ABABA’s ノート

旅と鉄道、岬と灯台、読書ときどき映画あるいは美術に関するブログです。

美しさ第1等の日立灯台

f:id:shashosha70:20180619111206j:plain

(写真1 古房地公園に建つ日立灯台)
常磐の岬を訪ねて②常陸の灯台
 磐城の塩屋埼灯台を訪ねた帰途は途中下車して常陸の日立灯台に寄った。磐城も常陸も旧国名だが、ひっくるめて常磐と遣う方が多いかもしれない。
 いわきから上り列車に乗ると、ほどなくして福島-茨城県境を越え特急列車なら6つ目、48分で大甕(おおみか)。このあたり、日立、常陸多賀、大甕と特急停車駅が続き、日立の大工場群が連なっている。たいしたものだ。乗降客にもそれらしきビジネスマンの姿が多かった。
 大甕駅から海に向かってまっすぐの道が伸びている。その名も駅前通り。日立灯台は初めてだが、あらかじめ調べておいた地図が頭に入っている。迷わずに歩き出した。町名は大みか町というようだ。下校中の高校生と頻繁に行き違う。どうやら学校が近いようだ。
 10数分歩いたところで海に突き当たった。ここから右折して海沿いの住宅地を抜けるとほどなく真っ白い灯台が見えてきた。高級住宅街なのか、美しい家並みが広がっている。途中、キョウチクトウの薄紅色の花が枝いっぱいに咲いていた。ここまで駅から約15分。茨城県日立市大みか町所在。

f:id:shashosha70:20180619111426j:plain

(写真2 和ろうそく形の美しい灯塔)
 灯台は面白い形をしている。塔形なのだが、上部がやや広がっており、和ろうそくをイメージしてデザインされたといわれれば、なるほどその通りだ。
 このあたり、古房地公園というのだそうで、美しい芝生が敷かれていて、母親に手を引かれた小さな子どもが数組遊んでいた。公園に立つユニークな造形の塔ということで、あるいは灯台とは思われないかもしれない。
 塔高は24.5メートルあり堂々たるものだ。とにかく姿がいい。レンズはフレネル式で、第3等だから塩屋埼灯台と同じということになる。もっとも、レンズの大きさでは第3等灯台というが、灯塔の美しさだけでいったら第1等ではないか。
 小さな子と遊んでいた若いお母さんに、灯台に登らしてくれたら楽しかっただろうねと話しかけたら、夏休みには一般公開する日もあるということだった。
 灯台には登れなかったが、この灯台はもう一つ面白い構造をしていて、高さ3メートルほど展望台がぐるっと灯台を取りまいている。階段で上れるようになっていて、この展望台からはとても展望が開けた。常時一般公開しない分デッキを設けたのだろうか、気の利いたことである。
 和ろうそく形の灯塔といいデザイン全体が地元の要望も加味して設計されたものかも知れない。初点は1967年だが2000年に改築されたとあった。
 展望台から眺めれば、右手に日立港が見えた。重要港湾の一つで、重電機などのほか自動車の積み出しも多いということである。あるいは日立港の発展との絡みで灯台も建築されたものかも知れない。
 灯台は、座標が北緯36度30分34秒、東経140度37分56秒。緯度からすると、塩屋埼灯台より60キロほど南ということになる。灯質は群閃白光で、毎25秒に3閃光。灯火標高は42.4メートルとあり、海面から20メートルほどの断崖に建っているということになる。光度は21万カンデラ、光達距離は12.5海里(約25キロ)と燈光会が立てた灯台紹介の看板にあった。
 なお、公園には石川啄木の大きな自然石で造られた歌碑があった。
 何事も思うことなく いそがしく 暮らせし一日を忘れじと思う
 『一握の砂』所収の歌で、啄木にしては珍しく充実感が感じられるが、啄木はこの地と何か関係があったのだろうか。

f:id:shashosha70:20180619111740j:plain

(写真3 灯台から遠望した日立港)

