ABABA’s ノート

旅と鉄道、岬と灯台、読書ときどき映画あるいは美術に関するブログです。

素晴らしい東洋文庫ミュージアム

f:id:shashosha70:20180220222221j:plain

(写真1 圧巻のモリソン書庫)
東洋学の世界的一大研究図書館
 静雅堂文庫を見学したことから触発されて久しぶりに東洋文庫を訪ねた。
 東洋文庫は、文京区本駒込所在。駒込駅に近く、不忍通りに面している。
 静雅堂文庫も東洋文庫もその生い立ちからするといとこ同士みたいなもので、静雅堂文庫が、三菱二代目当主岩崎彌之助、四代目小彌太父子二代によって設立されたのに対し、東洋文庫は三代目岩崎久彌によって設立された。現在も三菱グループの支援を受けているようだ。
 東洋文庫は、蔵書数約100万冊を誇る東洋学に関する専門図書館であり研究所でもある。アジア最大の東洋学センターであり、世界的にも東洋学に関する研究図書館として五指に入る。
 1924年の設立で、きっかけはモリソン文庫を岩崎久彌が購入したことに始まると言われている。モリソン文庫とは、タイムズのジャーナリストだったジョージ・アーネスト・モリソンが所蔵していた膨大なコレクションのことで、中国に関する欧文文献2万4千点。
 岩崎はこのモリソン文庫を基礎に、和書・漢籍に加え中国のみならずアジアから幅広く文献の蒐集を行ったという。特にチベット語、タイ語、アラビア語、ペルシア語、トルコ語などのアジア諸言語の文献を組織的に収集しているのが特徴となっている。

f:id:shashosha70:20180220222327j:plain

(写真2 東洋文庫玄関外観)
 私はかつて学生時代に何度かこの東洋文庫を利用させてもらったことがあるのだが、このたび五十年ぶりに訪ねてびっくりした。
 数年前のことらしいが、すっかり立派なビルに建て変わっていた。私は大学の紹介状を持参して利用させてもらったと記憶しているが、職員の方の話によると、基本的な利用方法は変わらないらしい。一般の人も利用できないわけではないが、蔵書の大半は閉架になっており、専門的知識は必要であろう。
 それよりも、建物を新しくした際にミュージアムを併設しており、これは一般人にとっても大変興味深い。
 1階と2階がミュージアムにあてられており、1階のオリエントホールは企画展の展示室になっているようで、このたびは「ハワイと南の島々展」が行われていた。
 2階に上って仰天した。2階3階が吹き抜けになっていて、この壁面3層分が全面書棚になっているのだ。「モリソン書庫」と名付けられており、どうやら2万4千冊が陳列されているようだ。これは圧巻で、これほど大規模な書棚は私は大英博物館でしか見たことがない。
 また、国宝の『史記』(夏本紀)や重要文化財の『礼記正義』などが展示されていて、滅多に見られない展示が多くて感動した。コレクションは国宝7点、重文十数点にも上るらしい。
 ところで、1階にはマルコポーロと名付けられたミュージアムショップがあったのだが、ここで面白いものを見つけた。クリアファイルなのだが、その図柄が何と科挙の答案なのだった。科挙とは中国の官吏登用試験のことで、図柄になっているのは金榜と言う人物の殿試の答案だという。殿試とは、数段階ある科挙の最終試験のことで、金榜の答案は試験官全員が満点を付けたほどのものだったらしい。なるほど、内容もさることながら美しいほどの達筆だ。これを試験という決められた時間の中で書くわけだから科挙に合格すると言うことはなるほど過酷なことだったわけだ。

f:id:shashosha70:20180220222415j:plain

(写真3 ミュージアムショップで販売されているクリアファイル。図柄が科挙の回答になっている)