ABABA’s ノート

旅と鉄道、岬と灯台、読書ときどき映画あるいは美術に関するブログです。

早い春の訪れ

f:id:shashosha70:20200312143241j:plain

(写真1 春を告げるクロッカスの花)

桜も咲いた

 暖かい日寒い日があっていかにも春らしい日々だが、一昨日14日には雪も降ったほどだが、やっぱり今年の春の訪れは早い。3月の半ばにして汗ばむ日があるほどだ。
 花には詳しくはないが、花によって季節を知るのは楽しいこと。ただ、漫然と歩いているから普段は木に咲く花にしか目がいかないのだが、たまには小さな花を見つけることがあってそれはそれでうれしい。
 先日はクロッカスを見つけた。背丈は10センチほど。背丈の割には花びらが大きくて、色も実にカラフル。春を告げる花として知られており、とても豪華でありそれでいて可憐。

f:id:shashosha70:20200312153956j:plain

(写真2 真っ白な花はモクレン)

 いつもほぼ同じルートを歩いているから毎年同じような花になってしまうのだが、今年も木蓮が清楚な白い花を咲かせていたし、早咲きの桜も咲いていた。いかに早咲きとはいえ、今年は1週間くらい早いのではないか。

f:id:shashosha70:20200312145237j:plain

(写真3 早咲きであろう桜の花)

 また、いつもなら桜が散った後に咲くハナモモもすでに咲いていて季節感がわかりにくくなっている。これならそのうちソメイヨシノも咲くのではないか。

f:id:shashosha70:20200312144503j:plain

(写真4 濃い紅色のハナモモ)