ABABA’s ノート

旅と鉄道、岬と灯台、読書ときどき映画あるいは美術に関するブログです。

金沢文庫

f:id:shashosha70:20190420160038j:plain

(写真1 阿字ヶ池を中心に浄土式庭園が広がる称名寺の境内。奥は金堂)

称名寺境内の歴史博物館

 シーサイドラインでは、途中、海の公園南口駅で下車し、金沢文庫に寄った。
 金沢文庫は、鎌倉時代に北条実時が創設した文庫。武家文庫としては日本最古と言われる。やはり北条実時が建立した称名寺の境内にあった。
 金沢文庫と言えば、京浜急行の駅名で馴染みがあるものの、これまで訪ねたことはなかった。往時の建造物は一切なく、現在は、神奈川県立の歴史博物館となっていた。
 最寄り駅から徒歩十数分。赤門が見えてきた。称名寺の山門であろうか。文庫は境内の奥まったところにあった。なお、京急の金沢文庫駅から歩いてもほぼ同じ距離らしい。
 戦乱などにより図書類の散逸が激しかったところからまとまった蔵書は少なくなっているようで、現在は展示室と図書室があり、称名寺が保有するところの文化財の展示と閲覧が中心の内容のようだった。
 私は金沢文庫に伝わってきた『文選集注』(国宝)が見たいと思ってやってきたのだが、期間限定の展示のようでこの日は展示されていなかった。しかし、「金沢文庫」の蔵書印が押された文献が展示されていて大変興味深いものだった。蔵書印としては日本最古のものだろうと言うことだった。

f:id:shashosha70:20190420160131j:plain

(写真2 特別展が開催されていた金沢文庫外観)

 また、この日は「いろいろとりどり」と題する特別展を行っていて、なかなか面白かった。
 国宝「称名寺聖教・金沢文庫文書」などの文献から色彩について考証したもので、日頃見ることの少ない国宝に指定されている貴重な文献が多数出品されていた。また、不動明王二童子像など色彩豊かな図版もあって、中世以来日本にはかくも色彩が豊かだったのかと驚かされた。
 一方、金沢文庫のある称名寺は、真言律宗別格本山という実に立派な寺院で、赤門から仁王門、そして、大きな池に面して金堂が配置されている浄土式庭園があった。国指定の史跡となっている。
 本尊は弥勒菩薩像とのことだったが、間近には拝顔することができなかった。

f:id:shashosha70:20190420160229j:plain

(写真3 金沢文庫の入口にもあたる妙心寺の赤門)