4度目の塩屋埼灯台

f:id:shashosha70:20180618182240j:plain

(写真1 薄磯海岸から見た塩屋埼灯台)
常磐の岬を訪ねて①磐城の灯台
 気象情報を睨みながら梅雨の晴れ間を縫って常磐の岬巡りに出かけた。
 6月14日。初めに磐城の灯台塩屋埼灯台へ。 常磐線の特急ひたち3号を終点いわきで下車。10時23分の到着。始発の上野からなら2時間23分の乗車である。いわき駅はかつて平駅と呼ばれていたようにいわき市の中心で、常磐線の重要な拠点駅でもある。福島県を横断し郡山駅と結ぶ磐越東線の起点駅でもある。
  駅前ロータリーの9番乗り場から常磐交通バス泉駅行き。塩屋崎をぐるっと回る路線で、途中、漁港で有名な小名浜などを通る。

f:id:shashosha70:20180618182342j:plain

(写真2 バス停から遠望した塩屋埼灯台)
 塩屋崎はその中間あたりで約30分、その名も灯台入口下車。停留所から岬上の灯台が顔をのぞかせている。
 このあたりは、薄磯と呼ばれる地区なのだが、岬まで見晴らせるように閑散としている。東日本大震災で津波被害に遭ったところで、立派な防潮堤が築かれ、宅地整理も終わっているが住民は戻ってきていないようだ。通りで会ったご夫婦と話したら、自分たちも高台へ引っ越ししたし、平地は分譲しているが買い手がつかないということだった。
 バス停から約15分、塩屋崎到着。福島県いわき市所在。福島県の南東部に位置する。茨城県との県境にも近い。勿来の関を越せば茨城県である。
 塩屋埼灯台を訪れるのは4度目。夏はこれが初めてで、灯台は春夏秋冬様々な季節に訪れたいもの。

f:id:shashosha70:20180618182436j:plain

(写真3 白堊の灯塔が美しい塩屋埼灯台)
 早速灯台へ登ってみる。きつい階段を登ると塩屋埼灯台である。白堊の堂々たる灯台で、実に美しい塔形をしている。塔高が24メートル、灯火標高は73メートルとある。つまり、灯台は約50メートルの断崖の上にあるということ。
  常時一般公開されている参観灯台で、入場料200円。らせん階段を登ってデッキへ。階段は100段ほどもあるからなかなかきつい。しかし、デッキに出ると一気に眺望が広がる。この爽快感を味わいたくて灯台を訪ねるようなもの。眼前は大きく広がる太平洋である。両手を広げて余るほどだから 200度もの眺望。左手は薄磯の砂浜の海岸で、遠くに巨大な煙突が見えるが、広野火力発電所かもしれない。右手は豊間の漁港が見えている。眼下では岩礁を波が洗っており、船舶にとっては難所であろう。
 塩屋崎は、80万分の1程度の地図なら、なだらかな海岸線に腹が出た様子で、鋭く突き出ているわけではない。ただ、デッキから後背部に目を向けてみると、岬はその腹にでべそのごとく突き出ているのが見て取れる。だから、デッキに立つと劈頭に立った気分になる。
  座標は、北緯36度59分42秒、東経140度58分55秒で、地図を広げて指で図ると、犬吠埼灯台から金華山灯台の中間に位置するようだ。
 日本の灯台50選にも選ばれており、第3等レンズの大型灯台だ。ただ、灯塔の大きさの割にはレンズはやはり1等レンズほどには大きくは見えなかった。単閃白光で毎15秒に1閃光とある。光度は44万カンデラ、光達距離は22海里(約41キロ)とあった。ちなみに初点は1899年12月15日である。

f:id:shashosha70:20180618182540j:plain

(写真4 灯台資料展示室に展示してあったレンズ)
 敷地内には灯台資料展示室があって、灯台の仕組みなどが説明されてあった。第4等レンズも展示してあって、レンズが回転して光を放つ仕組みがわかるようになっていた。
 灯台の麓には二つの大きな記念碑がある。一つは、映画「喜びも悲しみも幾年月」(監督木下恵介)のもので、ここの灯台長夫人の手記が原案となったということだった。また、ロケも行われたとのこと。
 もう一つは、塩屋崎を歌った美空ひばりの「みだれ髪」の歌碑である。塩屋崎を有名にしたのはこの哀愁のこもった歌だったのかもしれない。実際、訪れている中高年の人たちは流れてくるひばりの歌を聴いて喜んでいた。
 なお、塩屋埼灯台は、東日本大震災で地震被害に遭った灯台で、9ヶ月間も消灯していて、再点灯したのは11月30日だった。

