ABABA’s ノート

旅と鉄道、岬と灯台、読書ときどき映画あるいは美術に関するブログです。

素晴らしい東洋文庫ミュージアム

(写真1 圧巻のモリソン書庫)東洋学の世界的一大研究図書館 静雅堂文庫を見学したことから触発されて久しぶりに東洋文庫を訪ねた。 東洋文庫は、文京区本駒込所在。駒込駅に近く、不忍通りに面している。 静雅堂文庫も東洋文庫もその生い立ちからするとい…

岩波ホールが創立50周年

(写真1 ロビーに掲示されている上映した映画のパンフレット)独自のコンセプト貫く 岩波ホールが創立50周年を迎えたという。ミニシアターの先駆け的存在で、1968年2月9日の開館である。 白山通りと靖国通りがクロスする神保町交差点の角、岩波神保…

映画『花咲くころ』

(写真1 映画館で配布されていたパンフレットから引用)ジョージア映画 ジョージア映画である。どういう映画を作るのか非常なる興味があって初めて見た。 ジョージアは、黒海東岸に位置し、北にロシア、南にトルコと接する。旧ソビエト連邦の構成国だったが…

ひな祭り

(写真1 我が家のひな飾り)桃の節句 3月3日はひな祭り。桃の節句の年中行事で、我が家でもひな飾りを行った。 女の子の成長を祈る行事だが、我が家では子供が二人とも女だったし、その子らも4人のうち3人が女の子で、ひな祭りは大きな行事。 段を組み…

梅一輪

(写真1 咲き始めた梅の花)早春をうかがわせ 梅が咲き始めた。ほんの一週間十日ほど前にはまだ蕾だったものがやっと開花した。 私は梅が咲き始めると、次の句がすぐに思い起こされる。 梅一輪一輪ほどの暖かさ 江戸期の俳諧師服部嵐雪の句で、嵐雪は芭蕉の…

CIW検査業協会35周年記念誌

次世代への礎 一般社団法人CIW検査業協会の35周年記念誌が刊行された。 CIW検査業協会とは、日本溶接協会が実施するCIW認定検査事業者の集まりで、業界の地位向上や技術革新の推進などに邁進しているほか、厳しい倫理規定を設けて検査の第三者性…

バレンタインデー

(写真1 私宛に届いたバレンタインデーの贈り物。すべてが義理チョコである)義理チョコ 昨日14日はバレンタインデーだった。私のところにも今年もチョコレート菓子がいくつか届いた。 女の子の孫が贈ってくれたものもあるし、私がお世話をしたことである…

最近の技術産業の動向

(写真1 講演する新妻秀規氏)各国の宇宙開発をめぐって 最近の技術産業の動向~各国の宇宙開発をめぐってと題する興味深い講演が国民工業振興会主催の特別講演会で先日行われた。 講演したのは、参議院議員で、文部科学大臣政務官(兼内閣府大臣政務官兼復…

若竹千佐子『おらおらでひとりいぐも』

(写真1 芥川賞決定前の発売だったので帯が芥川賞候補作となっている)芥川賞受賞作 表題の、おらおらでひとりいぐもは、私は私なりに一人で生きていくよ、というほどの意味か。訛りのかなり強い東北弁だが、この東北弁で語られる一人称に標準語の三人称が…

歌川国貞展

(写真1 静雅堂文庫美術館。図書館はこの右手に別棟である)静雅堂文庫美術館で 歌川国貞展が静雅堂文庫美術館で開催されている。世田谷区所在。会場へは東急田園都市線二子玉川駅からバスで約10分。 静嘉堂文庫は、三菱二代目岩崎彌之助、四代目小彌太父…

ユニークな大塚国際美術館

(写真1 美術館外観)すばらしいコンセプト 大塚国際美術館は徳島県鳴門市所在。大塚製薬グループの財団の運営である。徳島からJR鳴門線で約30分、終点鳴門下車。駅前からバスで20分弱。このバスは徳島駅前始発で、徳島空港や鳴門駅を経由し美術館の…

「こんぴらさん」にお参り

(写真1 本宮までは785段の急な階段をひたすら登らなければならない)讃岐の金刀比羅宮 先日の四国旅行では、こんぴらさんと呼ばれ親しまれている金刀比羅宮(ことひらぐう)にお参りした。高松市あるいは香川県にはたびたび訪れているのだが、こんぴら…

松本電鉄上高地線

(写真1 JR松本駅7番線に停車中の松本電鉄上高地線電車)アルピコ交通の経営 大糸線を終点松本で下車したら、同じホーム反対側7番線が上高地線だった。折角の機会だしこの路線にも乗ってみることに。 ただ、この上高地線が所属する会社名が複雑。かつて…

暖かな立春

(写真1 大きく芽吹いてきた椿)木々も芽吹く 昨日4日は立春。寒い日が続いていたのにこの日だけはいかにも立春という陽気だった。例年ならば、暦の上では春とはいうものの、とニュースが読み上げられるところ、ニュースキャスターも決まり文句が遣えなく…

豪雪の大糸線

(写真1 南小谷駅で発車を待つJR東日本列車(左)とJR西日本列車)南小谷駅で運転系統変更 前夜は長岡で旧友と一献傾けて、翌日は長岡から信越本線で直江津、さらにえちごトキめき鉄道に乗り継ぎ糸魚川へと向かった。北陸新幹線開通による並行在来線の措…

