ABABA’s ノート

旅と鉄道、岬と灯台、読書ときどき映画あるいは美術に関するブログです。

太田愛人『辺境の食卓』

f:id:shashosha70:20210814142603j:plain

 昭和56年(1981)1月10日発行の中公文庫である。
 本書カバーの表側そでに次のような著者紹介がある。ちょっと長くなるが引用してみよう。
 太田愛人(おおたあいと) 昭和三年(1928)、盛岡市に生まれる。盛岡中学校(現盛岡一高)卒業後、盛岡農林専門学校(現岩手大学農学部)で林学を学ぶ。東京神学大学大学院修士課程修了。日本キリスト教団大町教会牧師、柏原信濃村伝道所牧師を経て、現在横浜上星川教会牧師。月刊通信誌『辺境通信』発行人。著書に『羊飼の食卓』(第二八回日本エッセイストクラブ賞)、『明治キリスト教の流域』『第二イザヤ書講解』などがある。
 本書は、著者紹介にもある通り『辺境通信』に掲載されたエッセイをまとめたもの。『辺境通信』は、月刊で信者たちへの折々の便り。8ページ建てとある。
 50年も前の執筆とはいえ、信濃大町が辺境とは思われないが、著者自身は、フロンティアという意味で積極的に受け止めて欲しいと述べている。それは、たくましい生活者、社会への批判者でもあったヘンリー・ソローを注視し、『森の生活』が念頭にあったもののようだ。
 1編が文庫3ページほどと短く、毎回分が日記のように綴られている。
 とにかく生活が豊か。豊穣な食に驚嘆する。もちろん、都会の豊かさではなく、自然がもたらしてくれる豊かさである。
 ルバーブが出てくる。ジャムにするのである。夏に刈り取ったものをジャムにするのは、パンにぬるほか香りが家一杯にこもることも白い冬の楽しみだという。すぐり(グーリベリー)に木苺(ラズベリー)やリンゴもジャムにしている。
 キノコ採りに林に入っていく。ムラサキシメジはキノコめし、キンタケは味噌汁、クリタケは朴葉味噌に仕込み、チョコタケはうでてダイコンおろしで食う。
 ソバは好き。長野の北で出来るカラ味の強い北山ダイコンに生醤油をかけたのをツユにして食うのが、最もソバにふさわしい野趣に富んだ食い方である。
 故郷盛岡の味のことが書かれている。中学一年の時、首相の座を降りた米内光政が母校盛岡中学で講演したことに触れながら、司馬遼太郎は南部人の特徴を、容貌が茫洋としていること、派閥をつくらぬこと、精神のダンディズムをあげて、他に新渡戸稲造、後藤新平、斉藤実、田中館愛橘にも共通していることを指摘していたと書いている。
 肝心の盛岡の食のこと。米内はイモ好きだったらしく、著者も、土のついたサトイモを洗ってうでて、ツルリと皮からイモをぬき出して醤油をかけて食う。またはダイコンかキノコを入れて味噌汁にして食う。同じサトイモでも盛岡のイモは旨いのだと書いている。
 とにかく食のことを書いてこれほど読ませるし、読書家であり、社会時評に対して透徹したものの見方に感心した。
 なお、本書は、堀江敏幸と角田光代が交互に書いた『私的読書食録』(新潮文庫)で堀江が本書を取りあげていたので40年ぶりに手にした。
 実は、本書については発行されたときにすぐに読んでいたのだが、40年も経って読み返してみても、面白さはまったく色あせない。それよりも太田の生き様がわかるようになっていたことに新鮮に驚いた。
 なお、本書のカバー画は深沢紅子の<あけび>で、深沢も盛岡の人、盛岡と軽井沢に個人美術館があるが、このカバー画は太田の希望だったのか、とても慈しみ深く感じたのだった。
(中公文庫)