香りの良い花

f:id:shashosha70:20180618101747j:plain

(写真1 香りの良さでバラにも匹敵するユリの花)
立ち止まりたくなる香り
 香りの良い花というと、さしずめバラなどは代表だろうか。
 そのバラがいつしか終わって、この頃香りに誘われるのはユリの花。ユリも種類が多いのだろうから細かくはわからないが、姿もいいしつい立ち止まりたくなる。ただし、ユリの花にも香りのないものもあるから厄介だ。

f:id:shashosha70:20180618101853j:plain

(写真2 甘ったるい香りについ誘われるクチナシの白い花)
 もう花期も終わりに近いが強い芳香ということではクチナシ。甘ったるい香りをまき散らしていて、遠くからでも風に乗った香りが届く。花には一重のものと八重のものとがあるようだが、八重のものの方が香りは断然強い。ただ、この花は色褪せしやすいから香りの良さに気づかないで通り過ぎる人もいるに違いない。
 5月末から咲いていてこれも花期はそろそろ終わりだが、タイサンボクも香りは強い。ただ、高木だからレンゲのような肉厚の花弁をした真っ白い花を楽しむことはできるが、なかなか顔が近づかない。それでも、運がいいと下の枝に咲いた花を見つけることがあって、ツンとした香りが鼻腔に広がる。肉厚の大ぶりの花の形からは想像できないような鋭い香りだ。
 それにしても、花はどうしてあんなにもいい香りをするのだろう。媒介する虫たちもいい香りが好きなのだろうか。今度機会があったらチコちゃんに聞いてみよう。うっかりすると叱られるかもしれないが。

f:id:shashosha70:20180618101943j:plain

(写真3 花の形には似合わないほどの鋭い香りのタイサンボク)

いわき市立美術館

f:id:shashosha70:20180615152614j:plain

(写真1 いわき市立美術館外観)
シリーズ:ミュージアムカフェ
 いわき市立美術館(福島県)は、常磐線・磐越東線いわき駅から徒歩12分ほど。市役所にも近く市街中心にあり、いかにも美術館らしい特徴ある外観が目を引く。
 建物は3階建てで、1階が常設展示室、2階が企画展示室となっている。
 内外の戦後現代美術が コレクションの中心のようで、この日の常設展では「戦後アメリカ美術のきらめき」と題する特集を行っていた。
 この中には、アンディ・ウォーホルの「16のジャッキーの肖像」(1964)があって、いわきでウォーホルが見られたというのは好きな画家だけに感激だった。作品はケネディ大統領ジャクリーン夫人の肖像を16の表情で描いたもので、いかにもウォーホルらしく、有名なモンローを描いた作品にも通じるもののようだった。
 また、企画展示室では追悼特別展「高倉健」展を行っていた。
 一方、いわき市立美術館のミュージアムカフェは、1階にあって、外部からも直接利用できるようになっていて、サービスの提供内容はレストランのようだった。大きなテーブルのほか、4脚のテーブルが4卓あるだけでさほど広いものではないが、とても落ち着けるようだった。コーヒーは、注文を受けてからドリップするやり方で、とても味わい深いものだった。カップは大きめで、じっくり楽しむには最適のようだった。

f:id:shashosha70:20180615152840j:plain

(写真2 レストランの内部)

追悼特別展「高倉健」

f:id:shashosha70:20180615141300j:plain

(写真1 展覧会のチラシ)
いわき市立美術館で
 いわき市立美術館で開催されている。2年がかりで全国を巡回してきた。大変な人気だったのであろう、ここが全国9館目だった。
 会場には、ポスターやスチール写真から映画の脚本などが展示されていた。代表作でありヒット作品である「日本侠客伝」や「網走番外地」「昭和残侠伝」といったシリーズが紹介されていたし、鶴田浩二や池部良、藤純子なども登場していて懐かしいものだった。
 作品は年代順に並んでいるのだが、フリーになった1976年の「君よ憤怒の河を渡れ」から作品傾向がはっきりと変わっていて、「幸せの黄色いハンカチ」「駅 STATION」「鉄道員(ぽっぽや)」へとつながっていた。

f:id:shashosha70:20180615141411j:plain

(写真2 モニターに見入る姿も多く見られた会場の様子)
 高倉は、2014年に83歳で亡くなったが、この間、205本の映画に出演したとのこと。会場には30台ものモニターやプロジェクターが設置され、全出演作品について映像が流されていた。1本あたり数分程度のもののようだが、画期的な展示方法だった。
 会場では、足を停めて映像に見入る姿が多く見られ、変わらぬ人気ぶりを示していた。平日でもあったからだろうが、多くは中高年、それも女性の姿が目立っていた。
 高倉健の魅力とは何だろうか。侠客ものでは義理と人情に厚く、ストイックな姿が多くの支持を集めたのだろうし、晩年の作品でも、多くを語らず物静かで不器用な役回りが共感を得たものであろう。

f:id:shashosha70:20180615141500j:plain

(写真3 横尾忠則作「新網走番外地」のポスター=会場で販売されていた絵はがきから引用)