北越急行ほくほく線の今

(写真1 シアター列車「ゆめぞら」ではトンネル内で美し映像が天井に映写されていた) 高いスペックを生かす 長野からは、かつての信越本線であるしなの鉄道北しなの線とえちごトキめき鉄道妙高はねうまラインで直江津に出て、北越急行ほくほく線で越後湯沢…

長野電鉄と湯田中温泉

(写真1 絶景が続く長野電鉄車窓)北信越を周遊 1月28日から29日と1泊2日で、北信越を周遊した。今回の旅は車窓を楽しむ徹底した乗り鉄の旅で、大きくは上野-長野-直江津-長岡-糸魚川-松本-上野と巡ったが、乗った路線数は往復するなどした重複も含…

ピアノ発表会

(写真1 発表会の様子)レベルの高い生徒たち ピアノ発表会とは、ピアノ教室の生徒たちによる演奏会。 27日土曜日、練馬区文化センターで行われた発表会には、私の孫も出演していて応援に駆けつけた。 この日の発表会には、30人も出ていて大変賑やかだ…

運行再開の竜田-富岡間に乗る

(写真1 富岡駅。運行再開に合わせて駅舎も駅前も新しくなっていた)部分復旧重ねる常磐線 昨2017年10月21日に運行を再開した常磐線竜田-富岡間に乗りに出かけた。 常磐線は、2011年の東日本大震災による地震と津波ばかりか原発事故の影響もあ…

遠州鉄道は天竜川の右岸

(写真1 瀟洒な西鹿島駅)素晴らしい経営 遠州鉄道(略称遠鉄)は、新浜松駅と西鹿島駅間を結ぶ。路線延長は17.8キロ、駅数18で、全線浜松市所在。 私は、12月26日、新所原から掛川まで天浜線に乗った後、いったん、掛川から西鹿島まで戻って遠鉄…

天竜浜名湖鉄道

(写真1 JR新所原駅連絡通路上から見た天竜浜名湖鉄道新所原駅)浜名湖畔と天竜川 豊橋からは、天竜浜名湖鉄道に乗ってさらに東へと進んだ。 天竜浜名湖鉄道とは、豊橋から東海道本線で二つ目、新所原(しんじょはら)から浜名湖の北岸を走り、天竜川を渡…

名鉄豊川線で豊川稲荷へ

(写真1 1面2線ホームの豊川稲荷駅)豊橋直前はJR飯田線と名鉄線が線路共用 ブログへの掲載順序が時間前後してしまったが、東海地方への年末ぶらり旅の続き。 旧臘12月26日に渥美半島を下って伊良湖岬を訪ねた後は伊勢湾を渡って名古屋に泊まった。…

伊東潤『幕末雄藩列伝』

講談のごとき面白さ 講談のごとき面白さである。かといって、著者は講釈師ではないし小説家であって、史実を調べ裏付けを取っているようで、読んでリアリティは十分だ。それも、藩に焦点をあてて書いているのが特徴で、藩としての動向に力点が置かれている。…

大寒の公園

(写真1 冬のあけぼの)冬もあけぼの 大寒。寒い。しかし、霜は降りているが、氷が張るほどのことでもない。 この時期の早朝のウォーキングは辛いが、しかし、刻々と変化する朝の風景が魅力的だ。 家を飛び出す6時ではまだ薄暗いのだが、10分もすると東…

讃岐平野を走る「ことでん」

(写真1 玉藻城のすぐ脇にあることでんの高松築港駅)性格の異なる3路線 松山からは高松へ移動した。松山-高松間は予讃線で194.4キロ、特急列車で約2時間30分の距離である。 松山と高松は、愛媛県と香川県、旧国名なら伊予と讃岐ということになるが…

堂々たる伊予鉄

(写真1 伊予鉄のターミナル松山市駅)縦横に路線網 前夜は結局ホテルにチェックインしたら午前1時を過ぎていて、就寝したのも2時を回っていた。 それでも、早朝にはホテルを飛び出し、電車に乗りまくりに出かけた。当初予定では、道後温泉にゆっくり浸か…

土佐から伊予へ

(写真1 江川崎に停車中の予土線列車。0系こだまのヘッドに似せている)大混乱の移動 足摺岬からは、予土線と予讃線を経由して松山を目指した。 予土線列車の始発は窪川。ただし、窪川と一つ目の若井との間は、線区上は土佐くろしお鉄道である。 発車まで…

黒潮の表玄関 足摺岬

(写真1 展望台から見た足摺岬とその灯台)四国最南端の美しい灯台 足摺岬。何と詩的な響きであろうか。 1月12日、高知からは足摺岬を目指した。JR土讃線から土佐くろしお鉄道中村・宿毛線に直通する特急しまんと1号中村行き。高知8時20分発。 窪川…

高知そしてとさでん

(写真1 路面電車とさでんの高知駅前停留場。背景はJR高知駅)はりまや橋交差点は見逃せない 先週は四国に旅した。1月10日から13日まで4日間にわたり高知から愛媛、香川、徳島と四国4県をほぼ一周したもので、今年2018年の初旅だった。 初めに…

映画『女の一生』

(写真1 映画館で配布されていたパンフレットから引用)映像が紡ぐ物語 モーパッサン原作。日本でも映画化されたように何度も映画になったロングセラーの再びの映画化。今さらという気がしないわけでもないがそれでもまた観に行く。原作は1883年の刊行…