ABABA’s ノート

旅と鉄道、岬と灯台、読書ときどき映画あるいは美術に関するブログです。

展覧会「東京⇔沖縄」

f:id:shashosha70:20180416094953j:plain

(写真1 会場の板橋区立美術館)
池袋モンパルナスとニシムイ美術村
 二つのアトリエ村に焦点をあてた着眼点の素晴らしい企画の展覧会が板橋区立美術館で開催された。
 一つは、東京・池袋周辺に戦前から戦後にかけて集った画家たちの群像は池袋モンパルナスと呼ばれ、佐伯祐三や松本竣介らがアトリエを構えていた。
 今一つは、沖縄・首里のニシムイ美術村に集った名渡山愛順らのグループがあり、名渡山は池袋モンパルナスにいたこともあって、戦後、二つの美術村には交流があったようだ。

f:id:shashosha70:20180416095106j:plain

(写真2 会場で配られていたチラシから引用)
 展覧会では、池袋モンパルナスとニシムイ美術村がそれぞれグループになって展示されていたが、池袋モンパルナスについてはここ板橋区立美術館が繰り返し取り上げてきているし、ニシムイ美術村についても那覇の沖縄県立博物館・美術館が折に触れて企画展を行ってきていてそれぞれに注目してきていたが、これら二つのアトリエ村が連続性をもって展示されていたことは企画の妙が感じられた。
 松本竣介は3点が展示されていた。このうち<郊外>(1937)は、竣介特有の青がいっぱいに広がっていてこの頃の竣介の心象風景と言えるようだった。
 長谷川利行の<靉光像>(1928)はおよそ靉光らしくなくて、靉光の<自画像>(1944)の深い苦悩との対比が面白かった。
 沖縄のニシムイ村については私は初め原田マハ『太陽の棘』でその歴史を知ったが、その後那覇で展覧会を見たりしてますます注目するようになってきていて、このたびの展覧会でも、池袋モンパルナスの連中よりもニシムイ村の面々にこそ関心があったのだった。
 この中で、名渡山愛順の<郷愁>(1946)など沖縄女性を描いた作品群は強い民俗性が感じられたし、玉那覇正吉の<老母像>(1954)は鋭い目つきに厳しい風雪が感じられて際だった存在感があった。
 また、大城皓也<戦場へゆく>(1968)などは、いかにも沖縄らしいモチーフのように思われた。

f:id:shashosha70:20180416095200j:plain

(写真3 名渡山愛順<郷愁>=会場で販売されていた図録から引用)

有朋自遠方来

f:id:shashosha70:20180411181806j:plain

(写真1 友人のスミスと)
無類のステーキ好き
 アメリカ人の友人が訪ねてきてくれた。孔子が言うようにとてもうれしいこと。
 同じ業界に身を置いていたこともあって、もう30年以上にもなるか、長いつき合いが続いている。お互いに往来して、年に一、二度会ってきたか、断然アメリカで会うことの方が多いが、彼も年に一度は日本に来てくれている。
 とても顔の広い男で、しかも面倒見がよくて私の海外での活動を少なからず助けてくれた。国際的なキャリアは彼によるところが少なくないと思っている。
 歳が同じだったから馬が合ったのだが、聞けばこのたびリタイアしたという。すでに社長職は譲っていて、このたびオーナーの座も降りたらしい。
 それで時間ができたせいかどうかはわからないが、今回は世界一周の旅の途次立ち寄ったとのこと。デトロイトを発ってロンドン-パリ-バンコックと回って東京に寄り、帰国するということだった。世界一周チケットはビジネスクラスで千ドルだったとのこと。なかなか優雅なことである。
 リタイア組同士ということで話が弾んだが、会食はハマで行った。銀座のステーキハウスだが、彼はシーフードは好まず、ここのステーキが大好物で、これが食べたくて東京に寄っているのではないかというほど。
 なかなか高級なステーキハウスなのだが、とにかく旨い。肉は軟らかいし、味わい深い。アメリカのエイジングビーフ(現地ではaged beefエイジド ビーフと言う=熟成肉)と比べてどうかと尋ねたら比べものにならないと即答した。実際、私も同意見だ。
 ここのところ共通する友人知人にリタイアするものが多くて、やはり話はそういうところに落ち着いた。

f:id:shashosha70:20180411181911j:plain

(写真2 ハマのステーキ。これは焼く前のテンダーロイン)

