄道唯一の鉄道路線で、一部区間が軌道線となっており、都市間鉄道である。越前市の越前武生駅と福井市の田原町駅間20.9キロと、途中、分岐して市役所前-福井駅間0.9キロの区間がある。

f:id:shashosha70:20171205180223j:plain

(写真2 越前武生駅。2面3線櫛形のホームである)
 起点の越前武生駅は、JR武生駅から並行して福井寄りに徒歩10分ほど離れたところにある。
 私は福武線に乗るのはこれで3度目だが、かつては越前武生駅は武生新という駅名だった。2010年に変えたもののようで、この時に同時に西武生を北府へ、上鯖江をサンドーム西、福井新は赤十字前となり、裁判所前停留所を仁愛女子高校停留所に改称している。また、スポーツ公園駅を開業させた。
 11月28日。越前武生駅は2面3線櫛形の高架ホーム。8時00分発福井駅行きに乗車。通学の高校生で満員だが、一つ目の北府でどっと降りてしまい空いた。
 列車は2両連接のワンマン運転。運転席は車両中央にあり路面電車タイプだが、ゲージは1067ミリ。鉄道線の駅はともかく軌道線の停留所に着くと補助のステップが降りる仕組みとなっていた。
 福井平野を北上していて、国道や北陸本線と並行している。宅地が続いているが、時折途切れると田んぼとなった。
 しばらくは鉄道線として走っていたが、赤十字前駅を出て路面に乗り入れた。このあたりが鉄軌分界点で、次の商工会議所停留所からは軌道線いわゆる路面電車となった。
 市役所前停留所で乗客が下車すると、田原町駅には直進せずスイッチバックして福井駅に向かった。進行方向右折したわけだが、その福井駅の停留所も移動したようで、かつては駅からやや奥まった道路上にあったものが、JR福井駅西口広場まで延伸されて乗り入れるようになっていた。3線のホームがあり、ちょっとしたターミナル的存在だった。2016年に開業したとのこと。ここまで所要約50分。
 乗ってきた電車は福井駅止まりだったので、次の列車を待って田原町行きに乗った。市役所前で再び停車してそのまま直進した。そうこうして田原町駅到着。福井鉄道の終着駅で、福井駅からは三つ目、わずか10分ほどのところである。
 かつては武生から田原町へ直進する列車があったが、現在はすべての列車が福井駅に寄るようになっていた。
 しかし、田原町から福井駅へ向かう場合はともかく、越前武生から福井駅へ行くには市役所前停留所でスイッチバックしていたのでは面倒で、現在、市役所前停留所の直前で右折し福井駅へと短絡する工事が行われていた。つまり、市役所前停留所の前後でトライアングルの構造になるわけで、市役所前停留所を二度通るようなことはなくなる。なお、市役所前から福井駅の区間は支線扱いで、通称ヒゲ線などと呼ばれていたが、工事が終了しトライアングル構造になるとどういう愛称がつくのだろうか。
 田原町駅は、えちぜん鉄道三国芦原線との接続駅。しかも、一体のような運用が行われており、事実、福井鉄道とえちぜん鉄道との間で相互直通運転も行われるようになっていた。

f:id:shashosha70:20171205180331j:plain

(写真3 福武線の終着駅田原町。えちぜん鉄道との接続駅である)

雄大な越前岬灯台

f:id:shashosha70:20171205093311j:plain

(写真1 越前岬灯台全景)
大きなこぶが日本海に張り出した岬
 立石岬からの帰途は、越前岬へ向かった。敦賀半島を南下していったん湾奥の敦賀港まで戻り、敦賀湾を回り込むように北上した。途中、敦賀半島が対岸に見えたが、立石岬灯台ははっきりとは視認できなかった。敦賀湾を一回りするのに約1時間を要した。そこからさらに北上をひたすら続けたが、途中、若狭湾が左にどこまでも広がって美しい風景だった。ただ、小さな集落が連続し狭くくねくねした道が多かったから随分と時間がかかった。
 越前岬は、福井県丹生郡越前町所在。越前海岸の中心に位置するのだが、鋭く突き出ているわけでもなく、大きなこぶが日本海に張り出したような様子だから、岬の形状としての風情にはやや弱い。
 しかし、国道沿いに越前岬灯台への登り口を示す看板があって、海岸から急な坂道を登ると一気に眺望が開けた。越前岬灯台で、実に雄大な風景である。周辺は公園になっていて、水仙ランドが人気である。

