ABABA’s ノート

旅と鉄道、岬と灯台、読書ときどき映画あるいは美術に関するブログです。

福岡市地下鉄全線に乗る

全鉄道全路線全二周への旅

f:id:shashosha70:20210815145437j:plain

(写真1 空港線博多駅改札口)

3路線29.8キロ

 かつては福岡市営地下鉄と呼称されていた時期もあったが、現在は福岡市地下鉄に統一されている。福岡市交通局の運営。
 営業路線は、1号線(空港線=姪浜駅-中洲川端駅-福岡空港駅13.1キロ)、2号線(箱崎線=中洲川端駅-貝塚駅4.7キロ)、3号線(七隈線=橋本駅-天神南駅12.0キロ)の3路線29.8キロ。
 初め1号線の室見-天神間が1981年に開業、その後延伸を重ね、2005年に3号線全線が開業し、現在の路線網となった。なお、路線名は、ナンバリングではなく、愛称で呼ばれる。
 この福岡市地下鉄全線を改めて乗ろうと一日乗車券620円を握りしめて乗車。2021年7月21日。
 まずは空港線。博多駅から乗車。2011年の九州新幹線全線開業に合わせてできたJR博多駅の大ターミナルビルJR博多シティの地下。大変なにぎわいで、博多の最近事情はつまびらかではないが、福岡随一の繁華街天神に迫る盛り上がりではないか。

f:id:shashosha70:20210815145526j:plain

(写真2 姪浜駅外観)

 1面2線のホーム。2番線から姪浜(めいのはま)行き8時05分の発車。博多港に沿った路線で、祇園、中洲川端、天神、大濠公園などと福岡の中心街を抜けて姪浜へ。地下鉄だから車窓に楽しみのないのが残念だ。8時25分到着。地上駅で、東口、西口とあり、いずれも戸外の住宅地といった様相。
 姪浜駅は、地下鉄空港線のほかJR筑肥線が乗り入れており、両線は相互に直通運転を行っている。唐津と福岡が1本の列車で結ばれていることになる。
 また、空港線と箱崎線は姪浜と貝塚間が直通する1本の列車で結ばれている。

f:id:shashosha70:20210815145610j:plain

(写真3 貝塚駅改札口。奥は西鉄貝塚駅の改札口)

 次に箱崎線。貝塚駅から乗る。貝塚駅は、地下鉄線と西鉄貝塚線の共同使用駅で、両線の改札口は同じレベルで向かい合っている。なぜ、直通運転をしないのかというほどに近い。

f:id:shashosha70:20210815145652j:plain

(写真4 貝塚駅周辺)

 地上駅で、9時17分発。駅前には大きな公園があり、この辺も窓外は団地の風景だ。
 箱崎九大前、筥崎宮前などを経て天神9時29分着。ここで七隈線に乗り換え。七隈線の天神南駅とは、地下道で結ばれているが、徒歩10分以上も離れている。なぜ、天神まで乗り入れなかったものか。延伸の計画はあるらしいが。

f:id:shashosha70:20210815145732j:plain

(写真5 七隈線天神南駅ホーム)

 9時45分発橋本行き。福岡を南西に延びている路線で、三つ目の薬院は西鉄大牟田線との接続駅。橋本の一つ手前が次郎丸。こういう駅もあったのだ。橋本10時10分着。

f:id:shashosha70:20210815145807j:plain

(写真6 橋本駅に停車中の折り返し天神南行きの列車)

 10時22分発で折り返し、天神南、天神を経て福岡空港へ。空港は長い間行っていた改造工事が終わったようで、地下鉄から空港カウンターへの接続がわかりやすく便利になった。
 とにかく、博多駅と福岡空港駅間は2駅3.3キロわずか4分のところ、これほど空港が近い大都市も珍しい。これが東京なら丸ノ内線で二つ目の御茶ノ水のあたりに空港があるということになる。かつては板付空港と呼ばれていた時代もあったが、騒音などの問題もあっただろうに、移転などしなかったのは貴重な判断だった。
 

真夏の一輪:フヨウ

f:id:shashosha70:20210802084901j:plain

(写真1 フヨウの花)

暑中お見舞い申し上げます。

 早くも立秋は過ぎて暦の上では秋となって当然だろうが、真夏の一輪を探すと季語は秋の花ばかり。また、立秋になってしまっては暑中見舞いは言葉遣いとしてはそぐわなく、本来残暑見舞いとすべきところ、酷暑が続く体感をそのままに暑中見舞いとさせてもらった。

 さて、フヨウ(芙蓉)の季語は秋で、例年なら8月も下旬になって見かけているが、今年はやや早いようだ。いつもならムクゲに遅れて咲くのだが、今年は並んで咲いていた。ムクゲは花期も長いし空に突き上げるように咲いて生命力も感じさせるのに対し、芙蓉は1日花、いかにもたおやかだ。