花まつりコンサート

f:id:shashosha70:20180413171557j:plain

(写真1 コンサート会場、開演前の様子)
演奏者との交流も楽しく
 釈迦の誕生を祝う降誕会のコンサートが4月8日横浜市の曹洞宗大本山総持寺境内鶴見大学記念館で開催された。
 この日はお釈迦様の誕生日であり、初めに総持寺高屋継仁老師による声明奉演が行われた後クラシック音楽のコンサートに移った。
 コンサートは、森知英のピアノ&コンサートコーディネーターによって進められ、出演は、ヴァイオリン宮川正雪、同冨沢由美、ヴィオラ臼木麻弥、チェロ西山健一。コンサートは今年が9回目だが、森さんは第1回からコーディネーターをつとめていらした。
 曲目は、演奏順に、ショパン:ピアノ協奏曲第1番ホ短調作品11より第3楽章。ピアノの詩人と讃えられるショパンにしては珍しくピアノ協奏曲はわずかに2曲。大変著名な曲だが、好事家によればこの曲は本来第2番だったとのこと。そのことはともかく、協奏曲だから本来オーケストラを背景に演奏されるものだが、この日は弦楽四重奏によって演奏された。これはこれでなかなか趣向のあるものだったし、森さんのピアノはこれまでもたくさん聴いてきているが、この日の演奏には伸びやかさがあるとともに艶があった。
 次ぎに独奏が4曲続き、初めにバーンスタイン:ウエストサイドストーリーから「マリア」と「トゥナイト」。今年はバーンスタイン生誕100年に当たるが、とてもポピュラーな曲で楽しめた。ヴァイオリン独奏は冨沢由美さん。
 続いてモンティ:チャルダシュ。ハンガリーの民族音楽の様相が濃く、私には天満敦子さんの「望郷のバラード」が想起された。そして何よりも独奏した宮川正雪さんの超絶テクニックに感嘆した。
 3曲目がフォーレ:エレジー。チェロの名曲として知られ、演奏は西山健一さん。さすがにチェロの第一人者による演奏で感心した。
 次ぎにドヴォルザーク:ソナチネト長調作品100より第1楽章。臼杵麻弥さんによる独奏で、ヴィオラの独奏というのも私には珍しい。門外漢の私にもヴァイオリンにはない魅力が感じられた。
 最後はドヴォルザークのピアノ五重奏曲イ長調作品81より第3・4楽章。
 音楽愛好家に限らず一般の市民を対象にしたコンサートということもあって、ポピュラーな曲が多くて親しみやすく楽しめた。
 なお、コンサート終了後は、近所のイタリアンレストランに会場を移し、有志が演奏家を囲んで懇談した。
 私もこのコンサートにはここ数年毎年足を運んでいて、演奏家の皆さんと交流できたのは幸運だった。特に森さんには懇意にさせていただいていて、日頃は縁遠いクラシック音楽に直接ふれあう機会をもらってありがたいことだった。

f:id:shashosha70:20180415105441j:plain


(写真2 コンサート後の懇談会で演奏家の皆さんと。左端が森知英さん)

春も遷る

f:id:shashosha70:20180413150159j:plain

写真1 青空に映えるハナミズキの花)
孟春から仲春へ
 モクレンが終わり桜も散って、続いてハナミズキが満開となりツツジも咲き始めて、春の花がすっかり入れ替わったような感のあるこの頃である。東京は春が短いからすぐにも初夏へと遷るのではないか。
 桜が咲いていた時期には花冷えと言うほどにまだ寒い日もあって孟春と言えそうだったが、この頃は仲春と言ったらいいのだろうか、春も半ばである。
 ハナミズキがいい。歌謡曲に、薄紅色の…とあるが、どちらかといえば赤茶けた色で、落ち着いた佇まいが感じられる。また、白い花の場合には高木についているときなど、青い空に映えて清らかな美しさが感じられる。
 ハナミズキは、日本からワシントンへ桜の木を贈った返礼にアメリカからもたらされたことはよく知られるエピソードだが、アメリカではどのように咲いているものか、一度見てみたいものだ。先月、ニューヨークに行ったときなど、雪が降っているような状況で、とてもハナミズキどころではなかった。

f:id:shashosha70:20180413150304j:plain

写真2 鮮やかな黄色が美しい八重ヤマブキ)
 ヤマブキが美しい。特に八重になったものは、ヤマブキの園芸品種らしいが、豊かな厚みと、光線によって、それこそ山吹色が黄みと赤みの間をグラデーションのようになって見える。
 ライラックが咲いていた。紫色の房状の花が特徴で、とても美しくよい香りがする。だからだろうが、香水の原料にもなっているらしい。ヨーロッパの街路でよく見かけるが、日本では札幌の大通公園が有名だ。
 なお、JR北海道にはライラックという特急がある。札幌-旭川間を結んでいるが、花の名前を愛称にした特急列車は少なくて、ほかに、やはりJR北海道にすずらん号というのがあるだけである。

f:id:shashosha70:20180413150420j:plain

(写真3 美しく香りもよいライラックの花)

