ABABA’s ノート

旅と鉄道、岬と灯台、読書ときどき映画あるいは美術に関するブログです。

世界らん展2020

f:id:shashosha70:20200219115608j:plain

(写真1 東京ドームいっぱいの世界らん展会場)

好事家の多い花

 東京ドームで開催されていた世界らん展を見た。
 東京ドームのグランド面いっぱいの展示で、200ほどもの出展があったようだ。
 個別の出品があったり、ディスプレイの展示があったほか、展示即売の店も数多く並んでいた。
 らんはなかなか豪華なもので、彩りも様々で、種類の多いことに驚かされた。コチョウラン、カトレヤ、シンビジウムくらいまでは私でも知っているが、知らないもの、初めて見たものの方が多かった。

f:id:shashosha70:20200219115628j:plain

(写真2 日本大賞を受賞したパフイオ=桜井一)

 面白かったのはパフィオという種類で、独特の形状をしていた。今年の日本大賞もこの種類だった。
 育成には様々な工夫があるようだが、バラや菊などにも似た好事家の多い花のようだった。
 会場をぐるっと回ってせっかくの機会だから即売コーナーで私も一鉢購入した。小さいもので、Phalaenopsisという種類に属すようで、一種の胡蝶蘭らしい。花は小さいが、紫色の地に白い縁取りがあり、なかなか可憐であり、かすかに芳香もあった。

f:id:shashosha70:20200219115651j:plain

(写真3 私が購入したらん)