関門航路灯浮標と六連島立標

f:id:shashosha70:20210802194609j:plain

(写真1 関門航路第5号灯浮標)

門司下関周辺の航路標識③

 下関竹崎桟橋から六連島に向かう途中、関門航路を横切ったが、渡船上から二つの灯浮標が見えた。
 初めに緑色をした灯浮標で、これは関門航路第5号灯浮標。灯台表によれば、航路標識番号5527.05、北緯33度58分1秒、東経130度52分9秒、単閃緑光毎秒3秒に1閃光、光達距離5海里で、緑色円筒形頭標1個、同1~40号灯浮標は同期点滅、付録やぐら形と記してある。

f:id:shashosha70:20210802194706j:plain

(写真2 関門航路第6号灯浮標)

 次に見えたのが赤色した関門航路第6号灯浮標で、航路標識番号5527.06、北緯33度58分3秒、東経130度52分4秒、単閃赤光毎3秒に1閃光、光達距離5海里で、赤色円すい形頭標1個、同1~40号灯浮標は同期点滅、個付赤やぐら形。
 関門航路を進む船舶は、この二つの灯浮標の間を通らなければならない。また、この灯台表の記述によれば、関門航路には40もの灯浮標が設置されてあるということになる。
 六連島が近づくと、ひょろっとした灯台が迎えてくれた。六連島東防波堤立標というようだ。立標とは、灯台、灯標のうち灯光を発しない施設のこと。この立標は、航路標識番号5537.3、北緯33度58分5秒、東経130度52分1秒で、構造・高さは赤塔形4.9メートルとなっており、備考に上部に赤色灯と記してある。

f:id:shashosha70:20210802194748j:plain

(写真3 六連島東防波堤立標。太陽光を電源としているようで、赤色灯を発しているものと思われる)

下関外浜町防波堤灯台+あるかぽーと東防波堤灯台

f:id:shashosha70:20210802193706j:plain

(写真1 下関唐戸桟橋上からみた赤と白の防波堤灯台)

門司下関周辺の航路標識②

 いずれも下関唐戸桟橋の灯台。写真左の赤色が下関外浜町防波堤灯台で、右の白色があるかぽーと東防波堤灯台。向かい合う二つの防波堤灯台を合わせて〝恋人灯台〟と呼んで親しまれている。
 付近は唐戸市場などで知られる下関随一の観光地。大正期の建物などが現役で、関門海峡を挟んで門司港と向かい合って大正ロマンが人気。
 下関外浜町防波堤灯台は、航路標識番号5425、北緯33度57分3秒、東経130度56分7秒、単閃赤光毎4秒に1閃光。灯光7.9メートル、光達距離4海里、赤塔形、塔高5.4メートル。初点大正2年9月、改築平成12年3月。デザイン灯台。
 あるかぽーと東防波堤灯台は、航路標識番号5425.1、北緯33度57分3秒、東経130度56分7秒、単閃緑光毎4秒に1閃光。灯高8.2メートル、光達距離5海里、白塔形、塔高6.2メートル。初点平成9年3月。デザイン灯台。
 二つの灯台は、建てられた時代が異なるが、どちらもとても味わいがある。特に、新しく建てられた白い灯台は、洒落たデザインと材料で感心した。

f:id:shashosha70:20210802194404j:plain

(写真2 下関唐戸港入港直前右防波堤上に見えた下関外浜町防波堤灯台)

門司西海岸5号防波堤灯台

 

f:id:shashosha70:20210802193841j:plain

(写真1 下関唐戸桟橋行き連絡船上から見た)

門司下関周辺の航路標識①

 3日間にわたり門司下関周辺の灯台巡りをしたし、関門海峡も船で渡ったから、この間、数多くの航路標識を見かけた。灯台好きではあるものの、日頃は沿岸灯台にばかり目がいって、防波堤灯台やその他の航路標識には関心が及ばなかったのだが、改めて気をつけてみると様々な航路標識があるものだ。

 愛称門司港レトロ灯台は、門司港レトロとして観光スポットになっている門司港の入口を照らす。平成9年3月19日の初点灯で、レトロの街の景観にマッチングするよう設計された。高さ約7メートルの八角形で、外観は赤煉瓦調となっている。
 灯台表には、航路標識番号5426.3、北緯33度56分8秒、東経130度56分6秒、灯光7.2メートル、光達距離5海里、構造赤塔形、塔高6.9メートル、灯質は等明暗赤光明3秒暗3秒と記載されている。
 門司港を出ると、すぐに長く伸びた防波堤の突端に見えてくる。

f:id:shashosha70:20210802193949j:plain

(写真2 防波堤灯台については詳しくないが、どっしりとしている。扉の上部に初点銘版が見える)