ABABA’s ノート

旅と鉄道、岬と灯台、読書ときどき映画あるいは美術に関するブログです。

七五三のお参り

f:id:shashosha70:20161113222439j:plain

(写真1 七五三のお参りで賑わう湯島天神の境内)

賑わいの湯島天神

 今日11月15日は七五三の日。直近の日曜日だった13日は大安でもありお参りする家族連れで賑わっていた。
 七五三とは、七歳、五歳、三歳となる子どもの成長を祝う日本の年中行事で、我が家でも孫の女の子が三歳となったところから13日に湯島天神にお参りした。
 女の子は我が家にとっては外孫だが、お参りには両家の祖父母もそろい、大変賑やかなものとなった。また、当の三歳となる孫も晴れ着をまとってこの日ばかりは緊張の面持ちだった。
 調べてわかったが、この七五三の行事は、五代将軍徳川綱吉の時代に子の健康を祝って始まったという説が有力らしい。初め関東で、その後次第に全国に広まった風俗だとのこと。
  ただ、現在は数え歳だったり満年齢で祝っているが、そもそもは数え歳だったとのこと。また、三歳は女の子の髪置きの儀、五歳で男の子の袴儀、七歳で女の子の帯解きの儀となっているが、三歳で男の子が行う例もあるし、この頃では男女を問わず七、五、三の三回すべてを行う例もあるらしい。
 ところで、この日お参りした湯島天神は、徳川将軍家の崇敬を受けてきた東京を代表する天満宮。また、「湯島の白梅」の歌でも知られるように梅の花が有名だが、この日訪れてみると、菊の鑑賞会が行われているらしく、境内には数多くの見事が菊の花が展示してあって、七五三を祝っているようでとても華やかなものだった。

f:id:shashosha70:20161113222804j:plain

(写真2 境内には見事な菊の展示。この花は1つの鉢から枝を伸ばしている)