シルク・ドゥ・ソレイユ「キュリオス」

f:id:shashosha70:20180611120716j:plain

(写真 会場の お台場ビッグトップ)
台場で東京公演
 お台場ビッグトップで開催中のシルク・ドゥ・ソレイユの東京公演を楽しんだ。
 今回の演目は「キュリオス」。好奇心の飾り棚を意味するらしいが、産業革命の時代の様々な骨董品がよみがえるという設定のようで、こうしたストーリー性もシルク・ドゥ・ソレイユの特徴。
 もちろんサーカスだからアクロバットが最大の呼び物で、高度に訓練された演技が大がかりな舞台の上で演じられるのが見せ場。それと、ストーリーに沿った凝った独創的な衣装も楽しい。ただ、伝統的なサーカスにつきものの猛獣などは登場しないし、ピエロも役回りはない。
 会場は、台場に仮設されたテントで、客席は3千席ほどか。高度で複雑に設定されたセットと照明が舞台を盛り上げていて、今回のキュリオスの呼び物の一つ、アクロネットではトランポリンのようなネットで天井に届くほどの跳躍を見せていて圧巻だった。また、このネットは海中と空中の境を意味しているようだった。
 シルク・ドゥ・ソレイユはカナダ生まれのサーカス団で、アメリカのラスヴェガスで常設公演を行っているほか、世界の主要都市で巡回公演を行っている。私はラスヴェガスの公演も見たことがあるが、ショーの本場というだけあって仰天するほどの仕掛けだった。
 日本でもたびたび公演を行っていて、それぞれに演目を替えながらこれまでに十数回ほどあるか、そのほとんどを観てきたが、「サルティンバンコ」などは今に至るも印象深い。
 とにかくエンターテイメントとして極上のものではないか。

f:id:shashosha70:20180611120849j:plain

(写真2 会場エントランスの様子)

講演「日本の岬と灯台紀行」

f:id:shashosha70:20180613141251j:plain

(写真1 講演の模様)
二火会例会で
 二火会とは、高校時代の同期生が行っている異業種交流的な集まり。第二火曜に開催しているのでこの名がある。メンバーが持ち回りでレクチャーしているのだが、かつては仕事のことを話題にする者が多かったが、大方リタイアしたこの頃では趣味のことや自由研究などについて話をする向きが多くなった。
 このたび開催の例会では私に順番が回ってきて、「日本の岬と灯台紀行」と題しパワーポイントを使って約90分講演を行った。
 講演は4章に渡っていて、まず、はじめにとして陸中黒埼灯台を訪ねた紀行を紹介した。また、ここはイントロダクションであり、灯台の構造や基本的たたずまいについても言及した。
  次の第1章では、岬と灯台の魅力と題して、最端の岬と灯台、灯台日本一、半島と灯台、灯台のある風景、離島の岬と灯台、美しい灯台、灯台のない岬について一つひとつ例示して述べた。
 第2章では、私が選ぶ日本の岬と灯台10選と題して、積丹半島神威崎、襟裳岬、恵山岬、下北半島尻屋埼灯台、津軽半島龍飛岬、重茂半島魹ヶ崎灯台、犬吠埼灯台、丹後半島経ヶ岬灯台、足摺岬灯台、大隅半島佐多岬を紹介した。
 また、次の第3章ではこれら10選の中から経ヶ岬灯台と龍飛埼を取り上げて具体的な紀行の様子を詳述した。
 結局、取り上げた岬と灯台は42に及び、写しだした写真は73枚に上った。これらの中には、最北端宗谷岬、最東端納沙布岬、最西端与那国島西埼灯台、最南端波照間島高那崎が含まれていて、美しい写真に感嘆の様子だった。