ABABA’s ノート

旅と鉄道、岬と灯台、読書ときどき映画あるいは美術に関するブログです。

白堊芸術祭今年も盛大に

f:id:shashosha70:20181210190106j:plain

(写真1 同窓生が次々と訪れてにぎやかな会場の様子)

54人80作品一堂に

 第11回白堊芸術祭(主催在京白堊会)が10日開幕した。神田神保町の文房堂ギャラリーを会場に会期は15日までの6日間。
 主催の在京白堊会は、高校時代の同窓会の在京組織。毎年師走のこの時期に開催されていて今年が11回目。今回は、54人80作品が出品され盛大なものとなった。
 出品分野は、絵画が油彩から水彩、パステル、水墨画、アクリル画などと最も多く、書や陶芸、鎌倉彫などと実に多彩。特に今回目立ったのは写真の出品が多かったこと。また、写真に五行歌を添えた出品もこの芸術祭独自のものであろう。
 出品は、プロ、アマを問わず、また、力量を競うものでもないが、毎年初出品者がいて活性化されているし、毎回続けてみていると、趣味にしている人たちのあいだでも技量が向上していることがはっきりと見て取れて、この芸術祭への出品が一つの励みになっていることがわかる。
 また、会期が6日間と長いし、同窓生が連日会場を訪れていて大きな交流の場ともなっていることも楽しいこと。
 好き好きだけで勝手に感想を述べれば、今年は写真にいいものが多かったように思われた。
 私も拙い作品ながら写真を2点出品した。プロの人たちの作品に伍するのもおこがましいことだが、出品することによる交流も意義があるのではないかと思い、ここ数年毎年出品している。

f:id:shashosha70:20181210190157j:plain

(写真2 作者を囲んで作品を前に合評も同窓会らしいところ)