ABABA’s ノート

旅と鉄道、岬と灯台、読書ときどき映画あるいは美術に関するブログです。

2016-08-05から1日間の記事一覧

映画『或る終焉』

(写真1=映画館で配布されていたパンフレットから引用) 死と向き合う秀逸な映画言語 監督・脚本ミシェル・フランコ。主演ティム・ロス。 主人公のデヴィッドは看護師。とくに終末期の患者のケアを専門に手がけている。 初老の女性を最後まで看取り、葬儀に…