ニューヨーク公共図書館

f:id:shashosha70:20180411122307j:plain

(写真1 ニューヨーク公共図書館の外観)
充実した運営
 五番街を歩いていたら、西40丁目と42丁目にまたがってボザール様式の重厚な建物があった。ボザール様式とは、列柱が特徴の建築様式で、グランドセントラルターミナルにも見られ、19世紀から20世紀初頭のアメリカで人気の建築。
 まるで美術館かと見紛う佇まいだが、人々が気軽に出入りしているし、私ものぞいてみたら、これが図書館だった。New York Public Library(ニューヨーク公共図書館)といい、いたく立派な建物だった。
 内部は3階建てになっていて、あくまでも図書館だから静かなのだが、見学者も多いようだし、私も一回りさせてもらった。
 内部も外観同様に重厚で、多数の閲覧室が設けられている。1階には雑誌閲覧室や地図の図書室があり、これは世界最大の地図のコレクションだとのこと。ニューヨークについてだけで1万点以上の地図を含んでいるという。また、アメリカ史の部屋には系図のコレクションもあった。
 圧巻は3階のメインリーディングルーム。アメリカ人の使う例えでいうと何とフットボールの競技場の広さを持つ閲覧室なのだった。
 当然ながらレファレンスがしっかりしているし、注目されるのはリサーチへのサービスの充実。一般の閲覧というほかに、研究目的に世界中から利用者が訪れているようで、年間の来館者数は350万人だということ。
 1911年の開館で、収蔵数が何と5千3百万冊。ニューヨーク市内88箇所に分館があるということだった。
 ところで、気になるのは公共図書館という言い方。Public Libraryをそのまま訳したわけだが、公立とは明らかに違う。日本では見かけることはないから公共図書館と公立図書館を混同しがちで戸惑うが、公共図書館とは一般に開かれた図書館という意味であり、これには公立も私立も含まれる。だから日本の図書館は大半が公共図書館ではあるが。
  New York Public Libraryもニューヨーク市立ではなくて、独立の法人であり、財政的には民間からの寄付でまかなっているということ。
  ボストンにも市街の中心コプリー広場に面して立派な図書館があるが、こちらはボストン市立の公共図書館ということになる。1848年創立のアメリカ最古の公立図書館である。
 また、フィラデルフィアにはFree Library of Philadelphiaというのがあったが、これも公立ではないが公共図書館だった。
 ボストンもフィラデルフィアもニューヨーク同様壮麗な建物で、アメリカが近代国家にとって図書館の役割をいかに重要視しているのかがわかるものだった。

f:id:shashosha70:20180411122410j:plain

(写真2 ニューヨーク公共図書館の閲覧室の一つ)

ニューヨークのスターバックス

f:id:shashosha70:20180409095923j:plain

(写真1 ニューヨークの街角に必ずあるスターバックス)
現代のニューヨークを体現
 たいそうなタイトルを付けてしまったが、スターバックスコーヒーは日本でも人気のコーヒー店で、全国各地に店舗がある。また、日本に限らず北京や上海、ソウルなどでも普通にある。
 それなのになぜニューヨークのスターバックスなのか、ニューヨークを体現するとはどういう意味か。
 ニューヨークの街を歩いていると、スターバックスのコーヒー店が至るところにある。四つ角があればそれこそ四つの角すべてにあるというほどだ。
 しかも、それぞれの店は時間帯を問わずすべてそれなりに混んでいる。
 店舗の中身は立地によって少しずつ違うようだ。都心ではそれもターミナルの近くなどでは、小さな店が多くて、しかもテーブルは少ない。テイクアウトの客が多いからだが、特に朝はその傾向が強い。
 客はレジで注文をし、次のコーナーで品物を受け取る仕組み。混んでいる場合などは名前を尋ねられる。大勢の前で名前など大声で呼ばれたくないが、間違いをなくすためには仕方がないようだ。
 客は受け取ったカップを手に持ちながら通りをすたすたと歩いていて、これはもはやニューヨークの風物詩だ。もっとも、この頃では、スターバックスに、ニューヨークに限ったことではないが。
 コーヒーはとても熱い。トールサイズのコーヒーを飲みきるくらいまでまだ熱い。ぬるくならないのだ。私は何ごとによらず熱いものが好きだから大賛成だが、どうやったらこれほど熱いコーヒーができるものか。教わりたいくらいだ。
 私は歩きながら飲むことはなくて、店で空いている席を探して飲むが、混み合った店でもすぐに詰めてくれる。私はこのたびのニューヨークでは、ちょくちょくこのスターバックスを利用した。ひと休みして次の行動計画を練ったり、本を読んだりという具合に。また、トイレを利用したいために入る場合も少なくなかった。トイレにはロックがかかっている場合が大半で、解錠のパスワードは店員に聞かなければならない。また、スターバックスはWiFiの接続が無料というのもありがたい。全面禁煙というのもうれしいこと。
 街にはファーストフードの店が多い。サンドイッチ屋であったり、ピザ屋であったりで、そこにはテーブルと椅子が用意されているから利用者は多い。コンビニにもイートインのコーナーが設けられている。
 かつてはハンバーガー屋が断然多かった。40年ほど前に初めてニューヨークを訪れ時には、アメリカではこんなに手軽にこんなおいしいものを食べているのかと感じ入っていて、アメリカの文化を体現したようなことだった。それこそマクドナルドを街中で見かけた。
 それが、このたびニューヨークを訪れてみると、マクドナルドの店はめっきり減っていた。まったくないわけではないが、探さなければ見かけることはないほどではあった。
 マクドナルドは、低価格を好む所得層や家族連れには引き続き根強い人気があるようだったが、ニューヨークのような大都会に働く、若い中層の年代層にはスターバックスが圧倒的に支持されているようで、新しいニューヨークを体現したような気持ちだった。