f:id:shashosha70:20171205093419j:plain

(写真2 後背地から望んだ越前岬灯台と日本海)
 灯台の後背地まで登ると、灯台と日本海が眼下に一望できた。これほど大きく灯台を見渡せるところも少ない。高さは200メートルにもなるのではないか。海蝕崖のようだが、荒々しくはだけた岩山が海に突き出ている。
 姿のいい灯台だ。白亜の円筒形の灯台がすっくと建っている。灯高が16.27メートルとある。鉄筋コンクリート造だということである。灯火標高が131.46メートルというからやはり高い位置にある。敦賀海上保安部が建てた解説板によると、実効光度が20万カンデラ、光達距離は21.0海里(約38.9キロメートル)とある。また、灯台の位置は北緯35度58分51秒、東経135度57分40秒とある。
 ここ越前岬灯台と、対置する丹後半島の経ヶ岬灯台を結ぶ線が若狭湾の範囲だというから、若狭湾とは随分広いものだ。相模灘、駿河湾に匹敵するのではないか。
  実は、この越前岬灯台を訪れたのはこれが三度目で、前回訪れたときには灯台は移設工事中だった。解説によれば、この灯台は二代目で、2008年11月21日に完成点灯したとある。その時には、灯塔は2本立っていて、工事中のものはシートに覆われていたから、完成の少し前だったのであろう。
 なお、初代は1940年3月29日初点というから、戦前ではあるが比較的新しいもののようだ。あるいは軍事上の必要性が緊迫していたのかも知れない。
 この頃、不動まゆう著『灯台はそそる』などを読んで灯台そのものへの関心も高まっていて、その目で越前岬灯台を見ると、この灯台には遮蔽板がなくて、360度光を発することができるように見えた。知識が乏しいので確信はないが。また、初代のものはフレネルレンズだったらしいが、改築された際に変更されたようで、現在のものはLB-M30型灯器とある。なお、初代のフレネルレンズは灯台の斜め前にある水仙の館という観光施設に展示してあるということだったが、建物が台風被害を受けて閉鎖されていて見ることができなかった。
 私は岬好きの灯台ファン。灯台がなくてもいい岬があれば訪ねてみたくなる。もちろんいい岬にはいい灯台があるものだし、灯台があった方が風情が増す。不動さんは灯台のない岬には足を向けないのだろうか。
 ところで、越前岬からは福井市街を目指したのだが、岬からほど近いところ呼鳥門の付近にあるレストハウスが面白い。土産物屋を兼ねた食堂なのだが、ここのトイレの個室が和風庭園付なのだ。使ったことはないが、のぞいてみる価値はある。

f:id:shashosha70:20171205093513j:plain

 (写真3 越前岬灯台付近の荒々しい風景)

敦賀半島最北端の立石岬灯台

f:id:shashosha70:20171203160037j:plain

(写真1 敦賀半島最北端に建つ立石岬灯台)
若狭湾西側に突き出た半島
 このたびの北陸旅行では、まず初めに立石岬を訪ねた。
 立石岬は、福井県敦賀市所在。大きくは若狭湾の西側に小さく突き出た敦賀半島にあり、その突端で立石岬灯台が敦賀湾を守っている。湾奥には敦賀港がある。
 11月27日11時30分、北陸本線敦賀駅前をレンタカーで出発。敦賀湾の東岸をどこまでも北上していった。小さな湾だし、この日は風がなかったせいでもあるのだろうが、海上がとても穏やかだ。せいぜい数キロ程度か、すぐ対岸が越前海岸である。途中、岬の付け根に敦賀原発があった。テロでも警戒しているのか、写真を撮ることも拒まれた。また、半島の反対側には美浜原発もあり、このあたりはまるで原発銀座だ。
 約20分で行き止まり。立石漁港である。ここから徒歩で海伝いに進むと約10分で灯台への登り口。見上げるように急な石の階段が続いており、喘ぎながら登った。この日は陽気も良かったから、帽子もマフラーもコートも脱いでも汗ばむほどだった。
 20数分も登ってやっと灯台の頭が見えてきた。さらに踏ん張って頂上に出た。眼下に敦賀湾が一望にできた。美しい風景だ。大変眺望の良いところで、どうやら敦賀湾の湾口に位置するらしく、船舶がしきりに往来しているのが見て取れる。右手つまり南が敦賀港で、左手つまり北には若狭湾が望めた。対岸には越前海岸が大きくはだかっている。

