ABABA’s ノート

旅と鉄道、岬と灯台、読書ときどき映画あるいは美術に関するブログです。

映画『後妻業の女』

f:id:shashosha70:20160910193551j:plain

(写真1 主演する大竹しのぶ=映画公式サイトから引用)
天才大竹しのぶの熱演
 後妻業の女とは、年寄りと結婚し、その死によって遺産を掠め取ることを生業にしている女とでも言えるだろうか。 
  ターゲットは、資産のある男。高齢で持病があればなおさらいい。結婚して何年も生き延びられたのでは仕事にならないわけで、そういうときは強硬手段によることもないわけでもないらしい。
 竹内小夜子(大竹しのぶ)。婚活パーティーで「63歳、若くして夫を失った熟年女性です。好きなことは読書と夜空を見上げること。わたし、尽くすタイプやと思います」と自己紹介しているがこれは果たしてどうか。
 淑女ぶる小夜子に男たちはいちころ。交際を求める手が次々と挙がる人気ぶりである。手練手管を使って毒牙にかけた相手はこれまでに8人にもなる。
 9人目の夫は中瀬耕造(津川雅彦)80歳。結婚から2年経って耕造は脳梗塞で倒れ入院、回復しないまま耕造は逝去。このとき小夜子は二人の娘に遺言公正証書なるものを突きつけ、全財産を相続する権利が自分にあることを通告する。娘二人は一緒には暮らしていなくて父親の面倒も見ていなかったのだった。
 納得のいかない娘たちは弁護士に相談。私立探偵も使って調査を進めるうちに、小夜子は何人もの男と結婚しては高額な遺産を受け取っていた。中には事故死した者もいて、小夜子が後妻業の女である衝撃の事実が浮かび上がってくる。
 小夜子がターゲットをハントするのは結婚相談所が主催するパーティー。実はこの結婚相談所の所長柏木亨(豊川悦司)がグルで、小夜子の後妻業をプロデュースしているという具合。
 とにかく大竹しのぶがいい。淑女であれ悪女であれ、表情、目つき、声色、セリフ、態度などが完璧だ。これはもう天才としか言いようがない。この映画の大半はこの大竹しのぶの魅力で持っていたといっても過言ではない。
 また、豪華俳優陣も素晴らしい。豊川悦司、津川雅彦、笑福亭鶴瓶、伊武雅刀、余貴美子、泉谷しげる、柄本明などと役者が芸達者ぶりを発揮している。
 鹿爪らしく言えば、核家族化した現代、高齢化する独居老人が増加する傾向は顕著で、しかも彼ら老人にも余生を楽しみたがる経済力もそこそこあり、最後となるであろう連れ合いを求めて婚活パーティーはこうした老人たちで賑わっているらしい。
 しかしこれは結構なことではないか。最期を看取ってくれる相手のあることはうれしいこと。みんなが財産目当ての性悪女ばかりとも限るまい。
 この映画をこのようにとらえることもできるだろうが、ただし、私にはこの映画はこういうシリアルなテーマに取り組んだものでは決してないように思えた。そんなことを考えながら見ていたのではこの映画の面白さは半減どころか何もなくなってしまう。
 単純に楽しめばいいのであって、そう思えば、いつしか小夜子に肩入れしている自分にも納得できるのだった。