f:id:shashosha70:20180409100107j:plain

(写真2 スターバックスの店内)

バーンズ財団

f:id:shashosha70:20180407135726j:plain

(写真1 バーンズ財団美術館外観)
フィラデルフィアの美術館②
 バーンズ財団の美術館は、フィラデルフィア美術館から都心に向けて坂を下っていった途中にあった。また、この手前にはロダン美術館もあった。
 外観は窓が少なくいかにも美術館のような現代的な建物だったが、内部は古い屋敷のような部屋が続いていてこれが展示室だった。
 バーンズ・コレクションは、医薬品で財をなしたフィラデルフィア出身の実業家アルバート・バーンズが収集したもので、印象派を中心とした作品群は質量ともに世界的なものとして有名。
 バーンズ財団は、これらのコレクションを管理している団体で、当初は、フィラデルフィア郊外にあるバーンズの邸宅に展示されていたが、2年ほど前に現在地に美術館を建設し移転してきたもののようだ。だからだろうか、美術館の入口の標記はあくまでもバーンズ財団となっていて、ミュージアムの文字は見当たらなかった。
 展示を見て回って二つのことであきれた。
 一つはもちろんコレクションの質と量。個人のコレクションとは思われない充実ぶりだ。
 何しろルノアールが181点(これはオルセーを上回り!実に世界最大)、セザンヌ69点、ピカソ46点などと並び、印象派から20世紀絵画に至るまで世界最高水準のコレクションとなっている。

f:id:shashosha70:20180407135838j:plain

(写真2 邸宅の室内に作品を並べたような独特の展示)
 印象派好きにはため息が出るほどだが、二つ目のあきれたことは展示方法。どうやら私邸時代の展示がそのまま再現されたようで、室内の壁いっぱいに作品がべたべた飾られている。
 スーラの「ポーズをとる女」の下にセザンヌの「カード・プレーヤーズ」があるといった具合で、ルノアールの作品が十数点もまとめて飾られた壁もある。
 一見何の脈略もなさそうだが、生前、バーンズは1センチたりとも展示場所を移動することを許さなかったという逸話を、いつか何かでどこかで読んだ記憶がある。
 そしてもう一つあきれるのは、展示されている作品にキャプションが一切付されてないことだ。ただ、室内の展示作品を示す数ページのパンフレットが置かれていて、必要があればそれで確認をするというやり方。
 バーンズにはこれでよかったのであろうが、見学者が見ていくにはやや不便を隠せない。
 ただ、まずは作品を見ろ、何かを感じ取れ、そういうことなのだろうかと思われた。不便ではあるが、なるほど作品と対峙して浸るにはいいようだった。たしかに、キャプションを先に読んで作品は見たような気になる人はいるものだ。
 私は平素、美術館で作品を見るときには、まず作品を見てしかる後にキャプションを読んでいるのが習慣だから、これはバーンズ流としていい方法だったのだろう。
 この美術館でも、フィラデルフィア美術館で感じたことと同じように既視感にとらわれた。かつて見たことのある作品が少なくないのである。思い出してみると、20年ほど前になるか、やはり東京でバーンズコレクション展が開催されていたことがあって、その時の印象が残っていたものであろう。
 それにしても、アメリカの富豪というものはすごいものだ。バーンズほどではないにしても、各地の美術館を見ていると、コレクションの少なくない部分が個人のコレクションの寄贈によっている。
 アメリカでは寄付が習慣となっているらしいが、現在の富豪がどれほどの寄付ができるものなのか、知ってみたいものだ。

f:id:shashosha70:20180407135933j:plain

写真3 セザンヌ「カード・プレーヤーズ」)

注)作品名は私の翻訳だから日本で流通しているものと合致しているかどうかはわからない。