f:id:shashosha70:20171203160231j:plain

(写真2 敦賀湾を眼下に望む。対岸にはだかるのは越前海岸)
 灯台は真っ白。三段になった塔形で、最下部は石造りになっている。灯高は7.95メートルとさほど高くはないが、何しろ海面からの灯火標高が122メートルとあって、敦賀湾に出入りする船舶にとっては重要な位置をになっていることがわかる。
 1881年の初点で、石造り灯台としては初めて日本人の手によって設計から施工まで行われた洋式灯台だとのこと。当初はフレネル式レンズが使われていたらしいが、現在はLB-40型灯器に変わっていた。燈光会が設置した看板によると、灯台の位置は北緯35度45分44秒、東経136度01分07秒で、光り方は単閃白光毎10秒に1閃光、光りの強さ15.0万カンデラ、光りの届く距離20.5海里(約38.0キロメートル)とあった。
 灯台の敷地はさほど広くはなく、かつてはここに灯台守の官舎があったというが、ちょっと想像しにくかった。敷地内には日時計があって、ちょうど午後1時を指していた。
  なお、敦賀市の市章にはこの立石岬灯台がデザインされているという。敦賀市民にとってシンボルのような存在なのだろう。

f:id:shashosha70:20171203160319j:plain

(写真3 灯台の上部。立石岬灯台は敦賀市章にもデザインされている)

北陸三都巡りの旅

f:id:shashosha70:20171203095708j:plain

(写真1 福井城跡。本丸跡に福井県庁のビル)
福井から金沢そして富山へ
 先週は30日まで4日間にわたり北陸地方を旅行した。福井から金沢そして富山へと巡ったもので、北陸へはこれまでもどこが多いということもなくほぼまんべんなく福井、石川、富山の三県は訪れているのだが、このたびのように一つの旅で三都すべてに宿を取って一挙に巡ったのはさすがに初めてだった。
 三都に共通するものは、いずれも県庁所在地であることだが、しかも旧藩時代からの藩庁所在地でもあり、当然ながら城下町である。また、名だたる観光地であり、酒と肴が美味いことに加え、和菓子にもいいものがある。しかも、これら三都では路面電車など私鉄電車が住民の足となっていることだ。美術館が充実していることも付け加えていいかもしれない。さらに北陸新幹線の開業(福井延伸は2022年度の予定)が都市の変貌を大きくしている。
 初めは福井。駅前に降り立つと、大きな整備が行われたらしく、福武線の停留所が、かつてはちょっと奥まったところにあったものが、駅の真正面まで引き込まれていた。
 福井は、越前松平家の城下町で、家康の次男である結城秀康が68万石で入封、福井城の築城を開始したとされる。城跡は駅から徒歩5分ほどのところにあり、石垣と堀が残るほか、かつての本丸跡には福井県庁や福井県警察本部の建物があった。
  地元の人には申し訳ないが、私はかつての城跡に県庁を建てるのが嫌いだ。文化施設などがある例は全国で見られるが、それはともかくとしてもで、しかも、本丸跡に建てるとは、天下でも取ったつもりか殿様然と成り上がったようで醜い。同じような例は前橋城もそうだった。
 夕食にはいっぱいやりに街へ出たが、当初願っていた越前ガニには手が出なかった。駅前の老舗料理店だったのだが、何しろ単品で1万2千円、コースなら2万8千円とあって暖簾をくぐれなかった。

