ABABA’s ノート

旅と鉄道、岬と灯台、読書ときどき映画あるいは美術に関するブログです。

春爛漫

f:id:shashosha70:20210402122125j:plain

(写真1 白とピンクが美しい源平モモの花)

散策が楽しいい季節

 サクラが咲いて一気に春爛漫となった。
 春爛漫とは、春に花が一斉に咲き出す様を表すようだが、なるほど、様々な花が見つけられて散策が楽しくなる。
 源平モモがいつも通る道すがらのお宅に咲いていた。白とピンクの花が競い合うように一緒に咲くので、源平合戦になぞらえてこの名がついたのだろうと思われるが、白一色よりも、あるいはピンク一色よりも鮮やかなのでとても美しく思われる。

f:id:shashosha70:20210402122215j:plain

(写真2 ユキヤナギにピンクの花が混ざっていている)

 白にピンクということでは、ユキヤナギの花にピンクが混ざっていて遠目にははっとするほどに美しい。ピンクの花はユキヤナギとは別の枝のようで、何という花か名前がわからない。

f:id:shashosha70:20210402122258j:plain

(写真3 これは花モモの花。実は成るが、小さいし食べてもおいしくない)

 逆に、ピンク一色ということでは花モモが大きな枝を伸ばしていたし、ほとんど真っ白といっていいようなサクラも満開になっていた。このサクラはヤマザクラであろうか、いつもソメイヨシノにやや遅れて咲く。

f:id:shashosha70:20210402122419j:plain

(写真4 これはヤマザクラ?)

 私はいつも木に咲く花にばかり目がいきがちだが、お向かいのお宅の庭にボタンが咲いていた。大輪で、花期が非常に短い。つぼみが出て、翌日には満開となり、さらにその翌日にはしおれている。今年はお向かいからお声がかかって満開の様子をとらえることができた。
 このはかなさも好まれるのか、艶やかだし、花の王と位置づけられ、それこそ〝高嶺の花〟とされてきた。それにしても、シャクヤクとの違いはよほどよく観察しないと私には判別できない。並んで咲いていればその違いはわかるであろうが。

f:id:shashosha70:20210402122552j:plain

(写真5 〝花の王〟ボタンの花)