ABABA’s ノート

旅と鉄道、岬と灯台、読書ときどき映画あるいは美術に関するブログです。

真夏の一輪:フヨウ

f:id:shashosha70:20210802084901j:plain

(写真1 フヨウの花)

暑中お見舞い申し上げます。

 早くも立秋は過ぎて暦の上では秋となって当然だろうが、真夏の一輪を探すと季語は秋の花ばかり。また、立秋になってしまっては暑中見舞いは言葉遣いとしてはそぐわなく、本来残暑見舞いとすべきところ、酷暑が続く体感をそのままに暑中見舞いとさせてもらった。

 さて、フヨウ(芙蓉)の季語は秋で、例年なら8月も下旬になって見かけているが、今年はやや早いようだ。いつもならムクゲに遅れて咲くのだが、今年は並んで咲いていた。ムクゲは花期も長いし空に突き上げるように咲いて生命力も感じさせるのに対し、芙蓉は1日花、いかにもたおやかだ。