ABABA’s ノート

旅と鉄道、岬と灯台、読書ときどき映画あるいは美術に関するブログです。

生垣の美しい季節

f:id:shashosha70:20210422172753j:plain

(写真1 ベニカナメモチの生垣)

優しい景観

 新緑が映えて生垣の美しい季節となってきた。
 散歩をしていると、様々な樹木の生垣を見つけることができる。枚挙にいとまがないほどだがいくつか拾ってみよう。
 緑から赤などと変化するのはベニカナメモチ。似たようなものにレッドロビンがある。刈り込むほどに鮮やかさが増すようだ。

f:id:shashosha70:20210424105654j:plain

(写真2 マサキの生垣)

 黄色い葉が鮮やかなマサキも生垣に好まれる。同じように黄色ということではイヌツゲゴールデンジェムがある。

 以下、散歩で見つけた生垣。名前がわからないので写真だけ。

f:id:shashosha70:20210422172846j:plain

f:id:shashosha70:20210422172913j:plain

f:id:shashosha70:20210422172932j:plain

f:id:shashosha70:20210422172956j:plain


 生垣向きの樹木とは限らないが、ツバキやサザンカ、ツツジなどを生垣としているところも多い。これらは花が美しい。 

f:id:shashosha70:20210422173025j:plain

(写真7 色鮮やかなツツジの生垣)

 生垣とは、樹木で作った垣根のことだが、ブロック塀などと比べると、緑に潤いがあって美しい景観がもたらされて好ましい。費用の一部を助成したりして大いに奨励されている地域もあるらしい。