ABABA’s ノート

旅と鉄道、岬と灯台、読書ときどき映画あるいは美術に関するブログです。

〝夢の湯〟

f:id:shashosha70:20210413144002j:plain

(写真1 夢の湯外観)

会津高原尾瀬口駅前の一軒宿

 野岩線に乗っていると、長いトンネルを抜けて会津高原尾瀬口到着の車内アナウンスが聞こえたころ、左窓川向こうに一軒宿が見えてくる。駅から徒歩数分、〝夢の湯〟である。

f:id:shashosha70:20210413144056j:plain

(写真2 野岩線電車から見た〝夢の湯〟)

 もう20数年前にもなろうか、初めてこの路線に乗った折、車掌さんに駅から近い立ち寄り湯はないかと尋ねたところ教えてもらったのがこの温泉だった。駅から近いこともさることながら、さっぱりした温泉が気に入って機会をつくっては訪ねてきている。このたびSL大樹を見学した折りに足を伸ばしたのが4度目だった。大晦日にも来たことがあった。
 〝夢の湯〟とは、主人が初夢でこの地に温泉がこんこんと湧き出している夢を見たので、その場所を掘ったところ温泉が湧き出したのでこの名をつけたとのこと。
 風呂はとても空いていてこの日も一人。この日は、駅に降り立つと粉雪が舞っていたほどでとても寒かったので温泉が心地よい。
 地下850メートルから汲み上げているとのことで、泉温は43度。泉質は単純泉で、さらっとして気持ちいい。足下から湧き出していて源泉掛け流し。湯船に浸かるとざあっとお湯が溢れるのがとてもいい。贅沢な気分になれる。
 熱い湯が好きな私にも湯温は絶妙で、ゆったりした気分で入れるから私にしては長湯になるが、気にせずに浸かっている。

f:id:shashosha70:20210413144145j:plain

(写真3 ほてった体に心地いいビールとたくあん漬け)

 ほてった体を大広間で休める。ここを訪ねた四度ともそうしたのだが、この日もビールを頼んだところたくあん漬けがついてきた。温まった体にビールが滲みて、至福の時が過ごせた。温泉好きだが、これほどのんびり入れる温泉も少ないもの。福島県南会津郡南会津町滝原字向熊久保所在。

f:id:shashosha70:20210413144234j:plain

(写真4 会津高原尾瀬口駅につながっているプラザ。レストランと売店がある)