ABABA’s ノート

旅と鉄道、岬と灯台、読書ときどき映画あるいは美術に関するブログです。

展覧会「ハマスホイとデンマーク絵画」

f:id:shashosha70:20200125142408j:plain

(写真1 ヴィルヘルム・ハマスホイ「背を向けた若い女性のいる室内」=会場で販売されていた絵はがきから引用)

静謐な世界

 上野公園の東京都美術館で21日から開かれている。その開幕初日に出かけたが、夕方にもかかわらずまずまずの人気ぶりだった。東京の美術事情は、幅が広く層が厚い。夕方だったせいか、若い男性の姿が目立ち、静かに鑑賞できた。これが午前中なら中高年女性が席巻していたのではないか。
 ハマスホイ(あるいはハンマースホイとも)は、19世紀末-20世紀初頭のデンマークの画家。10数年前になるか、西洋美術館で開かれていた展覧会を見ていたはずだが印象はあまり色濃くは残っていない。何しろ私の絵画鑑賞はこの程度のことなのだが、このたびの展覧会では〝北欧のフェルメール〟の惹句もあったから再び足を運んだ。
 会場に入ると、まず初めに19世紀のデンマーク絵画が紹介されている。全般に明るい色調の作品が多い。寒い国でこれは不思議。なかには、これはまるでゴッホではないか、印象派ではないかと思わせられる作品が並んでいたが、どうやら印象派の影響が大きかったものらしい。
 後半はハマスホイ。それまでのデンマーク絵画の連中とは違ってハマスホイの絵にはモノトーンが多い。それも室内を描いた作品が目立っていて、さりげなく一瞬をとらえているところからフェルメールに擬せられるのであろうか。私には到底フェルメールを彷彿とさせられるようなことはなかったが。
 しかし、あくまでも静謐な世界が広がっていていつまでも作品に浸っていたいと思わせられる魅力があった。それと、気がつくと、室内画では人物は皆背中を向けているのが特徴で、いよいよ寂寥感が増した。

f:id:shashosha70:20200125142506j:plain

(写真2 ヴィルヘルム・ハマスホイ「自画像」=会場で販売されていた絵はがきから引用)