f:id:shashosha70:20171203095801j:plain

(写真2 金沢で食べた香箱ガニ)
 次が金沢。北陸新幹線が金沢まで伸びてきた効果は大きいようで、北陸三都の中では一人勝ちではないか。それほどの賑やかさだった。金沢駅の駅舎など堂々たるもので、百万石の玄関口ににふさわしい。
  金沢には、路面電車ではないが私鉄では北陸鉄道の石川線と浅野川線が走っている。かつては路面電車もあったがすべて廃止になった。香林坊から兼六園下などの路線があり、金沢の街を路面電車が走っている姿など想像するだけで情緒が感じられる。残念なことをした。
 金沢で美術館といえば、今や観光バスが横付けする金沢21世紀美術館が人気だが、私には21世紀美術館からもほど近く兼六園への坂道を登り始めたところにある石川県立美術館も魅力的だ。野々村仁清の国宝「色絵雉香炉」などコレクションが充実している。近代洋画が好きな私には鴨居玲の作品がうれしい。
 金沢では、今回も馴染みの小料理屋に寄った。女将が元気で、いつもの通り絶妙のタイミングで肴を出してくれるのもうれしい。その一つが香箱ガニ。雌のズワイガニのことで、雄に比べると甲羅の直径が10センチ程度と断然小ぶりだが、味は濃厚で、特に内子と呼ばれる部分が旨い。なお、福井ではセイコガニと呼んでいた。食べ方は一緒だった。
 続いて富山。富山駅も新しくなっていて、市内電車の停留所が駅ビルの懐に抱き込まれていた。
 街の中央に富山城跡があり、現在は公園になっているが、再建天守が美しい姿を見せている。富山藩は、そもそも加賀藩の支藩で、富山前田家が維新まで13代続いた。
 北陸三都はどこもそうだが、肴と酒ということでは富山はことのほか旨い。肴はこの時期氷見のブリが絶品だし、酒も立山その他が揃っていて楽しめた。

f:id:shashosha70:20171203095929j:plain

(写真3 富山駅。駅ビルに抱かれるように市内電車の停留所)

ジェフリー・アーチャー『永遠に残るは』

f:id:shashosha70:20171130220340j:plain

クリフトン年代記第7部完結
 クリフトン年代記が第7部をもってついに完結した。2013年にスタートした物語は、足かけ5年、各部文庫上下、合計14冊という長大なスケールとなった。
 イギリス南西部の港湾都市ブリストルとロンドンを主要舞台に、ハリー、エマ、ジャイルズを主人公にクリフトン家とバリントン家を軸に1920年から1992年に及ぶ壮大な大河ドラマだった。
 貴族の直系ジャイルズ・バリントンと港湾労働者の息子ハリー・クリフトンとの運命的な出会いから始まった物語は、二人は無二の親友として成長し、やがてジャイルズの妹エマがハリーの妻となって奔流のごとき物語となって膨らんでいく。
 物語の中心には、バリントン系の家業である造船や海運から銀行へとイギリス経済のダイナミックな流れがあり、その物語を牽引するのがエマであり、他方、選挙や議会、内閣などとイギリス政治の世界を渡り歩いているのがジャイルズであり、ハリーはベストセラー連発の人気作家となって活躍している。
 豪華絢爛、権謀術数、愛と憎悪が絡み合い手に汗を握らせるように物語はスピード感をもって進んでいく。ストーリーテラージェフリー・アーチャーの面目躍如たるところである。
 この間、多彩な配役が絡み合って物語は豊穣になっていくのだが、敵役として欠かせないのが、ジャイルの最初の妻であるヴァージニアで、徹底した意地悪として物語を深刻にさせている。そのヴァージニアが最後には泣かせてくれるからアーチャーも憎い。
 ここまで読んできて、すでに読者には第7部で完結するとは知らされていて、アーチャーがどのような結末を用意しているのか想像しながら読み進んできたのだった。
 ハッピーエンドがアーチャーらしくていいが、しかしそれでは単純すぎるし、自分なりに頭をひねりながら楽しんできたのだが、アーチャーの描いたラストはなるほどとうならせるもので、壮大な物語にふさわしい結末だったし、結局は、ハリーとエマの生涯をきっちりと描いていたのだった。

 第2部を読み終わったころだったか、舞台のブリストルとはどういう町なのか気になって、ロンドンに旅した折にわざわざ足を伸ばして訪ねたことがあった。ブリストルは現在も貿易都市として大きな存在らしいが、イギリスでも人気の町らしく大学の存在など歴史の重みを感じさせる落ち着いた町としての印象が深かった。なお、郊外の高級住宅街に近く深い谷を渡るクリフトン橋という立派な橋があって、あるいはクリフトン年代記の名前はそこからとったものかも知れないと思ったのだった。
(新潮文庫上・下)